マークⅡ2600グランデ | トヨタ - アメ車の雰囲気ただようラグジュアリークーペ【旧車】

マークⅡ2600グランデ | トヨタ - アメ車の雰囲気ただようラグジュアリークーペ【旧車】

ベストセラーカー・コロナの「マークⅡ」(2世)としつつも、レジャーカーや遊びグルマのイメージで押して結果的に苦戦してしまった先代の反省をうけ、トヨタが設定した開発コンセプトはなんと「堅気になろう、3代目」。マークⅡのイメージリーダーでもある、最上位の「グランデ」というブランドはこの3代目から設定された。


開発コンセプトは「堅気になろう、3代目」!?

マークⅡ2600グランデ

・モデル名 :コロナマークⅡ 2600グランデ(3代目・X40型)
・メーカー名:トヨタ
・年式   :1979
・撮影場所 :第8回 石和温泉郷クラシックカーフェスティバル2018
・撮影者  :ミノ

大きく開口する2ドアHTのサイドウインドウが魅力的

マークⅡ2600グランデ

ベストセラーカー・コロナの「マークⅡ」(2世)としつつも、レジャーカーや遊びグルマのイメージで押して結果的に苦戦してしまった先代の反省をうけ、トヨタが設定した開発コンセプトはなんと「堅気になろう、3代目」。

に、2代目マークⅡ(X10型、X20型)はカタギじゃなかったのか・・・と思わずズッコケてしまいそうだけど、これは「レジャーカーなどの遊び目的ではなく、正当なセダンやクーペを作ろう」という意気込みだったのだろう。たぶんそうだ。

そこで採られた戦略が、当時アメリカ車で大人気だった「ヨーロピアンテイストのクラシック路線」だ。
わかったようなわからないようなコンセプトだけど、欧州車のちょい古めのクルマのイメージを求めていたのようだ。やわらかいボディラインだったり、適度にちりばめられたメッキパーツ(ギラギラ系ではない)だったり、明るい色のモケットの内装だったりがそれにあたるだろう。

当時日本ではあこがれの外車といえばまだドイツ車などの質実剛健なクルマではなく、豊かさを感じさせるアメリカ車だったのだろう。そのアメリカ車のお手本が、欧州車だったというのはなんだか回り道のようだが面白い話だ。

「ブタ目」と呼ばれる大型丸2灯+内側のフォグランプは、マークⅡの印象を強くするデザインだ。
さらにこれが2ドアHTと組み合わされると実にアメリカンな雰囲気の豪華なクーペといった様相になり、人気を博したんだ。
この仕様はMX30クレシーダ・ハードトップとしてヨーロッパで販売されていたんだけど、なぜか北米には輸出されなかったようだ。やはり本家だからなのかな。

マークⅡ2600グランデ

マークⅡのイメージリーダーでもある、最上位の「グランデ」というブランドはこの3代目から設定された。
なかでも2600ccのグランデは、マークⅡがはじめて3ナンバーになったモデルでもある。
後期型ではオプションで大型の衝撃吸収バンパーが選べるようになったのだけど、これはいわゆるアメリカの5マイルバンパーを装着したようになり、よりアメリカンな雰囲気が増すので人気があった。

ちなみにこの3代目のころにブランド名が「トヨペット」から「トヨタ」に移行していったので、時期によってリアトランクのロゴがTOYOPETとTOYOTAがあるよ。
姉妹車のチェイサーが設定され、トヨタオート店で販売が開始されるようになった。
3代目のマークⅡはこうやってイベントでたまに見かけることがあるけど、チェイサーはほとんど見かけなくなってしまったね。
ビスタ店で販売されたクレスタは、この後の世代で登場するよ。

マークⅡ2600グランデ

関連する投稿


ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープの開発した新しいトランスポーター、軽オート三輪。昭和27年の発売に先駆け、ホープ自動車に改組。文字通り希望の星として、「ホープスター」と名付けられました。初期型のSUは旧来のオートバイゆずりのバーハンドル、後期型のSYは丸型ハンドルです。


レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

初代の流れを受けた2代目レパードは、R31型スカイラインと基本コンポーネントを用いてより高級感やパーソナル感を強調する路線で誕生。ラインナップは2ドアクーペのみとなり、完全にトヨタ・ソアラを仮想敵として設定しているかのように見えました。


ジェミニ(初代・PF型系) | いすゞ - 世界中に兄弟がいる、元祖グローバルカー【旧車】

ジェミニ(初代・PF型系) | いすゞ - 世界中に兄弟がいる、元祖グローバルカー【旧車】

近年、世界中に適用させやすいベース車を開発し、それをさまざまなブランドで販売する車が現れるようになりました。いち早くこれを取り入れたうちの1台が、GM(アメリカのゼネラルモータース)の「Tカー(タイプTプラットフォーム)」ですが、そのTカーの日本版が、初代いすゞ・ジェミニです。


スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

昭和54年(1979年)に4代目スプリンターが登場。「トヨタ・ツインカム」を排ガス規制に対応させつつ磨き上げた、世界に誇るDOHCのハイメカニズムの結晶ともいうべき2T-GEUエンジンを搭載しています。ハイウェイクルーザーとしてその高い性能を遺憾なく発揮しました。


【クルマニアックイズ】214本目

【クルマニアックイズ】214本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


最新の投稿


ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープスターSU型 | ホープ自動車 - 軽オート三輪の市場を切り拓いたパイオニア【旧車】

ホープの開発した新しいトランスポーター、軽オート三輪。昭和27年の発売に先駆け、ホープ自動車に改組。文字通り希望の星として、「ホープスター」と名付けられました。初期型のSUは旧来のオートバイゆずりのバーハンドル、後期型のSYは丸型ハンドルです。


【死語クイズ】堅実な様を表す死語ってなーんだ?

【死語クイズ】堅実な様を表す死語ってなーんだ?

昭和に散った「死語」を再び照らす「死語の世界」。かつて誰もが口にしたフレーズをどれだけ理解しているか問うクイズを出題。正解してもしなくても、人生にまったく影響しないがぜひこの死語を思い出していただきたい。 今回の死語クイズは、堅実さを表す言葉!今回のクイズは2問出題!


レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

レパードXS-Ⅱ V6(2代目・F31型系) | 日産 - 打倒・ソアラを意識した高級クーペ【旧車】

初代の流れを受けた2代目レパードは、R31型スカイラインと基本コンポーネントを用いてより高級感やパーソナル感を強調する路線で誕生。ラインナップは2ドアクーペのみとなり、完全にトヨタ・ソアラを仮想敵として設定しているかのように見えました。


ボンネットバス その2

ボンネットバス その2

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のコレクションは2度目の登場!庶民の足として親しまれたボンネットバスをご紹介!


【クルマニアックイズ】218本目

【クルマニアックイズ】218本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!