スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

昭和54年(1979年)に4代目スプリンターが登場。「トヨタ・ツインカム」を排ガス規制に対応させつつ磨き上げた、世界に誇るDOHCのハイメカニズムの結晶ともいうべき2T-GEUエンジンを搭載しています。ハイウェイクルーザーとしてその高い性能を遺憾なく発揮しました。


DOHCエンジンはトヨタが世界に誇る技術の結晶

スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型)

・モデル名 :スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型)
・メーカー名:トヨタ
・年式   :1980
・撮影場所 :2017トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル in 神宮外苑
・撮影者  :ミノ

クーペの屋根を伸ばして利便性を向上させたリフトバック

スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型)

昭和54年(1979年)に4代目スプリンターが登場。「トヨタ・ツインカム」を排ガス規制に対応させつつ磨き上げた、世界に誇るDOHCのハイメカニズムの結晶ともいうべき2T-GEUエンジンを搭載。
1588ccの排気量にして115馬力の出力を誇り、ハイウェイクルーザーとしてその高い性能を遺憾なく発揮した。

4代目スプリンターはセダン、ハードトップ、3ドアクーペ、3ドアリフトバックの4種類のボディタイプを持つ。リフトバックは大きく傾斜したリアゲートと広い荷室が特徴のユーティリティ・クーペだ。
一般的なクーペと異なりリアシートの居住性と荷室容量、さらに荷室へのアクセスの良さを確保した「スタイリッシュさと利便性の両方を確保した」新しいコンセプトのスポーティカーだ。

セリカ・リフトバックなどもそうだが、広い荷室にレジャー道具を積み込み、アクティブに余暇を楽しむ豊かなライフスタイルを感じさせる。ひっちゃきになってカーブを駆け抜けていくより、気分良くハイウェイ・クルーズを楽しむのが似合う。そのために高性能と高速巡行性を備えているというコンセプトの、大人のためのクルマだ。

スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型)

もっとも、当時そういったコンセプトが広く浸透していたかというと、やはり少し疑問なところもある。
1.6リットルのツインカム・2T-GEUを積むクーペモデルは、レビンやトレノをはじめ大人気だった。
だがその人気車の「屋根を伸ばした」リフトバックはイマイチ認知度が高くなく、いかに便利で様々なシーンで活躍するコンセプトとはいえそれほど多くの人には受け入れられなかったようだ。
やはり当時はまだこういったコンセプトは時期尚早だったのだろうか。

トヨタは他にもセリカやコロナなどいくつかの車種にもリフトバックモデルを設定したが、セリカを除いてどれもそれほどパッとしなかったようだ。
もっとも、北米や欧州ではこういったクルマは根強い人気があるので、いつかは日本でも理解されることだろうとトヨタは考えていたのだろう。その後もいくつかの車種に、地味ながら設定し続けていた。
現代になってショートワゴンやシューティングブレークのようなユーティリティとスポーティさを兼ね備えたクルマも人気になっているのを見るにつけ、ようやく時代が追い付いてきたという感がある。

スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型)

関連する投稿


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

トヨタの1600GT、RT55型です。地味な見た目ですが、日産GT-Rと覇を競った実力派レースカー!とはいえ、それが原因で悲劇にも見舞われるわけですが…。越後丘陵公園クラシックカー展2017にて撮影。


スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインはやっぱり最強のスポーツカーでなきゃいけない

スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインはやっぱり最強のスポーツカーでなきゃいけない

久しぶりのDOHCエンジン復活で、スカイライン覇権の夢を再び!


【クルマニアックイズ】244本目

【クルマニアックイズ】244本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

いすゞのヒルマンミンクスPH100型です。英国車であるヒルマンミンクスを、いすゞが完全ノックダウン方式で作った車。この1台でいすゞは乗用車の技術を学び、以後名車を作り出していくことになります。クラシックカーフェスティバル in 所沢2017にて撮影。


最新の投稿


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

あるときは食べ物を食べる道具として、またあるときは歯に挟まったのを取るのに重宝する楊枝。甘味処や和菓子に用いるときはその名を変える。庶民文化研究の大家 町田忍さんにそのあたりの話を聞いた。今回も庶民文化研究所収蔵のコレクションとともに。


昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和を代表するアイドル系死語。その中でも異彩を放つのりピー語の世界をご紹介しよう。


1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

トヨタの1600GT、RT55型です。地味な見た目ですが、日産GT-Rと覇を競った実力派レースカー!とはいえ、それが原因で悲劇にも見舞われるわけですが…。越後丘陵公園クラシックカー展2017にて撮影。


【クルマニアックイズ】246本目

【クルマニアックイズ】246本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!