ヒルマン・ミンクス(2代目・PH100型) | いすゞ - 後の名車たちにつながるセダン【旧車】

ヒルマン・ミンクス(2代目・PH100型) | いすゞ - 後の名車たちにつながるセダン【旧車】

ヒルマン・ミンクスは、いすゞがイギリスのルーツ社が製造していたセダンを完全ノックダウンで組み立て・販売していた中型セダンです。「ヒルマンミンクス」という呼ばれ方をすることが多いですが、正しくは英国ルーツ社のブランド「ヒルマン」の「ミンクス」という車名という建て付けになっています。


英国・ルーツ社製のセダンを完全ノックダウンでいすゞが製造

ヒルマン・ミンクス(2代目・PH100型)

・モデル名 :ヒルマン・ミンクス(2代目・PH100型)
・メーカー名:いすゞ
・年式   :1964
・撮影場所 :第8回 石和温泉郷クラシックカーフェスティバル2018
・撮影者  :ミノ

いすゞが乗用車市場に参入した先駆けのクルマ

ヒルマン・ミンクス(2代目・PH100型)

ヒルマン・ミンクスは現在は乗用車製造から撤退してしまったいすゞが、イギリスのルーツ社が製造していたセダンを完全ノックダウンで組み立て・販売していた中型セダンだ。

「完全ノックダウン」というのは、全ての部品を本国から輸入し、組み立てと販売を現地で行う方式をいう。部品は購入しなければいけないが、組み立てのノウハウを学ぶことができるため、戦後しばらくの間さかんに行われていた。
産業復興のために通産省が率先して推し進めていたようだ。
他メーカーでは日野ルノー(ルノーの4CVを製造)、日産のオースチンA40などが有名だね。

「ヒルマンミンクス」という呼ばれ方をすることが多いけど、正しくは英国ルーツ社のブランド「ヒルマン」の「ミンクス」という車名という建て付けだ。
ミンクスはヒルマンの大衆車なのだけど、日本では高級車として販売されていた。
まあ、当時の日本からしたら英国車なんてみんな高級車みたいなものだし、国産他メーカーの純国産車種と比べたらどうしたって上位クラスになってしまうだろう。

ヒルマン・ミンクス(2代目・PH100型)

初代・いすゞ ヒルマン・ミンクス(PH10型)はヒルマン・ミンクスMk-Ⅳ、2代目PH100型はMk-Ⅷのノックダウン生産をしたものだ。

いすゞはヒルマン・ミンクスの製造を通じて得たノウハウをもとに、後継モデルとなるベレルや小型量販車のベレットを開発した。
ヒルマン・ミンクスは日本でも人気が高かったため、ベレルやベレット登場後もしばらく製造が続けられていた。
1964年型は最終型に当たるのだけど、この頃になるとイギリス本国製のミンクスより、いすゞ製のほうが製造精度が高いとまで言われるほどになっていた。

いすゞは現在、残念ながら乗用車市場からは撤退してしまっているが、先に挙げたベレットの他にもいくつもの自動車史に残る名車を発表しているのは誰もが知る通り。
きっと自動車製造を学んだ題材となった、このヒルマン・ミンクスがとても良い教材だったからなのだろうと想像してしまう。

ヒルマン・ミンクス(2代目・PH100型)

関連する投稿


ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープの開発した新しいトランスポーター、軽オート三輪。昭和27年の発売に先駆け、ホープ自動車に改組。文字通り希望の星として、「ホープスター」と名付けられました。初期型のSUは旧来のオートバイゆずりのバーハンドル、後期型のSYは丸型ハンドルです。


レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

初代の流れを受けた2代目レパードは、R31型スカイラインと基本コンポーネントを用いてより高級感やパーソナル感を強調する路線で誕生。ラインナップは2ドアクーペのみとなり、完全にトヨタ・ソアラを仮想敵として設定しているかのように見えました。


ジェミニ(初代・PF型系) | いすゞ - 世界中に兄弟がいる、元祖グローバルカー【旧車】

ジェミニ(初代・PF型系) | いすゞ - 世界中に兄弟がいる、元祖グローバルカー【旧車】

近年、世界中に適用させやすいベース車を開発し、それをさまざまなブランドで販売する車が現れるようになりました。いち早くこれを取り入れたうちの1台が、GM(アメリカのゼネラルモータース)の「Tカー(タイプTプラットフォーム)」ですが、そのTカーの日本版が、初代いすゞ・ジェミニです。


スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

昭和54年(1979年)に4代目スプリンターが登場。「トヨタ・ツインカム」を排ガス規制に対応させつつ磨き上げた、世界に誇るDOHCのハイメカニズムの結晶ともいうべき2T-GEUエンジンを搭載しています。ハイウェイクルーザーとしてその高い性能を遺憾なく発揮しました。


サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

昭和60年(1985年)、B12型・通称「トラッドサニー」の5ドアワゴン版が登場。サニーの乗用ワゴン「カリフォルニア」としては3代目、サニーとしては6代目にあたります。「フォルクスワーゲン・サンタナ」からの影響が色濃く反映された直線基調のデザインと高い品質が支持されていました。


最新の投稿


ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープの開発した新しいトランスポーター、軽オート三輪。昭和27年の発売に先駆け、ホープ自動車に改組。文字通り希望の星として、「ホープスター」と名付けられました。初期型のSUは旧来のオートバイゆずりのバーハンドル、後期型のSYは丸型ハンドルです。


【死語クイズ】堅実な様を表す死語ってなーんだ?

【死語クイズ】堅実な様を表す死語ってなーんだ?

昭和に散った「死語」を再び照らす「死語の世界」。かつて誰もが口にしたフレーズをどれだけ理解しているか問うクイズを出題。正解してもしなくても、人生にまったく影響しないがぜひこの死語を思い出していただきたい。 今回の死語クイズは、堅実さを表す言葉!今回のクイズは2問出題!


レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

初代の流れを受けた2代目レパードは、R31型スカイラインと基本コンポーネントを用いてより高級感やパーソナル感を強調する路線で誕生。ラインナップは2ドアクーペのみとなり、完全にトヨタ・ソアラを仮想敵として設定しているかのように見えました。


ボンネットバス その2

ボンネットバス その2

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のコレクションは2度目の登場!庶民の足として親しまれたボンネットバスをご紹介!


【クルマニアックイズ】218本目

【クルマニアックイズ】218本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!