カローラレビン1600GT(2代目後期・TE55型) | トヨタ - 規制に翻弄されたレビン【旧車】

カローラレビン1600GT(2代目後期・TE55型) | トヨタ - 規制に翻弄されたレビン【旧車】


度重なる排ガス規制の憂き目を見た、もはや希少種ともいえる2代目レビン

カローラレビン1600GT(2代目後期・TE55型)

・モデル名 :カローラレビン1600GT(2代目・TE55型)
・メーカー名:トヨタ
・年式   :1979
・撮影場所 :2017トヨタ博物館クラシックカーフェスティバル in 神宮外苑
・撮影者  :ミノ

いったん生産中止となったものの、規制対応し復活した2代目

カローラレビン1600GT(2代目後期・TE55型)

昭和49年(1974年)にレビンとしては初のモデルチェンジでデビューした2代目前期型のTE37型。
カローラシリーズとしては3代目前期にあたり、カローラレビンはTE37型、スプリンタートレノはTE47型となる。
レビンは2ドアハードトップとなり、見た目もトレノと別の車種という感じがはっきりした。

搭載されていたエンジンは名機といわれた、2T-Gと2T-GR。だがキャブレター式のこれらのエンジンは昭和50年排出ガス規制をクリアすることができず、2代目レビンはデビューの翌年にわずか256台をもって製造中止となってしまった。

そして2年の月日が流れ去り、街でベージュのコート・・・じゃなかった2代目レビンをふたたび見かけるようになる。
昭和52年(1977年)1月、レビンがモデルチェンジしたという体で、トレノとともに復活。
エンジンはキャブレター式からEFI(電子制御式燃料噴射)装置に換装した2T-GEU型を積んだ。
それが、2代目後期型・TE55型カローラレビンだ。

カローラレビン1600GT(2代目後期・TE55型)

厳密にいうと、昭和51年排ガス規制に酸化触媒で対応したのがTE51型で、さらに三元触媒とO2センサーで昭和53年規制をクリアしたのがこのTE55型だ。
スプリンタートレノとふたたびボディを共用したのだが、これはカローラリフトバックとも同じだ。この時から、トレノはTE65型となるが、見た目はほとんど同じと言っていい。

このような度重なる排出ガス規制の強化による荒波に翻弄された背景をもつため、2代目カローラレビンは悲運のクルマと言われている。
規制のせいで製造中止の憂き目にあい、2年も経ってから製造再会される車種などなかなかない。
もともとの台数が少ないこともあり、さすがに現存する車両はだいぶ少なくなってしまっているようだ。
もしイベントなどで見かけたら、その波乱の人生(車生?)に思いを馳せ、温かく見守ってあげたい。

カローラレビン1600GT(2代目後期・TE55型)

関連する投稿


スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

昭和54年(1979年)に4代目スプリンターが登場。「トヨタ・ツインカム」を排ガス規制に対応させつつ磨き上げた、世界に誇るDOHCのハイメカニズムの結晶ともいうべき2T-GEUエンジンを搭載しています。ハイウェイクルーザーとしてその高い性能を遺憾なく発揮しました。


【クルマニアックイズ】214本目

【クルマニアックイズ】214本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

昭和60年(1985年)、B12型・通称「トラッドサニー」の5ドアワゴン版が登場。サニーの乗用ワゴン「カリフォルニア」としては3代目、サニーとしては6代目にあたります。「フォルクスワーゲン・サンタナ」からの影響が色濃く反映された直線基調のデザインと高い品質が支持されていました。


ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

2代目となったミラでは、ライバルのアルト(アルトワークス)に先駆けて、専用エアロパーツで武装し専用チューンを施した高性能バージョン『TR-XX』を発売。ハイパフォーマンス軽という新ジャンルを生み出した。


サニー1000デラックス(初代・B10型) | 日産 - 約800万通から名前を決めた【旧車】

サニー1000デラックス(初代・B10型) | 日産 - 約800万通から名前を決めた【旧車】

各社が700~1000ccクラスの小型ベーシックカーの開発を急ピッチで進めるなか、日産社内でもダットサンやブルーバードに続く小型モデルが求められていた。そこで新たに誕生したのが、そののち長く小排気量クラスを担う主力車種、サニーだった。


最新の投稿


サトちゃんに並ぶ薬局のアイドル!コーワのケロちゃんコロちゃん

サトちゃんに並ぶ薬局のアイドル!コーワのケロちゃんコロちゃん

薬局のアイドル「サトちゃん」。ライバルといえばコーワの「ケロちゃんコロちゃん」だろう。あのサトちゃんよりもマスコット歴が長いケロちゃんコロちゃんの懐かしい姿を庶民文化研究所・町田忍所長のコレクションからご紹介しよう。


【クルマニアックイズ】215本目

【クルマニアックイズ】215本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

昭和54年(1979年)に4代目スプリンターが登場。「トヨタ・ツインカム」を排ガス規制に対応させつつ磨き上げた、世界に誇るDOHCのハイメカニズムの結晶ともいうべき2T-GEUエンジンを搭載しています。ハイウェイクルーザーとしてその高い性能を遺憾なく発揮しました。


【クルマニアックイズ】214本目

【クルマニアックイズ】214本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

昭和60年(1985年)、B12型・通称「トラッドサニー」の5ドアワゴン版が登場。サニーの乗用ワゴン「カリフォルニア」としては3代目、サニーとしては6代目にあたります。「フォルクスワーゲン・サンタナ」からの影響が色濃く反映された直線基調のデザインと高い品質が支持されていました。