カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

昭和58年(1983年)、カローラも5代目にモデルチェンジに際してついにFF化されることになりました。ところが、やはりトヨタというのは手堅い会社なのか、カローラシリーズのなかでスポーティなイメージのクーペやノッチバック、3ドアハッチのモデルはFRのままに。それが、レビン/トレノのAE86型というわけです。


カローラシリーズ最後の後輪駆動車は、今なお愛好する人が多い

カローラレビンGTV(AE86)

・モデル名 :カローラレビン1600GTV(AE86型)
・メーカー名:トヨタ
・年式   :1986
・撮影場所 :第8回 石和温泉郷クラシックカーフェスティバル2018
・撮影者  :ミノ

イイ意味で古典的で動きの軽さが気持ちよい

カローラレビンGTV(AE86)

昭和58年(1983年)、それまでFRレイアウトを採用し、小型でスタンダードなセダン/クーペで軽やかなドライブフィールを誇ったカローラも5代目にモデルチェンジに際してついにFF化されることになった。
すでに小型車の多くは横置きFFレイアウトが多くなってきていたが、大メーカー・トヨタの最も台数の多い車種であるカローラもFFを採用したことで、世の中の趨勢はもうFF主流になることが決まったようなものだった。

ところが、やはりトヨタというのは手堅い会社なのか、カローラシリーズのなかでスポーティなイメージのクーペやノッチバック、3ドアハッチのモデルはFRのままにした。やはりスポーツイメージにFFは似合わないという判断だったのだろうか。それが、レビン/トレノのAE86型というわけだ。

その形式名称から「ハチロク」の愛称で呼ばれ、スポーツドライブの入門車にして旧車スポーツカーの雄ともなっているのは誰もが知るところ。
いうなれば、釣りはフナに始まってフナに終わる、みたいな趣味車になっているところがある。
なんにせよ、現在もFRスポーツカーのスタンダードとして、愛好する人も多いのだ。

カローラレビンGTV(AE86)

その昔、ヤングマガジン(講談社)で連載していた「頭文字D」(イニシャルD)で主人公の駆る最強の峠マシンとして取り上げられ、その人気に火がついたのは知っている人も多いだろう。
非力ながらもダウンヒルではとても速く、並み居るGT-RだのRX-7だのといったハイパワー車を蹴散らす姿は、大変な人気となった。

じっさい、ハチロクは乗ってみれば軽くてまずまずの剛性感もあり、比較的テールハッピーだけどもコントロール性もいいことからスポーツドライビングの入門車としては最適なうちのひとつだ。
当時はヒット車種なのでパーツに困ることもなく、チューニングやドライビングのノウハウも豊富だし、楽しむにもってこいだった。

もっとも、今となっては立派な旧車になってしまって、気軽にかっ飛ばすようなクルマではなくなってしまったかも知れない。
実際、程度のいい車両の引き合いはすごいらしいし、先述のイニシャルDがアジア各国を始めとする海外でも大人気で、海外から熱烈なファンが求めにくるケースも多いのだそうだ。

レビンとトレノの名称は以前はカローラ/スプリンターシリーズの最強グレードを指す称号だったのだが、5代目(E80型系)にモデルチェンジした際にシリーズのクーペ系モデル全体につけられることになった。
レビン/トレノそれぞれに2ドアクーペと3ドアハッチが設定された。レビンはセダンとも近いスラントノーズにスポーティなグリルが与えられ、トレノはリトラクタブルライトが奢られている。
ちなみに2ドアのほうがボディ剛性が高くて軽量なのでラリーやジムカーナなどでも人気があり、3ドアはサーキットや峠でも好まれたようだ。

関連する投稿


ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープの開発した新しいトランスポーター、軽オート三輪。昭和27年の発売に先駆け、ホープ自動車に改組。文字通り希望の星として、「ホープスター」と名付けられました。初期型のSUは旧来のオートバイゆずりのバーハンドル、後期型のSYは丸型ハンドルです。


レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

初代の流れを受けた2代目レパードは、R31型スカイラインと基本コンポーネントを用いてより高級感やパーソナル感を強調する路線で誕生。ラインナップは2ドアクーペのみとなり、完全にトヨタ・ソアラを仮想敵として設定しているかのように見えました。


ジェミニ(初代・PF型系) | いすゞ - 世界中に兄弟がいる、元祖グローバルカー【旧車】

ジェミニ(初代・PF型系) | いすゞ - 世界中に兄弟がいる、元祖グローバルカー【旧車】

近年、世界中に適用させやすいベース車を開発し、それをさまざまなブランドで販売する車が現れるようになりました。いち早くこれを取り入れたうちの1台が、GM(アメリカのゼネラルモータース)の「Tカー(タイプTプラットフォーム)」ですが、そのTカーの日本版が、初代いすゞ・ジェミニです。


スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

昭和54年(1979年)に4代目スプリンターが登場。「トヨタ・ツインカム」を排ガス規制に対応させつつ磨き上げた、世界に誇るDOHCのハイメカニズムの結晶ともいうべき2T-GEUエンジンを搭載しています。ハイウェイクルーザーとしてその高い性能を遺憾なく発揮しました。


【クルマニアックイズ】214本目

【クルマニアックイズ】214本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


最新の投稿


ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープの開発した新しいトランスポーター、軽オート三輪。昭和27年の発売に先駆け、ホープ自動車に改組。文字通り希望の星として、「ホープスター」と名付けられました。初期型のSUは旧来のオートバイゆずりのバーハンドル、後期型のSYは丸型ハンドルです。


【死語クイズ】堅実な様を表す死語ってなーんだ?

【死語クイズ】堅実な様を表す死語ってなーんだ?

昭和に散った「死語」を再び照らす「死語の世界」。かつて誰もが口にしたフレーズをどれだけ理解しているか問うクイズを出題。正解してもしなくても、人生にまったく影響しないがぜひこの死語を思い出していただきたい。 今回の死語クイズは、堅実さを表す言葉!今回のクイズは2問出題!


レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

初代の流れを受けた2代目レパードは、R31型スカイラインと基本コンポーネントを用いてより高級感やパーソナル感を強調する路線で誕生。ラインナップは2ドアクーペのみとなり、完全にトヨタ・ソアラを仮想敵として設定しているかのように見えました。


【クルマニアックイズ】218本目

【クルマニアックイズ】218本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】217本目

【クルマニアックイズ】217本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!