ADバン(VB11型) | 日産 - タフで軽くて意外なほどスポーティ【旧車】

ADバン(VB11型) | 日産 - タフで軽くて意外なほどスポーティ【旧車】

ニッポンの誇るビジネスマンズ・エクスプレス、それが小型セダンをベースに荷室を拡大した、4ナンバーのバンです。5代目・B11型系サニーをベースにしたバンモデルはサニーから独立し、ADバンとなりました。B11サニーと同じ、旧来のA型ではなくE13型やE15型のSOHCエンジンを積んでいます。


平日の夕方、登りの高速でカッ飛ぶ姿が逞しいビジネス・エクスプレス

ADバン(VB11型)

・モデル名 :ADバン 1.5DX(初代・VB11型)
・メーカー名:日産
・年式   :1988
・撮影場所 :第8回 石和温泉郷クラシックカーフェスティバル2018
・撮影者  :ミノ

足元を引き締めると、バンは意外なほどカッコよくなる

ADバン(VB11型)

ニッポンの誇るビジネスマンズ・エクスプレス、それが小型セダンをベースに荷室を拡大した、4ナンバーのバンだ。

テレビCMではカッコいいスーツをビシっと決めたエリートが高級セダンでハイウェイをぶっ飛ばしているけど、そんなのは幻想だ。そりゃあ、ドイツのアウトバーンとかなら分からなくもないけどさ。
背広の上着を助手席の背もたれにかけて、ネクタイ緩めて袖をまくって夕方の高速道路の登り車線をカッ飛ぶように走るのが、日本の正しいビジネスマンというものだ。

・・・というのもまた幻想かもしれないが、いわゆる営業バンが実はめちゃくちゃ速くて乗ると意外なほどスポーティなのも事実。
5代目・B11型系サニーをベースにしたバンモデルはサニーから独立し、ADバンとなった。
販売会社ごとにサニーADバンとかパルサーADバンとか呼ばれたりもする。

B11サニーと同じ、旧来のA型ではなくE13型やE15型のSOHCエンジンを積む。
商用車だけに余計な装備が省かれたぶん軽量で、かつ長期間の使用に耐えるようボディや足回りはしっかりしているため意外なほどスポーティに走れたりする。
夕方の高速での雄姿は、ダテじゃあないのだ。
吊るしだとどうしてもタイヤとホイールはチープになりがちだから、足回りをアップグレードしたくなるのはよく分かる。

ADバン(VB11型)

実用車とか商用ワゴンなどを、仕事だけじゃなく普段もカッコよく楽しく乗ろうとしてカスタムを施すスタイルは、もともとはアメリカの西海岸やドイツからブームが起こったともいわれている(もちろん日本でも昔からある)。
アメリカでは特に車高をオトしてハデなペイントにしたり、モール類をとっぱらって面を強調するスムージングが流行ったりした。

逆にドイツを中心とするヨーロッパでは、車種名が分からないようにロゴバッジを外したり、グリルやバンパーをブラックアウトするのが特に90年代に人気だった。
エアロは付けず(もしくは最小限で)車高をギリギリまで下げ、薄いタイヤをツライチにセットするなどした実用車は、やはり若者に人気のスタイルで、ニュルルックなんて呼ばれていた。
ニュルブルクリンク(サーキット)を走る走り屋のスタイルらしい。日本とちがって首都高や環状線のようなところがほとんどないから、ニュルに行くのだろうか。

どちらのスタイルがベースなのか、あるいはオリジナルなものなのかは分からないけど、えらく速そうでとてもキマったスタイルのバンは、やはり見るものをぐっと惹きつけるものがある。
なんというか、雰囲気がある、とでもいうのだろうか。
日々これを転がしていたら、ちょっとした曲がり角もそこはヒール&トゥで走り抜けたくなるかも知れない。ATでも、そこは気分だ。

ADバン(VB11型)

関連する投稿


ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープの開発した新しいトランスポーター、軽オート三輪。昭和27年の発売に先駆け、ホープ自動車に改組。文字通り希望の星として、「ホープスター」と名付けられました。初期型のSUは旧来のオートバイゆずりのバーハンドル、後期型のSYは丸型ハンドルです。


レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

初代の流れを受けた2代目レパードは、R31型スカイラインと基本コンポーネントを用いてより高級感やパーソナル感を強調する路線で誕生。ラインナップは2ドアクーペのみとなり、完全にトヨタ・ソアラを仮想敵として設定しているかのように見えました。


ジェミニ(初代・PF型系) | いすゞ - 世界中に兄弟がいる、元祖グローバルカー【旧車】

ジェミニ(初代・PF型系) | いすゞ - 世界中に兄弟がいる、元祖グローバルカー【旧車】

近年、世界中に適用させやすいベース車を開発し、それをさまざまなブランドで販売する車が現れるようになりました。いち早くこれを取り入れたうちの1台が、GM(アメリカのゼネラルモータース)の「Tカー(タイプTプラットフォーム)」ですが、そのTカーの日本版が、初代いすゞ・ジェミニです。


スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

昭和54年(1979年)に4代目スプリンターが登場。「トヨタ・ツインカム」を排ガス規制に対応させつつ磨き上げた、世界に誇るDOHCのハイメカニズムの結晶ともいうべき2T-GEUエンジンを搭載しています。ハイウェイクルーザーとしてその高い性能を遺憾なく発揮しました。


サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

昭和60年(1985年)、B12型・通称「トラッドサニー」の5ドアワゴン版が登場。サニーの乗用ワゴン「カリフォルニア」としては3代目、サニーとしては6代目にあたります。「フォルクスワーゲン・サンタナ」からの影響が色濃く反映された直線基調のデザインと高い品質が支持されていました。


最新の投稿


ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープの開発した新しいトランスポーター、軽オート三輪。昭和27年の発売に先駆け、ホープ自動車に改組。文字通り希望の星として、「ホープスター」と名付けられました。初期型のSUは旧来のオートバイゆずりのバーハンドル、後期型のSYは丸型ハンドルです。


【死語クイズ】堅実な様を表す死語ってなーんだ?

【死語クイズ】堅実な様を表す死語ってなーんだ?

昭和に散った「死語」を再び照らす「死語の世界」。かつて誰もが口にしたフレーズをどれだけ理解しているか問うクイズを出題。正解してもしなくても、人生にまったく影響しないがぜひこの死語を思い出していただきたい。 今回の死語クイズは、堅実さを表す言葉!今回のクイズは2問出題!


レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

初代の流れを受けた2代目レパードは、R31型スカイラインと基本コンポーネントを用いてより高級感やパーソナル感を強調する路線で誕生。ラインナップは2ドアクーペのみとなり、完全にトヨタ・ソアラを仮想敵として設定しているかのように見えました。


ボンネットバス その2

ボンネットバス その2

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のコレクションは2度目の登場!庶民の足として親しまれたボンネットバスをご紹介!


【クルマニアックイズ】218本目

【クルマニアックイズ】218本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!