炭酸飲料の王道・ファンタ

炭酸飲料の王道・ファンタ

コカ・コーラにペプシコーラ…炭酸飲料と言えばコーラがあまりにも有名だが、コーラ以外の有名な炭酸飲料もたくさんあるもの。今回はその中でも抜群の知名度を誇るファンタをご紹介。庶民文化研究所秘蔵の空き缶コレクションをご覧あれ!


ドイツ生まれのポップな炭酸飲料・ファンタ

コカ・コーラを発明し、清涼飲料水のキングとなったコカ・コーラ社。だが、コカ・コーラ社にはもうひとつ、社を代表する炭酸飲料がある。それが、ファンタだ。
ファンタが生まれたのは、コカ・コーラ社のドイツ法人。実はファンタの誕生には第二次世界大戦が大きく関係している。
激化する戦争によって、アメリカ本国からコカ・コーラの原液を輸入できなくなったドイツ法人では、コカ・コーラに替わる炭酸飲料を求めて開発を続けていた。その試行錯誤の結果、誕生したのがファンタなのだとか。
ちなみに、もう一つのコカ・コーラ社の有名な炭酸飲料「スプライト」はドイツで売られていたファンタクリアレモンという味の飲み物が名前を変えて発売されたものらしい。
ファンタの力、おそろしい。

日本で初登場したときにはすでに世界中で人気を博しており、当然日本でも大人気となった。では、その懐かしき空き缶たちをさっそく紹介していこう。

時代を超えたファンタの空き缶の山

ファンタの空き缶の山

これは、庶民文化研究所所長・町田忍さんのファンタ(空き缶)コレクションの一部。
昔懐かしいパッケージのものから最新のものまで、とにかくたくさんのファンタの空き缶がここにはある。当初からなかなかファンキーなパッケージではあるが、時代を経るごとによりポップになっているような気がする。
ちなみに、オレンジとグレープに至ってはこんな感じ。

ファンタオレンジとグレープ

さすがは王道の味。庶民文化研究所の収蔵量もことさら豊富なようだ。
ちなみに、ファンタで最初に商品化された味はオレンジなのだそう。

ファンタ

なかでも珍しいのは、このころの空き缶たちだろう。
オレンジ、グレープ、アップル、レモン、そしてゴールデングレープ味の空き缶たちだ。

このゴールデングレープという味を聞いて、一部の人はピンと来ているかもしれない。
そう、ファンタには幻の味ゴールデンアップルがある、という都市伝説だ。

その昔、着色料問題によりグレープやオレンジが一時消えていた時期があり、その影響でゴールデングレープという味が発売された。
いわば着色料をつけないグレープ味だ。
しかも着色料問題が解決すると、この味はひっそりと終了している。

そういう背景や、液体の色がグレープというよりはアップル寄りの色をしていたために、この都市伝説が広まったのではないだろうか。

ちなみに、平成14年(2002)年にはコカ・コーラ社が都市伝説を逆手に取って、実際にゴールデンアップル味を発売していたりする。
こういう噂が誕生するのも、人気があったという証拠にほかならない。
やはりコカ・コーラは定番以外も、すごいのである。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

あるときは食べ物を食べる道具として、またあるときは歯に挟まったのを取るのに重宝する楊枝。甘味処や和菓子に用いるときはその名を変える。庶民文化研究の大家 町田忍さんにそのあたりの話を聞いた。今回も庶民文化研究所収蔵のコレクションとともに。


ジープ

ジープ

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。おそらく米軍も使用していたであろう初代ジープの姿をご紹介。


昭和の銭湯建築 豊橋・みその湯

昭和の銭湯建築 豊橋・みその湯

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。三角屋根がなんとも愛らしい愛知県豊橋市の銭湯「みその湯」をご紹介。


販促用ボックスティッシュを忘れてはいないか?販促ティッシュはポケットティッシュだけじゃない。

販促用ボックスティッシュを忘れてはいないか?販促ティッシュはポケットティッシュだけじゃない。

街角でよく配られていたチラシ付きのポケットティッシュ。なにかと販促に使われがちなティッシュだが、それはボックスティッシュも同様。今回は庶民文化研究所収蔵の販促用ボックスティッシュを町田忍さんからご紹介。


電気機関車EF58型 ぶどう色2号

電気機関車EF58型 ぶどう色2号

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は2度目の登場となるEF58型(通称「ゴハチ」)の電気機関車。今回はぶどう色2号と呼ばれる塗装色の機体をご紹介。


最新の投稿


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

あるときは食べ物を食べる道具として、またあるときは歯に挟まったのを取るのに重宝する楊枝。甘味処や和菓子に用いるときはその名を変える。庶民文化研究の大家 町田忍さんにそのあたりの話を聞いた。今回も庶民文化研究所収蔵のコレクションとともに。


昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和を代表するアイドル系死語。その中でも異彩を放つのりピー語の世界をご紹介しよう。


1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

トヨタの1600GT、RT55型です。地味な見た目ですが、日産GT-Rと覇を競った実力派レースカー!とはいえ、それが原因で悲劇にも見舞われるわけですが…。越後丘陵公園クラシックカー展2017にて撮影。


【クルマニアックイズ】246本目

【クルマニアックイズ】246本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!