ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープの開発した新しいトランスポーター、軽オート三輪。昭和27年の発売に先駆け、ホープ自動車に改組。文字通り希望の星として、「ホープスター」と名付けられました。初期型のSUは旧来のオートバイゆずりのバーハンドル、後期型のSYは丸型ハンドルです。


ホープ創業者の小野定良は、本田宗一郎とも並んで賞されるユニークな技術者だった

ホープスターSU型

・モデル名 :ホープスター(SU型)
・メーカー名:ホープ自動車
・年式   :1958
・撮影場所 :お台場旧車天国2017
・撮影者  :会長

ホープはまさに、軽オート三輪トラックの希望の星だった

ホープスターSU型

小型自動車の修理工場や当時のオート三輪大手・東洋工業(マツダ)で修業ののち、旧陸軍自動車部隊や機甲整備学校などで活躍した小野定良が、戦後それまでに培った技術で小型三輪トラック制作のため昭和26年に設立した個人商店、「ホープ商会」。

すでに当時「三輪トラック」は多数製造されていて、大型化が進んでいた。
三輪トラックはその簡便さにもメリットがあったのだが、輸送力の強化や効率化なども考えるとどうしても大型化してしまう。
だが、市街地の狭い路地での使用や、個人商店や小規模工場などが業務で使うには大きく高価になりすぎてしまっていた。
2年前に制定された軽自動車規格をもちい、このちょうどぽっかり空いてしまったニーズに応えるマイクロ・トランスポーターを実現しようと考え、ホープ商会が設立されたのだった。

ホープスターSU型

ホープの開発した新しいトランスポーター、軽オート三輪。
昭和27年の発売に先駆け、ホープ自動車に改組。文字通り希望の星として、「ホープスター」と名付けられた。
初期型のSUは旧来のオートバイゆずりのバーハンドル、後期型のSYは丸型ハンドルだ。

ホープスターのようなスタイリングの小型オート三輪は戦前にもいくつかあった。
だがホープスターは、それらのようなリヤカー然としたパイプ組みの荷台やバイク丸出しのチェーン駆動(たいがいは、後ろ2輪のうち片方だけを駆動するものだった)ではなく、当時大型化が進んでいた三輪トラック同様にチャンネルフレームやシャフトドライブを導入した本格派だった。
それもあって、あらゆる過酷な使用状況にも耐えることができ、ホープ自動車の信頼性を高めることにもつながった。

またホープスターの特徴のひとつに、既存各メーカーが開発したパーツを組み合わせて作られていることがある。要するに、他社パーツを使う前提で設計がされていたのだ。
これは部品の品質担保を容易にしたり、部品開発の労力を抑えるという狙いもあったろう。だが結果的にこれが「どこでも部品が容易に手に入れられる」ことになり、ホープスターは「丈夫だけど、壊れても修理が全国どこでもかんたんにできる」ということにつながった。

軽オート三輪の市場が勃興し一気に立ち上がっていく際、このことはホープ自動車にとってとても強い武器になった。だが最終的には「アッセンブリーメーカーから脱却できない」という事態を招くことにもつながり、大手メーカーが一斉に参入してくると同時に急速に市場を奪われてしまうことになったのだった。

その後、ホープ自動車は遊園地等の遊具やメダルゲームなどの製造メーカーへと業態転換、遊具業界では代表的メーカーになった。だがそれも、時代とともに市場が縮小、2016年に解散となってしまった。

関連する投稿


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

トヨタの1600GT、RT55型です。地味な見た目ですが、日産GT-Rと覇を競った実力派レースカー!とはいえ、それが原因で悲劇にも見舞われるわけですが…。越後丘陵公園クラシックカー展2017にて撮影。


スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインはやっぱり最強のスポーツカーでなきゃいけない

スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインはやっぱり最強のスポーツカーでなきゃいけない

久しぶりのDOHCエンジン復活で、スカイライン覇権の夢を再び!


ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

いすゞのヒルマンミンクスPH100型です。英国車であるヒルマンミンクスを、いすゞが完全ノックダウン方式で作った車。この1台でいすゞは乗用車の技術を学び、以後名車を作り出していくことになります。クラシックカーフェスティバル in 所沢2017にて撮影。


スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

トヨタ・スプリンタートレノの2代目、中期型に当たるTE61型です。写真の車は限定カラーのブラックトレノ。排ガス規制に揺れ、いったん消え、また復活するという不思議な運命をたどった車です。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


最新の投稿


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

あるときは食べ物を食べる道具として、またあるときは歯に挟まったのを取るのに重宝する楊枝。甘味処や和菓子に用いるときはその名を変える。庶民文化研究の大家 町田忍さんにそのあたりの話を聞いた。今回も庶民文化研究所収蔵のコレクションとともに。


昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和を代表するアイドル系死語。その中でも異彩を放つのりピー語の世界をご紹介しよう。


1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

トヨタの1600GT、RT55型です。地味な見た目ですが、日産GT-Rと覇を競った実力派レースカー!とはいえ、それが原因で悲劇にも見舞われるわけですが…。越後丘陵公園クラシックカー展2017にて撮影。


【クルマニアックイズ】246本目

【クルマニアックイズ】246本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!