巨匠・小松崎茂のボックスアートがたまらない!プラモデル箱絵の世界

巨匠・小松崎茂のボックスアートがたまらない!プラモデル箱絵の世界

ボックスアート、またはパッケージアートなどとも呼ばれるプラモデルの箱絵。第一人者として知られる小松崎茂氏が手掛けた作品をはじめ、庶民文化研究所収蔵の魅力的なプラモデルのボックスアートをご紹介しよう。


ボックスアートの巨匠・小松崎茂

ボックスアートの巨匠・小松崎茂

ボックスアートやパッケージアートなどとも言われる商品のパッケージに描かれる挿絵。
プラモデルの箱絵に興奮していた昭和世代は多いことだろう。なかでも兵器もののプラモデルは、大迫力で描かれていて箱絵の魅力が存分に発揮されていた。

ボックスアートの世界にあって、とりわけ注目すべき人物といえば、第一人者とも言える画伯・小松崎茂だろう。
庶民文化研究所に収蔵されたプラモデルの箱絵にも小松崎茂氏の作品は多い。
町田忍所長が誇らしげに掲げているこの箱絵はタミヤが発売し、小松崎茂氏が挿絵を描いたタイガータンクとパンサータンクだ。
そして、このパンサータンクのボックスアートこそが、小松崎茂の名作ボックスアート量産の口火を切る作品なのだ。
パンサータンクは当時のタミヤが社運を掛けて、多額の金型開発費を投入し作り上げたプラモデルで、すごい力の入れようだった。
そんな気合い十分なプラモデルにふさわしい箱絵をということで依頼されたのが、小松崎茂その人だ。

戦場の熱気や爆音まで届きそうな臨場感のある箱絵はまたたく間に注目され、パンサータンクは売れに売れた。
以降、タミヤのプラモデル=小松崎茂となり、プラモデルの第一次ブームを作るまでになったのであった。

タミヤのプラモデル=小松崎茂

箱絵がたどった悲しき時代背景

プラモデルブームがいったん収まるまで、小松崎茂に代表される劇画風のボックスアートが、小松崎茂の弟子たちや、その他の画伯の手で数多く生み出されていった。
しかし、プラモデルの輸出がはじまる頃になると、内容物と箱絵の差異が問題視されるようになり、徐々に劇画風のボックスアートは姿を消していくことになる。

代わって増えたのが、完成品にないものは描かない資料的な箱絵だった。
完成品を写真で写した箱まで登場した。

町田さんをはじめ昭和のプラモデルを愛した者にとって、あの箱絵はとても魅力だったし、絶対だった。
時代の流れとは言え、残念である。
昭和の良き緩さから生まれたプラモデルの箱絵に悲哀を抱かずにはいられない。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


砲弾型手押しポンプ

砲弾型手押しポンプ

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は水道の発達以降、見かけることが少なくなった井戸の手押しポンプをご紹介。


アイスのコーンについてるアレ。「コーンスリーブ」

アイスのコーンについてるアレ。「コーンスリーブ」

夏はもちろん、冬でもなんだか食べたくなる魅惑のおかし、アイスクリーム。お出かけ先で両親に買ってもらって大喜び!なんて思い出が誰にでもあるはず。今回はそんなアイスクリームの思い出がよみがえる「コーンスリーブ」について、庶民文化研究所所長・町田忍さんに教えてもらった。


銀座の象徴・和光時計台

銀座の象徴・和光時計台

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。銀座の街を見守り続けるシンボル、銀座和光の時計台を紹介しよう。


道頓堀の名物「くいだおれ太郎」

道頓堀の名物「くいだおれ太郎」

ド派手な紅白衣装に身を包み、陽気な浪速の人々を見守り続け、愛される「くいだおれ太郎」。もはや日本一と言っても過言ではないほどの知名度を誇る大阪のシンボルの歴史と謎を、庶民文化研究所所長・町田忍さんの解説で解き明かします。


手肌ケアの代名詞「メンソレータム」

手肌ケアの代名詞「メンソレータム」

手肌を保護し、うるおいを与えるハンドケア製品といえば、「メンソレータム」。パッケージに描かれたかわいい女の子は誰もが知るはず。今回は、メンソレータムの歴史を庶民文化研究所・町田忍さんのコレクションから紹介しよう。


最新の投稿


コンテッサ | 日野 – リアエンジンならではグリルレスなフロント

コンテッサ | 日野 – リアエンジンならではグリルレスなフロント

コンテッサはリアに搭載したエンジンで後輪を駆動するリアエンジン・リアドライブレイアウトを採用していた。


【クルマニアックイズ】402本目

【クルマニアックイズ】402本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】401本目

【クルマニアックイズ】401本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


砲弾型手押しポンプ

砲弾型手押しポンプ

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は水道の発達以降、見かけることが少なくなった井戸の手押しポンプをご紹介。


【クルマニアックイズ】400本目

【クルマニアックイズ】400本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!