昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~アッと驚くタメゴロー~

昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~アッと驚くタメゴロー~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和の名作ギャグにして、今や死語と化したあのギャグ。昭和を代表する伝説のコミックバンド「ハナ肇とクレージーキャッツ」のリーダー、ハナ肇の渾身のギャグ「アッと驚くタメゴロー」について語ろう。


アッと驚くタメゴロー

死語解説:アッと驚くタメゴロー[感嘆詞]

ハナ肇とクレージーキャッツのリーダー、ハナ肇のギャグ。一般的に驚いたときに用いられていた。諸説あるが、ハナ肇が麻雀でフリテンした際に叫んだ言葉だと言われている。

時代背景

植木等や谷啓も所属し、あのドリフターズの先輩格に当たる「ハナ肇とクレージーキャッツ」。その伝説的グループのリーダー、ハナ肇の有名なギャグ。それが、「アッと驚くタメゴロー」である。
このギャグが生まれたのは、昭和45年のバラエティー番組である「巨泉×前武ゲバゲバ90分!」。この番組内で、ハナ肇が出てきて何か言う、というザックリとした企画のコントで生み出された。
「巨泉×前武ゲバゲバ90分!」のなかでハナ肇が「アッと驚くタメゴロー」と叫んで以来ギャグ化した。
ちなみに「タメゴロー」由来は、「為五郎」で、浪曲の次郎長伝の「石松代参」に登場するキャラクターの「為五郎」である。なんでもハナ肇は、この「石松代参」の「為五郎」がお気に入りだったのだとか。

設定からしてよくわからないコントではあるが、言葉のインパクト凄まじく「アッと驚くタメゴロー」は、クレージーキャッツで歌にもなるし、映画にもなった。映画に至っては5本もつくられたそう。
とにかく世間を熱狂させてギャグなのだ。
ギャグの生みの親であるハナ肇も、まさかここまでのウケるとは思ってなかったのではないだろうか…。きっと、まさに「アッと驚くタメゴロー」だったに違いない。

それにしても、ここまで昭和のギャグを何度か紹介しているが、そのほとんどがクレージーキャッツ絡みである。恐るべし、クレージーキャッツ。恐るべし、ハナ肇、である。

そのほとんどが死語と化していることに驚きだ。

ギャグ系死語シリーズ

「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」…あのころの幸せなサラリーマンよ、もう一度

https://goldenyokocho.jp/articles/2529

懐かしくも切ない「死語」の世界を紐解き、再度その存在にスポットライトを当てようというこのコーナー。今回の死語は名優・植木等のあの名言!今では一生ひとつの会社に勤めるなんて言っていられない時代になってしまったけど、あのころのサラリーマンはこんな揶揄をされていたものだった……。バカにされるくらい安定していたあの時代よ、カムバーーーーーーック!

昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~お呼びでない?~

https://goldenyokocho.jp/articles/3165

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は番外編。昭和に散った「ギャグ系死語」。初回は「お呼びでない?」。日本のサラリーマンの権化とも言える植木等を代表するギャグである。

昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~ガチョーン~

https://goldenyokocho.jp/articles/3182

「死語の世界・番外編」。昭和に散った「ギャグ系死語」。今回はトロンボーン奏者としても有名な谷啓さんの伝説的なギャグ「ガチョーン」をご紹介!昭和の時代を代表する懐かしきギャグに迫る。

関連する投稿


昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和を代表するアイドル系死語。その中でも異彩を放つのりピー語の世界をご紹介しよう。


キングオブ昭和の死語 ~冗談はよしこちゃん~

キングオブ昭和の死語 ~冗談はよしこちゃん~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回はついつい口ずさみたくなる語感のよさと、シンプルなダジャレがたまらないキングオブ死語「冗談はよしこちゃん」をご紹介。


キングオブ昭和の死語 ~よっこいしょういち~

キングオブ昭和の死語 ~よっこいしょういち~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は語感も使い勝手のよさも、ベタっぷりも高水準で、キングオブ死語ともいうべき死語「よっこいしょういち」をご紹介。横井庄一さんの思い出とともにどうぞ。


ビジネス系死語の世界 ~ワープロ~

ビジネス系死語の世界 ~ワープロ~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回はパソコンの普及とともに消えていった切ない機械、ワープロについてご紹介。今じゃトホホなツールだが、実はその誕生には意外と深い理由があったようだ。


昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~次、いってみよー!~

昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~次、いってみよー!~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和に散った「ギャグ系死語」シリーズ。今回はザ・ドリフターズのリーダー、今は亡き長さんの名フレーズ「次、いってみよー」を振り返る。


最新の投稿


スカイラインHT2000GT │ 日産 - ケンメリと呼ばれた大人気車

スカイラインHT2000GT │ 日産 - ケンメリと呼ばれた大人気車

日産スカイラインの4代目、スカイラインHT2000GT C110型です。最上位車種のケンメリGT-Rにモディファイされがちな車種ながら、今回の1台はきれいな素のままの姿!在りし日の大人気車の姿が伺えます。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


【クルマニアックイズ】247本目

【クルマニアックイズ】247本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


昭和の銭湯建築 東京・月島湯

昭和の銭湯建築 東京・月島湯

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はもんじゃの街として有名な東京は月島にあった銭湯、月島湯をご紹介!


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

あるときは食べ物を食べる道具として、またあるときは歯に挟まったのを取るのに重宝する楊枝。甘味処や和菓子に用いるときはその名を変える。庶民文化研究の大家 町田忍さんにそのあたりの話を聞いた。今回も庶民文化研究所収蔵のコレクションとともに。