サニートラック(R-GB122型) | 日産 - レトロチックで様々な楽しみ方があるサニトラ

サニートラック(R-GB122型) | 日産 - レトロチックで様々な楽しみ方があるサニトラ

2代目ダットサン・サニーのB110型をベースにピックアップ化された、サニトラ2代目にあたるB120型。本家のB110サニーが1973年に次のB210型にモデルチェンジしてからも、なんと1994年まで作り続けられました。


B110型サニーをベースに国内で23年間も作られ続けた

サニートラック(R-GB122型)

・モデル名 :サニートラック(2代目・R-GB122型)
・メーカー名:日産
・年式   :1991
・撮影場所 :第8回 石和温泉郷クラシックカーフェスティバル2018
・撮影者  :ミノ

角目はビッグマイナーを経たサニトラ後期型の特徴

サニートラック(R-GB122型)

2代目ダットサン・サニーのB110型をベースにピックアップ化された、サニトラ2代目にあたるB120型。
本家のB110サニーが1973年に次のB210型にモデルチェンジしてからも、なんと1994年まで作り続けられた。

国内ではサニートラックとバネットトラックが車種統合されたためサニトラは同年に廃止になったのだけど、なんと海外では南アフリカ製のサニトラ「1400バッキー」が2008年まで製造され、アジア諸国やオセアニアなどで走り回っていたんだ。
構造がシンプルでタフなうえに、現地の部品でも簡単に修理できるのが人気の秘密のひとつだったと言われている。
世界で働くクルマとしては、これはとても大事な性能でもあるね。

さらにいうと、レトロチックなスタイルのわりに比較的近年まで製造されていたがゆえに品質は高いし、部品の入手も容易だということでもある。手軽に旧車を楽しむにはもってこいの素材だし、自分で手を汚してクルマをいじりたい向きにもピッタリだ。

サニートラック(R-GB122型)

B110型サニーといえば、チューニングのノウハウは豊富だし、A型エンジンは丈夫でよく回るし、スポーティな走行フィールが人気の旧車だ。
当然のようにサニトラもそのスタイルに似合わず(いや、結構イメージどおりかもしれないけど)なかなか侮れない動力性能を誇る。

それに、ほかの小型ピックアップとちがいキャビン(車室)とベッド(荷台)が別ボディに分かれておらず、整ったラインのワンピースボディとなっている。
これがとてもスタイリッシュなこともあって、走り系だけでなくドレスアップ向きの素材としても用いられるケースが多いね。

2代目サニトラことB120型は、1971年のデビューから1977年までの前期型、1977年~1989年までの中期型、1989年~1994年(海外は2008年)までの後期型の3タイプに分かれる。
サニトラといえば丸目2灯のイメージが強くこれにコンバートされているケースもあるが、角目2灯は1989年以降の後期型の最大の特徴だ。
もちろん、この角目のいわゆる汎用角形ライトなので、世界中どこでも手に入る。

中期型は茶色系の内装だったのが、後期型はグレー系と黒で統一されていてだいぶ現代車(イマシャ)っぽいイメージになるよ。
フロントにディスクブレーキが奢られていたり、触媒の改良により現在の改正NOx・PM法にも対応できる仕様になっているのもポイントだ。

サニートラック(R-GB122型)

関連する投稿


スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

昭和54年(1979年)に4代目スプリンターが登場。「トヨタ・ツインカム」を排ガス規制に対応させつつ磨き上げた、世界に誇るDOHCのハイメカニズムの結晶ともいうべき2T-GEUエンジンを搭載しています。ハイウェイクルーザーとしてその高い性能を遺憾なく発揮しました。


サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

昭和60年(1985年)、B12型・通称「トラッドサニー」の5ドアワゴン版が登場。サニーの乗用ワゴン「カリフォルニア」としては3代目、サニーとしては6代目にあたります。「フォルクスワーゲン・サンタナ」からの影響が色濃く反映された直線基調のデザインと高い品質が支持されていました。


ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

2代目となったミラでは、ライバルのアルト(アルトワークス)に先駆けて、専用エアロパーツで武装し専用チューンを施した高性能バージョン『TR-XX』を発売。ハイパフォーマンス軽という新ジャンルを生み出した。


サニー1000デラックス(初代・B10型) | 日産 - 約800万通から名前を決めた【旧車】

サニー1000デラックス(初代・B10型) | 日産 - 約800万通から名前を決めた【旧車】

各社が700~1000ccクラスの小型ベーシックカーの開発を急ピッチで進めるなか、日産社内でもダットサンやブルーバードに続く小型モデルが求められていた。そこで新たに誕生したのが、そののち長く小排気量クラスを担う主力車種、サニーだった。


カローラレビン1600GT(2代目後期・TE55型) | トヨタ - 規制に翻弄されたレビン【旧車】

カローラレビン1600GT(2代目後期・TE55型) | トヨタ - 規制に翻弄されたレビン【旧車】

2代目レビンは昭和50年排出ガス規制をクリアすることができず、デビューの翌年にわずか256台をもって製造中止となってしまった。そして2年の月日が流れ去り、昭和52年(1977年)1月、レビンがモデルチェンジしたという体で、トレノとともに復活。それが、2代目後期型・TE55型カローラレビンだ。


最新の投稿


サトちゃんに並ぶ薬局のアイドル!コーワのケロちゃんコロちゃん

サトちゃんに並ぶ薬局のアイドル!コーワのケロちゃんコロちゃん

薬局のアイドル「サトちゃん」。ライバルといえばコーワの「ケロちゃんコロちゃん」だろう。あのサトちゃんよりもマスコット歴が長いケロちゃんコロちゃんの懐かしい姿を庶民文化研究所・町田忍所長のコレクションからご紹介しよう。


【クルマニアックイズ】215本目

【クルマニアックイズ】215本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

昭和54年(1979年)に4代目スプリンターが登場。「トヨタ・ツインカム」を排ガス規制に対応させつつ磨き上げた、世界に誇るDOHCのハイメカニズムの結晶ともいうべき2T-GEUエンジンを搭載しています。ハイウェイクルーザーとしてその高い性能を遺憾なく発揮しました。


【クルマニアックイズ】214本目

【クルマニアックイズ】214本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

昭和60年(1985年)、B12型・通称「トラッドサニー」の5ドアワゴン版が登場。サニーの乗用ワゴン「カリフォルニア」としては3代目、サニーとしては6代目にあたります。「フォルクスワーゲン・サンタナ」からの影響が色濃く反映された直線基調のデザインと高い品質が支持されていました。