コンテッサ900(初代・PC10型) | 日野 - 日野ルノーの製造を経て作ったオリジナル【旧車】

コンテッサ900(初代・PC10型) | 日野 - 日野ルノーの製造を経て作ったオリジナル【旧車】

旧車イベントに出かけるとかなりの確率で出会うことができる、日野コンテッサ。日野が乗用車を作っていたことを知っているとなると、やはり一定の年齢以上の世代になってしまうでしょう。日野自動車といえば、バスやトラックなどの商用車メーカーというイメージが強くあります。


日野が自社開発した唯一の乗用車の初代モデル

コンテッサ900(初代・PC10型)

・モデル名 :コンテッサ900(初代・PC10型)
・メーカー名:日野
・年式   :1963
・撮影場所 :第8回 石和温泉郷クラシックカーフェスティバル2018
・撮影者  :ミノ

商用車だけじゃない、日野自動車が誇る美しい乗用車

コンテッサ900(初代・PC10型)

日野自動車といえば、バスやトラックなどの商用車メーカーというイメージが強い。普段トラックなどを意識して見ない人には、日野という自動車メーカーそのものが印象が薄いかもしれないぐらいだ。
もっとも、最近だと「トントントントン、日野の2トン♪」とリリー・フランキーが歌うCMを目にすることもあるから、トラックのメーカーなんだな、というぐらいは知っている若い世代も増えてきただろう。

「若い世代」といったが、日野が乗用車を作っていたことを知っているとなると、やはり一定の年齢以上の世代になってしまうだろう。
旧車イベントに出かけるとかなりの確率で出会うことができる、日野コンテッサ。
伯爵夫人、の名の通り美しいセダンとクーペは、イベントの花形だ。

そんなコンテッサも、初代が1961年~65年、2代目が64~67年と、ごく短い期間しか作られていない。それも、半世紀ほど昔の話。
そしてその1モデルだけが、日野の開発・製造した唯一のオリジナルの乗用車なのだ。

コンテッサ900(初代・PC10型)

初代コンテッサ900(PC10型)は、ルノー4CVのライセンス生産を行った「日野ルノー」の製造を通じて得た経験を活かして開発した、日野オリジナルのRRタイプの乗用車だ。
イベント等では2代目となる「コンテッサ1300(PD100型/300型)」を見かけることはあるが、初代ともなるとかなり珍しい。
PC10型は4ドアセダンのみの設定で、RR車らしいフロントグリルレスのスタイルや大型丸目2灯、テールのフィンなどが特徴だ。これまたRR車の特徴ともいえる、リアに大きく切られた放熱用のルーバーも2代目と相通じるデザインだ。

基本的なレイアウトは日野ルノーを踏襲していて、ルノーエンジンを少し拡大した893cc・35馬力のエンジンを積む。リアエンジンではあるがコラムシフトを装備しているのも面白い点だ。

RR車をわざわざコラムシフトにするには、リンケージの取り回しなど結構面倒なはず。日野ルノーに続いてタクシーでの使用も多かったことも、コラム化が施された理由の一つだろう(スポーティモデルのコンテッサ900Sはフロアシフトだ)。

コンテッサ900(初代・PC10型)

日野ルノーの後継といっても、大幅に近代化が施されている。
左右のリアドア後端に設けられた大型エアインテークは、まるでその後のスポーツカーのようだ。
テールフィンの後ろに設けられた蝋燭型のテールランプは、アメリカ車からの影響も見て取れる。
なにより、4CVよりグラスエリアが大きく広がったことで、ルーミーで明るい車室を実現しているのがポイントだ。このあたりも、タクシー業界から人気が高かったポイントのひとつだろう。

ちなみに仏本国のルノーでは4CVの後継はドーフィンになるが、5年ほど後にデビューしたコンテッサは、より排気量が大きくボディは小さめで直線的なデザインを採用。ドーフィンより少し近代的になっている。
コンテッサは「伯爵夫人」の意なのは先にも触れたが、そのドーフィンは「皇太子」なので、うっすらと関係があるのかもしれない。

面白いのは、オプションで用意されていた電磁式自動クラッチの「シンコーヒノマチック」。これはポルシェのスポルトマチックにも似た仕組みで、とても使いやすかったと言われている。
しかもポルシェより日野のほうが実車に搭載したのが早かったというから驚きだ。
リアグラスに貼られた「暖房車」というステッカーが、なかなか新鮮だ。

コンテッサ900(初代・PC10型)

関連する投稿


ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープの開発した新しいトランスポーター、軽オート三輪。昭和27年の発売に先駆け、ホープ自動車に改組。文字通り希望の星として、「ホープスター」と名付けられました。初期型のSUは旧来のオートバイゆずりのバーハンドル、後期型のSYは丸型ハンドルです。


レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

初代の流れを受けた2代目レパードは、R31型スカイラインと基本コンポーネントを用いてより高級感やパーソナル感を強調する路線で誕生。ラインナップは2ドアクーペのみとなり、完全にトヨタ・ソアラを仮想敵として設定しているかのように見えました。


ジェミニ(初代・PF型系) | いすゞ - 世界中に兄弟がいる、元祖グローバルカー【旧車】

ジェミニ(初代・PF型系) | いすゞ - 世界中に兄弟がいる、元祖グローバルカー【旧車】

近年、世界中に適用させやすいベース車を開発し、それをさまざまなブランドで販売する車が現れるようになりました。いち早くこれを取り入れたうちの1台が、GM(アメリカのゼネラルモータース)の「Tカー(タイプTプラットフォーム)」ですが、そのTカーの日本版が、初代いすゞ・ジェミニです。


スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

昭和54年(1979年)に4代目スプリンターが登場。「トヨタ・ツインカム」を排ガス規制に対応させつつ磨き上げた、世界に誇るDOHCのハイメカニズムの結晶ともいうべき2T-GEUエンジンを搭載しています。ハイウェイクルーザーとしてその高い性能を遺憾なく発揮しました。


サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

昭和60年(1985年)、B12型・通称「トラッドサニー」の5ドアワゴン版が登場。サニーの乗用ワゴン「カリフォルニア」としては3代目、サニーとしては6代目にあたります。「フォルクスワーゲン・サンタナ」からの影響が色濃く反映された直線基調のデザインと高い品質が支持されていました。


最新の投稿


ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープの開発した新しいトランスポーター、軽オート三輪。昭和27年の発売に先駆け、ホープ自動車に改組。文字通り希望の星として、「ホープスター」と名付けられました。初期型のSUは旧来のオートバイゆずりのバーハンドル、後期型のSYは丸型ハンドルです。


【死語クイズ】堅実な様を表す死語ってなーんだ?

【死語クイズ】堅実な様を表す死語ってなーんだ?

昭和に散った「死語」を再び照らす「死語の世界」。かつて誰もが口にしたフレーズをどれだけ理解しているか問うクイズを出題。正解してもしなくても、人生にまったく影響しないがぜひこの死語を思い出していただきたい。 今回の死語クイズは、堅実さを表す言葉!今回のクイズは2問出題!


レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

初代の流れを受けた2代目レパードは、R31型スカイラインと基本コンポーネントを用いてより高級感やパーソナル感を強調する路線で誕生。ラインナップは2ドアクーペのみとなり、完全にトヨタ・ソアラを仮想敵として設定しているかのように見えました。


ボンネットバス その2

ボンネットバス その2

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のコレクションは2度目の登場!庶民の足として親しまれたボンネットバスをご紹介!


【クルマニアックイズ】218本目

【クルマニアックイズ】218本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!