【バレンタイン特集】ロッテ ガーナミルクチョコレート

【バレンタイン特集】ロッテ ガーナミルクチョコレート

バレンタインをいよいよ目前に控え、バレンタイン特集第2弾をお届け。明治・森永のミルクチョコレートよりも歴史は短いが、すっかり板チョコ御三家の座に馴染んでいるガーナ。ロッテ渾身の板チョコパッケージを庶民文化研究所・町田忍さんからご紹介!


ガムのロッテからチョコレートのロッテへ。

真っ赤なパッケージが数ある板チョコの中でもひときわ印象的なロッテのガーナミルクチョコレート。今ではすっかり板チョコの代表格である。だが、これまで紹介した森永・明治と比べると実はまだまだ歴史は短いのだ。
もともとロッテと言えばチューイングガム。
チョコレート市場に参入しようと昭和36年ごろからチョコレートの本場、欧米市場の視察を繰り返していたらしい。
そして、海外の技術者を招聘するなど、努力を重ねた末に昭和39(1964)年に誕生したのが、ガーナミルクチョコレートなのである。
味はもちろん納得のいくものになったが、いかんせん後発である。
ガーナミルクチョコレートに注目が集まるようにロッテは大々的な広告戦略に打って出る。
なんと500本を超えるスポットCMを打ったというのだから恐れ入る。
目を引く赤いパッケージも他のチョコレートの差別化を図るために採用されたそうだ。
ちなみに、この赤いパッケージは後に母の日のカーネーションにつながり、母の日ガーナのキャンペーンにつながっていく。
そんな努力の結晶であるガーナミルクチョコレートのパッケージを見ていこう。

細かい努力が光るガーナミルクチョコレートのパッケージ

ロッテガーナミルクチョコレート

こちらが昭和39(1964)年発売当時のガーナミルクチョコレートのパッケージ。これだけ真っ赤なパッケージ、そりゃあ目を引くことでしょう。
ちなみにスポットCMと合わせて、女子大生が真っ赤なガーナミルクチョコレートの紙袋を持って街頭で配るというキャンペーンも展開していたらしい。
当時のオヤジはさぞかしドキドキしたことだろう。

ロッテガーナミルクチョコレート

ズラリと並んだガーナミルクチョコレートのパッケージ。比較的同じようなデザインで落ち着いているが、時代の変化に合わせて彩度や文字の配置なんかをちょこちょこいじっているらしい。こういう細かい努力も後発ながら地位を確立できた理由なのだろう。

ロッテガーナチョコレートのバリエーション

そしてミルクチョコレート以降、ブラックやローストミルクなど味わいに派生が増えていくことになる。右側一番下のセミスイートチョコレートとやらは見たことがないがロッテの社名の由来、若きウェルテルの悩みのシャルロッテを彷彿とさせる。

明治、森永から遅れること40年余り。後発ながらも様々な努力で成り上がったガーナの凄さが少しは伝わっただろうか。いよいよ今週末はバレンタインデーである。ロッテのガーナはもちろん、明治、森永など日本の、昭和の子どもたちのお腹を満足させてきた原点に立ち返ってみてはいかがだろうか?

【バレンタイン特集】明治・森永チョコレート

【バレンタイン特集】明治・森永チョコレート

https://goldenyokocho.jp/articles/3332

もうすぐ世の中はバレンタイン。チョコレートの消費量がすごいことになるこの時期らしく、今回はチョコレート特集。小洒落た高級チョコではなく、我々の甘い欲望を叶えてくれた、懐かしい明治・森永のチョコレートパッケージをご紹介!提供はいつものように庶民文化研究の大家 町田忍さんである。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


シボレーインパラ 1959

シボレーインパラ 1959

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は古き良きアメ車の雰囲気を色濃く感じるシボレー・インパラをご紹介。


日本橋 麒麟像

日本橋 麒麟像

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は日本の中心、日本橋の象徴となっている麒麟像をご紹介。


意外と家主の性格が出る…個性豊かな玄関前郵便受けコレクション

意外と家主の性格が出る…個性豊かな玄関前郵便受けコレクション

新聞やチラシ、そして心のこもったお手紙などなど…家に届く郵便物を受け取るための郵便受け。一軒家の場合には案外凝ったデザインのものもしばしば…。今回は庶民文化研究所 町田忍所長の興味を引いた郵便受けコレクションをご紹介しよう。


銭湯研究の町田忍がジオラマに込めた銭湯愛とは

銭湯研究の町田忍がジオラマに込めた銭湯愛とは

銭湯文化研究の第一人者で日本銭湯文化協会理事を務める庶民文化研究家の町田忍さん。自身が代表となっている庶民文化研究所で、昭和の時代を感じさせる懐かしい収蔵品の数々を紹介したり、さまざまなジャンルの「その道の第一人者」との交流から庶民文化を深堀りしたりと、文化研究活動は多岐に及ぶ。今回紹介する銭湯研究も人脈交流から実現した成果だ。朝ドラ「梅ちゃん先生」にも使われた精巧なジオラマ作製で知られる山本高樹さん。銭湯の巨匠 町田忍さんとジオラマの巨匠 山本高樹さんがタッグを組んだ銭湯ジオラマがそれである。今回は両巨匠だからこそ作製し得た銭湯ジオラマの数々を自ら紹介してもらう。


ボンネット型消防車

ボンネット型消防車

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は働く車、消防車の中でも懐かしい、ボンネット型消防車をご紹介しよう。


最新の投稿


500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

イタリアの国民車フィアット500をカリカリにチューニングして人気を博していたのが、カルロ・アバルト率いるアバルト社だ。


昭和 死語の世界 ~ダビング~

昭和 死語の世界 ~ダビング~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は好きな音楽や映画が見たいと、誰もが躍起になった行為、「ダビング」をご紹介しよう。


シボレーインパラ 1959

シボレーインパラ 1959

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は古き良きアメ車の雰囲気を色濃く感じるシボレー・インパラをご紹介。


【クルマニアックイズ】281本目

【クルマニアックイズ】281本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】280本目

【クルマニアックイズ】280本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!