世界中で愛されるVWの魅力についてまとめてみた

世界中で愛されるVWの魅力についてまとめてみた

累計生産台数が2000万台を超え、世界中で愛されているType1、いわゆるビートルをはじめ、ヒッピー文化のアイコンにもなっているワーゲンバスことType2など、大人気のVW(フォルクスワーゲン)。その魅力に迫る。


世界的車メーカー・VW

2018年には売上が世界一に輝いたフォルクスワーゲン。
1937年(昭和で言うと12年)の創業以来、世界の自動車産業を牽引するトップクラスの大企業と言えるだろう。。
近年、トゥアレグやフェートンなど、高級路線のラインアップも進むが、そもそも「フォルクスワーゲン」ってのは、ドイツ語で「国民車」の意味。

累計生産台数が2000万台以上にものぼるビートルを見ればそれもわかるというもの。
シンプルな構造で、耐久性に優れ、メンテナンスもしやすいフラット4とも呼ばれる空冷4気筒エンジンは、そのバタバタという独特の排気音も合わせて広く愛されている。

(前置き長くなりましたが…)そんなVWの魅力を、ゴル横がこれまで紹介してきた記事ととも振り返ってみよう。

庶民文化研究所所長・町田忍さんの愛車もVW ビートル

庶民文化研究所所長・町田忍さんの愛車もVW ビートル

VWの中でも、とりわけ世界中で愛されている車といえば、始まりの一台ことType1だろう。
カブトムシ、ビートルの愛称で親しまれた。
1938年から2003年まで販売され、ニュービートルやザ・ビートルなど、後継機まで登場した名車。

ゴル横のレギュラーメンバーで、庶民文化研究の大家 町田忍さんもビートルを愛してやまないひとり。

町田さんが所有するのはマリーナブルーが美しいビートルで、1973年に新車で購入してから、今まで大切に乗ってきているそうだ。

タイプⅠ(ビートル) | フォルクスワーゲン - キレイなマリナーブルーのカブトムシ【旧車】

https://goldenyokocho.jp/articles/1258

キレイなマリナーブルーのタイプⅠ、いわゆる旧ビートルだ。1973年に新車で購入して、その後ずっと実用に供しているそうだよ。

ビートルはお医者さんの車?

ビートルはお医者さんの車?

世界中で愛されるビートル。
日本でもかつては輸入車の中でも最も親しまれていた車だった。
日本にビートルが入ってきたのは、輸入車ディーラーのヤナセが取り扱いを開始した1952年からのことらしい。
その頃は「お医者さんの車」と親しまれていたそうな。なんでも当時の国産車は水冷エンジンで、寒い日にはかなりの暖機運転が必要だったらしく、コールドスタートできる空冷のビートルを「急な往診があってもすぐ走れる」とお医者さん向けに猛アピールしたらしい。
救急車のサイレンがわりに、空冷エンジンのバタバタ音が聞こえるとは、なんとも素敵な昭和な日常ではないか。

ビートルタイプⅠ | VW - お医者さんのクルマといえば、ビートルだった【旧車】

https://goldenyokocho.jp/articles/3069

日本では、輸入車ディーラーの老舗であるヤナセが1952年より取扱いを開始。 もっともなじみがある輸入車のひとつです。

幻のカブリオレ!…のようなカスタマイズ

幻のカブリオレ!…のようなカスタマイズ

超希少として、VWファンが憧れるビートルが、ヘブミューラーによるビートルの2シーターカブリオレだろう。
累計でわずか696台しか生産されておらず、現存するものとなると、90台しかないと言われている幻の名車だ。
ここまですごいステータスがある車となれば、マニアは当然再現したくなるもの。
もともとType1をベースに作られている車なのだから、やってやれないことはないのだろうが、オーナーのこの再現っぷりはすごい。

ビートルタイプⅠカブリオレ | VW - 世界でもっとも愛されたオープンカー【旧車】

https://goldenyokocho.jp/articles/3104

世界でもっとも多くの台数が製造された車種のうちのひとつが、フォルクスワーゲン・タイプⅠです。 ビートルの愛称で広くしられる、オールドファンから最新のモードを反映したカスタムマニアまで幅広いファンを持つ趣味車の代表格になります。

ビートルだけじゃない!ワーゲンバスも魅力がいっぱい!

ビートルだけじゃない!ワーゲンバスも魅力がいっぱい!

ビートルの次にVWが作り上げたType2。
俗にワーゲンバスと呼ばれる車も根強い人気を誇っている。
正式名称はフォルクスワーゲン・トランスポルター
現在、第6世代(T6)まで登場しているが、このうち第3世代までを特にType2と呼んでいる。ビートルとは打って変わってマルチパーパスカーとして人気。T2などはフラワームーブメントなど、ヒッピーたちに愛され、ヒッピー文化のアイコンとしても認識されている。また、現代でもキャンピングカーのベースとして見かけることも多い。

最近、電気自動車として往年の姿で再登場、なんて話を見たけれど実現するのだろうか。

タイプ2 | フォルクスワーゲン - VWのマルチパーパスビークル【旧車】

https://goldenyokocho.jp/articles/2572

フォルクスワーゲンのタイプ2です。ビートルをベースにマイクロバスに仕立てました。移動式店舗としての利用もポピュラーな名車です。

Type3をベースに作られた流麗なクーペ・カルマンギア

Type3をベースに作られた流麗なクーペ・カルマンギア

Type1、Type2と比べると若干知名度は下がるかもしれないが、Type3もやはりとても素敵な車なのだ。
中でもイタリアのカロッツェリアがデザインし、カルマンがボデーを作ったカルマンギアは惚れ惚れする!
ビートルをベースにしたものと、Type3をベースにしたものがあり、どちらも非常に美しい。

Type3をベースに作られた流麗なクーペ・カルマンギア

が、Type3もカルマンギアも、どちらもType1には敵わず、Type1よりも先に生産が終了。もっと注目されてもいいと思うのだが…。

カルマン・ギア | フォルクスワーゲン - イタリアとドイツの華麗なコラボレーション

https://goldenyokocho.jp/articles/645

イタリアのカロッツェリア・ギア社がデザインしドイツのボディ架装メーカー・カルマン社がボディワークを行いフォルクスワーゲンのタイプ1やタイプ3をベースに作られたクーペがカルマン・ギアだ。

日本でVWといえば…FLAT4

関連する投稿


タイプⅠ(ビートル) | フォルクスワーゲン - キレイなマリナーブルーのカブトムシ【旧車】

タイプⅠ(ビートル) | フォルクスワーゲン - キレイなマリナーブルーのカブトムシ【旧車】

キレイなマリナーブルーのタイプⅠ、いわゆる旧ビートルだ。1973年に新車で購入して、その後ずっと実用に供しているそうだよ。


デッキ型電気機関車 EF12形

デッキ型電気機関車 EF12形

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はなつかしき国鉄時代、貨物を引っ張っていたデッキ型電気機関車「EF12」をご紹介。


工事現場の危険をかわいくお知らせ!アニマルガード

工事現場の危険をかわいくお知らせ!アニマルガード

工事現場といえば、無骨な機械が並ぶ危険な場所。だが、近年その工事現場の区画を示すバリケードがやたらとかわいいことになっている。今回は、かわいいバリケード「アニマルガード」を、庶民文化研究所・町田忍さんのコレクションから紹介しよう。


役行者(えんのぎょうじゃ)

役行者(えんのぎょうじゃ)

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は修験道の開祖として信仰を集める「役行者像」をご紹介。


はんこ屋さんのはんこケース

はんこ屋さんのはんこケース

近年ではなにかとめんどくさがられがちなアイテム「はんこ」。時代の流れに押されて、街中ではんこ屋さんを見る機会も減ってきている。今回はそんな消えゆくはんこ屋さんの姿を庶民文化研究所所長・町田忍さんのコレクションで振り返る。


最新の投稿


タイプⅠ(ビートル) | フォルクスワーゲン - キレイなマリナーブルーのカブトムシ【旧車】

タイプⅠ(ビートル) | フォルクスワーゲン - キレイなマリナーブルーのカブトムシ【旧車】

キレイなマリナーブルーのタイプⅠ、いわゆる旧ビートルだ。1973年に新車で購入して、その後ずっと実用に供しているそうだよ。


ジェミニ セダンLT | いすゞ - GMとの協業によるグローバルカー

ジェミニ セダンLT | いすゞ - GMとの協業によるグローバルカー

1974年にGMとの協業の結果、初のグローバルカー構想(Tカー計画)で生まれたのが初代ジェミニだ。


昭和 死語の世界 ~モーレツ社員~

昭和 死語の世界 ~モーレツ社員~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和の勢いを思わせる「モーレツ社員」をご紹介。


【クルマニアックイズ】379本目

【クルマニアックイズ】379本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】378本目

【クルマニアックイズ】378本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!