昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~次、いってみよー!~

昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~次、いってみよー!~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和に散った「ギャグ系死語」シリーズ。今回はザ・ドリフターズのリーダー、今は亡き長さんの名フレーズ「次、いってみよー」を振り返る。


次、いってみよー

死語解説:次、いってみよー![台詞]

ザ・ドリフターズのリーダー、いかりや長介が「8時だョ!全員集合」にて進行する際に用いたセリフ。主にコントの継ぎ目や、オープニング終わりに使っていた。単に「いってみよー」という場合も多かった。

時代背景

最高視聴率が50.5%というとんでもない数字を叩き出した伝説のコント番組「8時だョ!全員集合」。その司会進行を担っていたのが、今は亡きいかりや長介その人である。
そのいかりや長介の進行の名調子のひとつが、「次、いってみよー」だ。
コーナーの継ぎ目などでは必ず言っているようなイメージがあるが、案外ただ「いってみよー」と言っているような節がある。
だが、星一徹がちゃぶ台をひっくり返すように、北斗の拳のケンシロウが北斗百裂拳を使うように、いかりや長介と言えば「次、いってみよー」なのだ。
インパクトのあるシーンやセリフはそんなふうにイメージと強固に結びつくものらしい。
その他にも、「おいっすー」や「ダメだこりゃ」など、様々な名フレーズを残している。
また、ミュージシャンとしては通称いかりや弾き、なんて呼ばれる親指奏法が有名で、晩年にはウッドベースを弾くCMが話題になった。ほかにも俳優として、和久平八郎なんていう当たり役で若者の支持を得ている。
若かりし日のコメディアンの姿に留まらず、年老いてからもなお輝く姿勢は、オヤジ世代も見習いたい。
偉大な長さんの生き様を手本に、オヤジも「次、いってみよー」の精神で、新たにチャレンジを続けていきたいものである。

関連する投稿


昭和 死語の世界 ~ダビング~

昭和 死語の世界 ~ダビング~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は好きな音楽や映画が見たいと、誰もが躍起になった行為、「ダビング」をご紹介しよう。


昭和 死語の世界 ~社会の窓~

昭和 死語の世界 ~社会の窓~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回はかつて男性の社会的死にもつながるハプニングを表した言葉「社会の窓」をご紹介。社会の窓からコンニチハ~


昭和 死語の世界 ~インド人もびっくり~

昭和 死語の世界 ~インド人もびっくり~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は今なお残るカレー=インド人の固定概念を植え付けた伝説の死語「インド人もびっくり」についてご紹介!


昭和 死語の世界 ~バッチグー~

昭和 死語の世界 ~バッチグー~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は比較的新しい平成の死語。でも、言葉の響きは昭和を引きずっている感じが満々の「バッチグー」についてご紹介!


ダジャレ系死語の世界 まとめ

ダジャレ系死語の世界 まとめ

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は古来、日本人が好んでやまないダジャレ系死語をまとめてご紹介!オシャレなシャレはやめなシャレ~


最新の投稿


500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

イタリアの国民車フィアット500をカリカリにチューニングして人気を博していたのが、カルロ・アバルト率いるアバルト社だ。


昭和 死語の世界 ~ダビング~

昭和 死語の世界 ~ダビング~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は好きな音楽や映画が見たいと、誰もが躍起になった行為、「ダビング」をご紹介しよう。


シボレーインパラ 1959

シボレーインパラ 1959

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は古き良きアメ車の雰囲気を色濃く感じるシボレー・インパラをご紹介。


【クルマニアックイズ】281本目

【クルマニアックイズ】281本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】280本目

【クルマニアックイズ】280本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!