スカイライン2000GT-R(KPGC110型) | 日産 - 197台しか製造されなかったケンメリ【旧車】

スカイライン2000GT-R(KPGC110型) | 日産 - 197台しか製造されなかったケンメリ【旧車】

1972年9月のケンメリ登場から半年後、2ドアハードトップをベースにブラックアウトしたグリルやオーバーフェンダーといったハードな装いをまとった「2000GT-R」(KPGC110型)が追加されました。その凄みと言っていいほどの迫力を湛えたシルエットに、見るものは圧倒されたものです。


ケンメリは67万台以上製造されたうち、GT-Rは197台のみ

スカイライン2000GT-R(KPGC110型)

・モデル名 :スカイライン2000GT-R(4代目・KPGC110型)
・メーカー名:日産
・年式   :1973
・撮影場所 :第8回 石和温泉郷クラシックカーフェスティバル2018
・撮影者  :ミノ

ケンとメリーのスカイラインは、歴代最高のヒット作

スカイライン2000GT-R(KPGC110型)

人気の高い国産旧車は数あれど、その希少性もあって最も人気の高い車種のうちのひとつと言えるのが「ケンメリ」こと4代目スカイラインに設定された、GT-Rだ。

「ケンとメリーのスカイライン」のキャッチコピーで爆発的なヒット作となった4代目スカイライン。1972年から77年の5年間で67万台以上が製造された。
若い男女がスカイラインに乗り日本中を旅するというシリーズもののCMが放映され、それまでのスカイラインが持っていた、レースで強い、高性能でタフなスポーツ性といった硬派なイメージとは異なるソフトさをアピールするものだった。

その人気はすさまじかった。
アパレル商品を始めとして様々なケンメリグッズが作られ、それらがまた爆発的に売れていた。それはもう、社会現象といってもよいほどのフィーバーぶりだった。

ただ、ソフトなイメージを重視したといっても、そこはやはりスカイラインだ。
1972年9月のケンメリ登場から半年後、そのスポーツイメージを一身に受け、2ドアハードトップをベースにブラックアウトしたグリルやオーバーフェンダーといったハードな装いをまとった「2000GT-R」(KPGC110型)が追加されたのだった。
その凄みと言っていいほどの迫力を湛えたシルエットに、見るものは圧倒された。

スカイライン2000GT-R(KPGC110型)

先代のC10型「ハコスカ」と同様、2000ccのS20型エンジンを搭載し、ブラックアウトした専用のグリル、リベット留めされた黒いオーバーフェンダー、そびえたつようなリアスポイラーを装備したGT-Rは、たった197台が製造されたに過ぎない。
そのうち2台はレース仕様車で、しかも実際にはレースに出場はしなかった。
だが先に述べたようなケンメリグッズやモデルカー等を通じ多くの人の目に触れ、ケンメリ人気をさらに高めることにつながった。

197台しか製造されなかったのは、当時毎年のように強化される排ガス規制に対応が難しかったからとされているが、GT-Rに装備されていたミクニ製のソレックスキャブレター(S20型用)の在庫が197台分しかなかったからとも言われている。
(ただし、生産台数については近年、200台と少しが製造されていたことを示す資料も出てきているようだ)

結果的にそれがケンメリGT-Rの希少性ともなり、後のR32型までGT-Rがラインナップされなかったことも加わって、ファンにとって堪らない存在となっていったのだ。

スカイライン2000GT-R(KPGC110型)

現在は旧車趣味の王道の車種のひとつとして、多くのファンに愛されているケンメリGT-R。
登場から45年が経つ現在も、その人気が衰えることはない。

2ドアHTをベースに作られた「GT-R仕様」も多くみられるようだが、もともと希少なクルマを再現するのだって旧車の楽しみ方の大事なひとつだと言っていいだろう。
こうしてイベントなどで見かけると、ファンはやっぱり笑顔になるじゃないか。
それに、集まっている人たちみんなとても楽しそうなのだしね。

関連する投稿


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

トヨタの1600GT、RT55型です。地味な見た目ですが、日産GT-Rと覇を競った実力派レースカー!とはいえ、それが原因で悲劇にも見舞われるわけですが…。越後丘陵公園クラシックカー展2017にて撮影。


スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインはやっぱり最強のスポーツカーでなきゃいけない

スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインはやっぱり最強のスポーツカーでなきゃいけない

久しぶりのDOHCエンジン復活で、スカイライン覇権の夢を再び!


ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

いすゞのヒルマンミンクスPH100型です。英国車であるヒルマンミンクスを、いすゞが完全ノックダウン方式で作った車。この1台でいすゞは乗用車の技術を学び、以後名車を作り出していくことになります。クラシックカーフェスティバル in 所沢2017にて撮影。


スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

トヨタ・スプリンタートレノの2代目、中期型に当たるTE61型です。写真の車は限定カラーのブラックトレノ。排ガス規制に揺れ、いったん消え、また復活するという不思議な運命をたどった車です。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


最新の投稿


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

あるときは食べ物を食べる道具として、またあるときは歯に挟まったのを取るのに重宝する楊枝。甘味処や和菓子に用いるときはその名を変える。庶民文化研究の大家 町田忍さんにそのあたりの話を聞いた。今回も庶民文化研究所収蔵のコレクションとともに。


昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和を代表するアイドル系死語。その中でも異彩を放つのりピー語の世界をご紹介しよう。


1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

トヨタの1600GT、RT55型です。地味な見た目ですが、日産GT-Rと覇を競った実力派レースカー!とはいえ、それが原因で悲劇にも見舞われるわけですが…。越後丘陵公園クラシックカー展2017にて撮影。


【クルマニアックイズ】246本目

【クルマニアックイズ】246本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!