【バレンタイン特集】明治・森永チョコレート

【バレンタイン特集】明治・森永チョコレート

もうすぐ世の中はバレンタイン。チョコレートの消費量がすごいことになるこの時期らしく、今回はチョコレート特集。小洒落た高級チョコではなく、我々の甘い欲望を叶えてくれた、懐かしい明治・森永のチョコレートパッケージをご紹介!提供はいつものように庶民文化研究の大家 町田忍さんである。


そもそもチョコレートのはじまりとは?

もうすぐバレンタイン。老いも若きもチョコレートを頬張る日であり、恋人たちにとってはチョコレートのように甘い日でもある。また、読者のオヤジたちも一年に一度、(義理で)モテる日であろう。しかし、バレンタインが日本で流行りはじめたのは、実は昭和30年代くらいからと、案外その歴史は新しいのだ。町田さんによると、もともと2月は1年で最もチョコレートが売れない月だったそうな。それを払拭するイベントにもってこいということで、菓子組合が販促に利用するためにバレンタインを持ち込んだという話だ。
では、バレンタインの主役であるチョコレートはいつ日本で誕生したのかというと、大正7(1918)年まで遡る。誕生させたのは森永製菓で、記念すべき最初の商品は、「森永ミルクチョコレート」である。
その後、もう一つの巨大なお菓子の会社、明治製菓(現・明治)が大正15(1926)年に「明治ミルクチョコレート」を販売。この2大お菓子企業が誕生したことでチョコレートは日本に広まっていくのである。
ということで、今回はそんな明治、森永、双方のパッケージをご紹介していこう。

町田少年のチョコレートの思い出のはじまり

森永チョコレート

この1枚は昭和35(1960)年の森永、明治、それぞれのミルクチョコレートのパッケージである。町田さんがチョコレートのパッケージを集めはじめる記念すべきコレクションだ。パッケージを保管した理由は「うれしかったから」。

当時のチョコレートは、今のようにバリエーションもなく、板チョコでも高級品で、たまに買ってもらえる特別なお菓子だったのだ。それが「うれしくて」パッケージを保管していたのだという。
たとえ好きな子からもらったチョコでなくても、包み紙まで愛おしく感じられるほどチョコレートは特別だったのだ!

時代とともに変わっていく明治・森永のパッケージ 明治の場合

明治ミルクチョコレート
明治ミルクチョコレート

まずは明治のパッケージ。1枚目の写真はオヤジにとっては見慣れたロゴマークだろう。昭和30(1955)年にかの有名な亀倉雄策氏が作成し、現・明治ホールディングスに変わるまで使われていたものである。
2枚目は新体制以降新しくなったロゴ。会社の新しい姿勢を表すかのように、パッケージも自由度が増しているように感じられる。

森永の場合

森永チョコレート

森永の場合は、最も認知されているパッケージがコレだろう。
町田さんが初めて保管した昭和35(1960)年のものも森永の表記自体は大きく変更はない。さすがは大正から続くチョコレート。歴史を重んじているようだ。
だが、もちろんなんの変化もなかったわけではない。

森永チョコレート

こちらは復刻版のパッケージデザインだが、赤いものは昭和9(1934)年のデザインで、右上の茶色のものは大正7年(1918)年販売当時のデザイン、そして白は大正8(1919)年のデザインのものらしい。こうしてみると、最初のうちはけっこう変遷があったようだ。
お菓子のパッケージにも歴史あり、ということか。

今年のバレンタインは日本のチョコレートの原点である板チョコを久しぶりに再評価してみてはいかがだろうか?

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

あるときは食べ物を食べる道具として、またあるときは歯に挟まったのを取るのに重宝する楊枝。甘味処や和菓子に用いるときはその名を変える。庶民文化研究の大家 町田忍さんにそのあたりの話を聞いた。今回も庶民文化研究所収蔵のコレクションとともに。


ジープ

ジープ

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。おそらく米軍も使用していたであろう初代ジープの姿をご紹介。


炭酸飲料の王道・ファンタ

炭酸飲料の王道・ファンタ

コカ・コーラにペプシコーラ…炭酸飲料と言えばコーラがあまりにも有名だが、コーラ以外の有名な炭酸飲料もたくさんあるもの。今回はその中でも抜群の知名度を誇るファンタをご紹介。庶民文化研究所秘蔵の空き缶コレクションをご覧あれ!


昭和の銭湯建築 豊橋・みその湯

昭和の銭湯建築 豊橋・みその湯

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。三角屋根がなんとも愛らしい愛知県豊橋市の銭湯「みその湯」をご紹介。


販促用ボックスティッシュを忘れてはいないか?販促ティッシュはポケットティッシュだけじゃない。

販促用ボックスティッシュを忘れてはいないか?販促ティッシュはポケットティッシュだけじゃない。

街角でよく配られていたチラシ付きのポケットティッシュ。なにかと販促に使われがちなティッシュだが、それはボックスティッシュも同様。今回は庶民文化研究所収蔵の販促用ボックスティッシュを町田忍さんからご紹介。


最新の投稿


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

あるときは食べ物を食べる道具として、またあるときは歯に挟まったのを取るのに重宝する楊枝。甘味処や和菓子に用いるときはその名を変える。庶民文化研究の大家 町田忍さんにそのあたりの話を聞いた。今回も庶民文化研究所収蔵のコレクションとともに。


昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和を代表するアイドル系死語。その中でも異彩を放つのりピー語の世界をご紹介しよう。


1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

トヨタの1600GT、RT55型です。地味な見た目ですが、日産GT-Rと覇を競った実力派レースカー!とはいえ、それが原因で悲劇にも見舞われるわけですが…。越後丘陵公園クラシックカー展2017にて撮影。


【クルマニアックイズ】246本目

【クルマニアックイズ】246本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!