【バレンタイン特集】明治・森永チョコレート

【バレンタイン特集】明治・森永チョコレート

もうすぐ世の中はバレンタイン。チョコレートの消費量がすごいことになるこの時期らしく、今回はチョコレート特集。小洒落た高級チョコではなく、我々の甘い欲望を叶えてくれた、懐かしい明治・森永のチョコレートパッケージをご紹介!提供はいつものように庶民文化研究の大家 町田忍さんである。


そもそもチョコレートのはじまりとは?

もうすぐバレンタイン。老いも若きもチョコレートを頬張る日であり、恋人たちにとってはチョコレートのように甘い日でもある。また、読者のオヤジたちも一年に一度、(義理で)モテる日であろう。しかし、バレンタインが日本で流行りはじめたのは、実は昭和30年代くらいからと、案外その歴史は新しいのだ。町田さんによると、もともと2月は1年で最もチョコレートが売れない月だったそうな。それを払拭するイベントにもってこいということで、菓子組合が販促に利用するためにバレンタインを持ち込んだという話だ。
では、バレンタインの主役であるチョコレートはいつ日本で誕生したのかというと、大正7(1918)年まで遡る。誕生させたのは森永製菓で、記念すべき最初の商品は、「森永ミルクチョコレート」である。
その後、もう一つの巨大なお菓子の会社、明治製菓(現・明治)が大正15(1926)年に「明治ミルクチョコレート」を販売。この2大お菓子企業が誕生したことでチョコレートは日本に広まっていくのである。
ということで、今回はそんな明治、森永、双方のパッケージをご紹介していこう。

町田少年のチョコレートの思い出のはじまり

森永チョコレート

この1枚は昭和35(1960)年の森永、明治、それぞれのミルクチョコレートのパッケージである。町田さんがチョコレートのパッケージを集めはじめる記念すべきコレクションだ。パッケージを保管した理由は「うれしかったから」。

当時のチョコレートは、今のようにバリエーションもなく、板チョコでも高級品で、たまに買ってもらえる特別なお菓子だったのだ。それが「うれしくて」パッケージを保管していたのだという。
たとえ好きな子からもらったチョコでなくても、包み紙まで愛おしく感じられるほどチョコレートは特別だったのだ!

時代とともに変わっていく明治・森永のパッケージ 明治の場合

明治ミルクチョコレート
明治ミルクチョコレート

まずは明治のパッケージ。1枚目の写真はオヤジにとっては見慣れたロゴマークだろう。昭和30(1955)年にかの有名な亀倉雄策氏が作成し、現・明治ホールディングスに変わるまで使われていたものである。
2枚目は新体制以降新しくなったロゴ。会社の新しい姿勢を表すかのように、パッケージも自由度が増しているように感じられる。

森永の場合

森永チョコレート

森永の場合は、最も認知されているパッケージがコレだろう。
町田さんが初めて保管した昭和35(1960)年のものも森永の表記自体は大きく変更はない。さすがは大正から続くチョコレート。歴史を重んじているようだ。
だが、もちろんなんの変化もなかったわけではない。

森永チョコレート

こちらは復刻版のパッケージデザインだが、赤いものは昭和9(1934)年のデザインで、右上の茶色のものは大正7年(1918)年販売当時のデザイン、そして白は大正8(1919)年のデザインのものらしい。こうしてみると、最初のうちはけっこう変遷があったようだ。
お菓子のパッケージにも歴史あり、ということか。

今年のバレンタインは日本のチョコレートの原点である板チョコを久しぶりに再評価してみてはいかがだろうか?

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


おまけだけど主役!少年を虜にした食玩

おまけだけど主役!少年を虜にした食玩

仮面ライダーチップスやプロ野球カードなどに代表されるように、おまけのおもちゃや景品というものは少年の心を掴んで離さないもの。昭和の少年ならば、誰もが胸踊らせたであろう食玩について、庶民文化研究所町田忍所長に収蔵品を紹介していただこう。


昭和の銭湯建築 飛騨神岡・高泉浴場

昭和の銭湯建築 飛騨神岡・高泉浴場

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は銭湯シリーズ。かつて飛騨神岡にあった、昭和初期建築の高泉浴場をご紹介しよう。


懸賞応募シールは夢のかけら

懸賞応募シールは夢のかけら

毎年春になるともらえる白いお皿を中心に、飲料、食品など各社が展開しているプレゼントキャンペーン。そのキャンペーンの応募方法といえば、“シールを集めて応募”だろう。庶民文化研究所所長、町田忍さんはそんな懸賞応募シールも収蔵しています。


シボレーインパラ 1959

シボレーインパラ 1959

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は古き良きアメ車の雰囲気を色濃く感じるシボレー・インパラをご紹介。


日本橋 麒麟像

日本橋 麒麟像

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は日本の中心、日本橋の象徴となっている麒麟像をご紹介。


最新の投稿


スカイライン | 日産 - ソレ・タコ・デュアルはL型チューンの代名詞

スカイライン | 日産 - ソレ・タコ・デュアルはL型チューンの代名詞

ハコスカといえばチューニング派の旧車ファンには垂涎の的だけれども、ハコスカのL型エンジンの定番チューンといえば「ソレ・タコ・デュアル」。 ソレックスの3連キャブレター、タコ足エグゾースト、デュアル出しマフラーという吸排気系のトータルチューンを指した言葉だね。


サンバー | スバル - 360cc時代でエンジンは空冷

サンバー | スバル - 360cc時代でエンジンは空冷

現在でも人気の高い軽ワンボックスのサンバー、これは2代目だね。 360cc時代でエンジンは空冷だ。


【クルマニアックイズ】287本目

【クルマニアックイズ】287本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】286本目

【クルマニアックイズ】286本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


全国カーイベント情報

全国カーイベント情報

全国各地で開催される旧車イベントやクラシックカーフェスティバルなど、クルマ関連の各種イベントをご紹介します。