911カレラ(2代目・930型) | ポルシェ - 今なお現役であり続ける空冷モデル【旧車】

911カレラ(2代目・930型) | ポルシェ - 今なお現役であり続ける空冷モデル【旧車】

クルマ好きならば一度は憧れたことがある人も多いだろう、スポーツカーの雄・ポルシェ911。なかでも2代目となる「930型」は、昔ながらのカエル顔のイメージが強く、ポルシェといえばコレ!という人も少なくありません。


78年以降はNAモデルも「930」となる

911カレラ(2代目・930型)

・モデル名 :911カレラ(2代目・930型)
・メーカー名:ポルシェ(西独)
・年式   :1985
・撮影場所 :第8回 石和温泉郷クラシックカーフェスティバル2018
・撮影者  :ミノ

究極の高性能実用車、とも言われる911カレラ

911カレラ(2代目・930型)

クルマ好きならば一度は憧れたことがある人も多いだろう、スポーツカーの雄・ポルシェ911。
4代目993型までの空冷フラット6エンジンを積んだ、いわゆる「空冷ポルシェ」は一番新しいモノでも20年以上前のモデルになるが、いまだに人気が高く中古車は高値どまりしている。
なかでも2代目となる「930型」は、昔ながらのカエル顔のイメージが強く、ポルシェといえばコレ!という人も少なくない。

他の車種であれば大古車もいいところで、よほどのクルマでなければ流通などしないところだが、ことポルシェに限っては40年以上前のモデルでも7割以上が現役というから驚きだ。
機械面が非常に丈夫で壊れないというのもあるけど、まるで金庫のように堅牢なボディがいつまでたってもヘタらないからともいわれる。
あのカキン!というドアの閉まる硬質な音を聴けば、それもまた納得させられてしまう。

911カレラ(2代目・930型)

2代目911は「930型」とされるが、930型とは本来2代目のターボモデル(ポルシェ・ターボ)を指すもの、と言われることがある。
2代目はNAモデルをひっくるめて「ビッグバンパー」なんて呼び方をされることもあるのだが、実はNAモデルは1977まで「901型」で、1978年以降は「930型」となるのだ。なので、年式によってはNAモデルを930型と呼んで差支えない(2代目は1974年~1989年の製造)。

ちなみにビッグバンパーというのは、当時のアメリカ連邦自動車安全基準により、「時速5マイルまでの衝突で、車両も人も傷つけない衝撃吸収型のバンパー」を装着せねばならないという規制に準じた装備をいう。
衝撃吸収部分がジャバラ状になっている後付け感の強いバンパーが多く、たとえばダットサンZ(S30型)など国内向けに比べかなり大きなバンパーが追加されているのを見たこともあるだろう。

911カレラ(2代目・930型)

911カレラはターボに比べて前後のフェンダーの張り出しが小さく、よりスマートなラインになっている。
リアのウイングも小ぶりな「カレラウイング」が装着され、「ターボウイング」とは形状が異なる。ターボはウイングの付け根部分にインタークーラーが入るスペースが取られるため、台座が大きくなっているのが違いだ。

日本では歴代911の人気はとても高いが、その理由のひとつに「高い実用性」というのがある。
イタリアのエキゾチックカーなどのような、1点モノに近い工芸品のような製造工程のクルマと違い、ポルシェは良くも悪くも「非常に精度の高い工業製品」である。
ゆえに、高い品質をきちんと担保し、かつ掛けたコストに見合う完成度を誇る。
しかも、+2とはいえ座れなくもないリアシートと意外と入るフロントトランクを備えている。
さほど気難しくもないので、その気になればコンビニやファミレスに乗っていくぐらいのチョイノリもできてしまうのだ(もちろん、日ごろの努力は要るだろうが)。

こんなスポーツカー、他にはちょっとない。

911カレラ(2代目・930型)

関連する投稿


ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープの開発した新しいトランスポーター、軽オート三輪。昭和27年の発売に先駆け、ホープ自動車に改組。文字通り希望の星として、「ホープスター」と名付けられました。初期型のSUは旧来のオートバイゆずりのバーハンドル、後期型のSYは丸型ハンドルです。


レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

初代の流れを受けた2代目レパードは、R31型スカイラインと基本コンポーネントを用いてより高級感やパーソナル感を強調する路線で誕生。ラインナップは2ドアクーペのみとなり、完全にトヨタ・ソアラを仮想敵として設定しているかのように見えました。


ジェミニ(初代・PF型系) | いすゞ - 世界中に兄弟がいる、元祖グローバルカー【旧車】

ジェミニ(初代・PF型系) | いすゞ - 世界中に兄弟がいる、元祖グローバルカー【旧車】

近年、世界中に適用させやすいベース車を開発し、それをさまざまなブランドで販売する車が現れるようになりました。いち早くこれを取り入れたうちの1台が、GM(アメリカのゼネラルモータース)の「Tカー(タイプTプラットフォーム)」ですが、そのTカーの日本版が、初代いすゞ・ジェミニです。


スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

昭和54年(1979年)に4代目スプリンターが登場。「トヨタ・ツインカム」を排ガス規制に対応させつつ磨き上げた、世界に誇るDOHCのハイメカニズムの結晶ともいうべき2T-GEUエンジンを搭載しています。ハイウェイクルーザーとしてその高い性能を遺憾なく発揮しました。


サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

昭和60年(1985年)、B12型・通称「トラッドサニー」の5ドアワゴン版が登場。サニーの乗用ワゴン「カリフォルニア」としては3代目、サニーとしては6代目にあたります。「フォルクスワーゲン・サンタナ」からの影響が色濃く反映された直線基調のデザインと高い品質が支持されていました。


最新の投稿


ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープの開発した新しいトランスポーター、軽オート三輪。昭和27年の発売に先駆け、ホープ自動車に改組。文字通り希望の星として、「ホープスター」と名付けられました。初期型のSUは旧来のオートバイゆずりのバーハンドル、後期型のSYは丸型ハンドルです。


【死語クイズ】堅実な様を表す死語ってなーんだ?

【死語クイズ】堅実な様を表す死語ってなーんだ?

昭和に散った「死語」を再び照らす「死語の世界」。かつて誰もが口にしたフレーズをどれだけ理解しているか問うクイズを出題。正解してもしなくても、人生にまったく影響しないがぜひこの死語を思い出していただきたい。 今回の死語クイズは、堅実さを表す言葉!今回のクイズは2問出題!


レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

初代の流れを受けた2代目レパードは、R31型スカイラインと基本コンポーネントを用いてより高級感やパーソナル感を強調する路線で誕生。ラインナップは2ドアクーペのみとなり、完全にトヨタ・ソアラを仮想敵として設定しているかのように見えました。


ボンネットバス その2

ボンネットバス その2

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のコレクションは2度目の登場!庶民の足として親しまれたボンネットバスをご紹介!


【クルマニアックイズ】218本目

【クルマニアックイズ】218本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!