昭和に散った死語の世界 ~バイナラ~

昭和に散った死語の世界 ~バイナラ~

昭和に散った死語にあらためて令和の光をあてる「死語の世界」。今回は一斉を風靡した別れの言葉「バイナラ」をご紹介。欽ちゃんファミリーである斎藤清六発祥の死語について光をあててみよう。


バイナラ

死語解説:バイナラ[感動詞]

「欽ちゃんのどこまでやるの!」通称「欽どこ」内で、欽ちゃんファミリーである斎藤清六が演じる「たよりないアナウンサー」の台詞。バイナラと言うとラナイバと逆から呼んで応えるなどされていた。いうまでもなくバイバイとサヨナラを合体した言葉である。

時代背景

お待たせしました、「死語の時間」の時間がやってまいりました。

今なお活躍しているバラエティーの大御所、萩本欽一師匠、通称欽ちゃん。
バイナラという言葉が生まれたのは、そんな欽ちゃんの冠番組「欽ちゃんのどこまでやるの?」の中のワンコーナーだ。
生み出したのは斎藤清六さん。
欽ちゃんが葬式のスピーチを斎藤清六さん頼みたい、なんて逸話もあるとか、ないとか。そんな欽ちゃんファミリーの一員、斎藤清六さん。

「欽どこ」内の「村の時間」なるコーナーで、たよりないアナウンサーを演じる斎藤清六さんが放った締めの言葉が「バイナラ、ラナイバ」だ。
このコーナーをきっかけにバイナラはさようならに代わる別れの言葉として一斉を風靡したのである。
「村の時間」の時間がやってまいりました。というフレーズも大ウケしていたっけ。

バイナラのように、挨拶を独自の言い回しで表現した死語は案外多い。例えばバイビーとか、アラレちゃん発祥のバイチャも同じくサヨナラを意味する言葉だ。
挨拶を全てひっくるめて「おはこんばんちは」なんて言葉もあったっけ。
それではみなさんまた次回「死語の世界」でお会いしましょう。ごきげんよう。バイナラ。

ギャグ系死語シリーズ

「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」…あのころの幸せなサラリーマンよ、もう一度

https://goldenyokocho.jp/articles/2529

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。今回の死語は名優・植木等のあの名言!今では一生ひとつの会社に勤めるなんて言っていられない時代になってしまったけど、あのころのサラリーマンはこんな揶揄をされていたものだった……。バカにされるくらい安定していたあの時代よ、カムバーーーーーーック!

昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~お呼びでない?~

https://goldenyokocho.jp/articles/3165

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は番外編。昭和に散った「ギャグ系死語」。初回は「お呼びでない?」。日本のサラリーマンの権化とも言える植木等を代表するギャグである。

昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~ガチョーン~

https://goldenyokocho.jp/articles/3182

「死語の世界・番外編」。昭和に散った「ギャグ系死語」。今回はトロンボーン奏者としても有名な谷啓さんの伝説的なギャグ「ガチョーン」をご紹介!昭和の時代を代表する懐かしきギャグに迫る。

昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~アッと驚くタメゴロー~

https://goldenyokocho.jp/articles/3195

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和の名作ギャグにして、今や死語と化したあのギャグ。昭和を代表する伝説のコミックバンド「ハナ肇とクレージーキャッツ」のリーダー、ハナ肇の渾身のギャグ「アッと驚くタメゴロー」について語ろう。

昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~ちょっとだけよ~~

https://goldenyokocho.jp/articles/3204

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和に散った「ギャグ系死語」シリーズ。今なお人気者の加藤茶が放った傑作ギャグ「ちょっとだけよ~」を紹介する。

昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~青島だぁ~

https://goldenyokocho.jp/articles/3223

昭和に散った死語にあらためて令和の光をあてる「死語の世界」。今回も「死語の世界・番外編」、昭和に散った「ギャグ系死語」を取り上げる。かつて都知事を務めた青島幸男が放送作家時代に放った渾身のギャグ「青島だぁ」を照らす!

関連する投稿


死語辞典vol.10:よっこいしょういち

死語辞典vol.10:よっこいしょういち

昭和の流行語→現代の死語を解説する死語辞典。 「よっこいしょういち」の意味や成り立ち、現代語訳をご紹介。


死語辞典vol.09:あたり前田のクラッカー

死語辞典vol.09:あたり前田のクラッカー

昭和の流行語→現代の死語を解説する死語辞典。 「あたり前田のクラッカー」の意味や成り立ち、現代語訳をご紹介。


死語辞典vol.08:メンチ切る

死語辞典vol.08:メンチ切る

昭和の流行語→現代の死語を解説する死語辞典。 「メンチ切る」の意味や成り立ち、現代語訳をご紹介。


死語辞典vol.07:ドロン

死語辞典vol.07:ドロン

昭和の流行語→現代の死語を解説する死語辞典。 「ドロン」の意味や成り立ち、現代語訳をご紹介。


死語辞典vol.06:巻き戻し

死語辞典vol.06:巻き戻し

昭和の流行語→現代の死語を解説する死語辞典。 「巻き戻し」の意味や成り立ち、現代語訳をご紹介。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】549本目

【クルマニアックイズ】549本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】548本目

【クルマニアックイズ】548本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】547本目

【クルマニアックイズ】547本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


昭和レトロな風景:鳩サブレー(のコースター)

昭和レトロな風景:鳩サブレー(のコースター)

昭和レトロなエモいアイテムを紹介していく昭和レトロな風景。 今回は鎌倉の定番土産『鳩サブレー』。そのロゴが描かれたコースター。 アイテム提供は庶民文化研究所所長・町田忍さん!


【クルマニアックイズ】546本目

【クルマニアックイズ】546本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!