電気機関車EF58型

電気機関車EF58型

昭和レトロな旧車や、レトロ家電、懐かしい建物など、庶民文化研究所の所長 町田忍画伯がイラストで今に残す「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは「EF58型」!以前、紹介した「デロクマル」も細部まで描ききられていたが、今回も甲乙つけがたい仕上がりだ。


様々なバリエーションがある人気者

電気機関車EF58型

EF58型、通称ゴハチ。
国鉄時代の電気機関車は数あれど、その中でもゴハチはかなりメジャーな機体と言っていいだろう。
このイラストを描いた町田忍さんも「一番好きな機体」と発言しているように、数々の鉄道ファンを今も魅了してやまない。
その理由はやはりバリエーションの多さ、ではないだろうか。
EF58型は通常運用はもちろん、「つばめ」、「はと」といった特急列車の牽引だ。
かの有名なブルートレインをはじめとした寝台列車の牽引も任されている。

さらにいえばお召し列車の牽引まで担っていたというのだからすごい!
しかも、お召し列車の牽引に使用されていた60号機、61号機は製造の段階からお召し列車になることが決定していたという。このようにお召し列車になった機関車は実はEF58だけらしい。

また、色もこのイラストに描かれた通常色の他に、茶色や特急牽引の際の青大将色という緑色のもの、もちろんその他にもブルートレイン仕様やお召し列車仕様もある。これは写真の撮りがいもあるってものだ。
あとは、なんともキュートなお顔もEF58型、ゴハチの魅力だろう。

D60形蒸気機関車 通称デロクマル

https://goldenyokocho.jp/articles/2994

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロなイラストで蘇らせるこのコーナー。今回はみんな大好き蒸気機関車。デロクマルことD60形をご紹介。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


トヨペットクラウン 廃車の美学

トヨペットクラウン 廃車の美学

昭和レトロな旧車や建物、懐かしい家電など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯のイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは往年の名車・トヨペットクラウン!蔦が絡まる廃車感がまたなんとも味わい深い作品です。


大入額

大入額

昭和レトロな建物や旧車、懐かしい家電など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯のイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のイラストはかつての開店祝いの定番「大入額」。商売繁盛を願った昭和の人情を感じる贈り物をご紹介。


うれしいとメガネが落ちるんですよ。オロナミンCのホーロー看板

うれしいとメガネが落ちるんですよ。オロナミンCのホーロー看板

昭和レトロを代表するアイテムといえば、昔懐かしのホーロー看板。ホーロー看板で特に有名なのが、大村崑さんを起用したオロナミンCのホーロー看板だろう。庶民文化研究所収蔵のオロナミンCのホーロー看板には、大村崑さん本人のサイン入り!今回は、昭和を代表するホーロー看板を町田忍さんの解説で紐解く。


知識と笑いと少しのエロと…昭和の名雑誌を振り返る

知識と笑いと少しのエロと…昭和の名雑誌を振り返る

ジャンプ、マガジン、サンデー、チャンピオン…今も子どもをひきつけてやまないマンガ雑誌に、グラビア多めのちょっと大人な情報誌…かつて、目を輝かせて読み込んだ雑誌が誰にでもあるはず。今回は昭和世代の知識の源泉、雑誌について振り返ろうと思う。


理髪店

理髪店

昭和レトロな建物や旧車、懐かしい家電など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯のイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは「床屋」の通称でお馴染みの「理髪店」。昔ながらの佇まいが今に蘇る!


最新の投稿


トヨペットクラウン 廃車の美学

トヨペットクラウン 廃車の美学

昭和レトロな旧車や建物、懐かしい家電など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯のイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは往年の名車・トヨペットクラウン!蔦が絡まる廃車感がまたなんとも味わい深い作品です。


カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

昭和58年(1983年)、カローラも5代目にモデルチェンジに際してついにFF化されることになりました。ところが、やはりトヨタというのは手堅い会社なのか、カローラシリーズのなかでスポーティなイメージのクーペやノッチバック、3ドアハッチのモデルはFRのままに。それが、レビン/トレノのAE86型というわけです。


【クルマニアックイズ】186本目

【クルマニアックイズ】186本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】185本目

【クルマニアックイズ】185本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ADバン(VB11型) | 日産 - タフで軽くて意外なほどスポーティ【旧車】

ADバン(VB11型) | 日産 - タフで軽くて意外なほどスポーティ【旧車】

ニッポンの誇るビジネスマンズ・エクスプレス、それが小型セダンをベースに荷室を拡大した、4ナンバーのバンです。5代目・B11型系サニーをベースにしたバンモデルはサニーから独立し、ADバンとなりました。B11サニーと同じ、旧来のA型ではなくE13型やE15型のSOHCエンジンを積んでいます。