サンバー(2代目) | スバル - 「農道のポルシェ」と呼ばれる軽トラの名門【旧車】

サンバー(2代目) | スバル - 「農道のポルシェ」と呼ばれる軽トラの名門【旧車】

サブロク軽の最大のヒット作、スバル360のドライブトレーンやシャシーを流用し、リアエンジン+四輪独立懸架サスという構成で開発された初代サンバー。 軽トラックではいち早くキャブオーバー型を採用した、小さいながらも抜群の積載性を誇る優等生です。


独自のレイアウトはユーティリティを突き詰めた結論

サンバー(2代目)

・モデル名 :サンバー(2代目)
・メーカー名:スバル
・年式   :1972
・撮影場所 :サクラオートヒストリーフォーラム2018
・撮影者  :会長

キャブオーバー+RRで荷台を最大限に!

サンバー(2代目)

サブロク軽の最大のヒット作、スバル360のドライブトレーンやシャシーを流用し、リアエンジン+四輪独立懸架サスという構成で開発された初代サンバー。
軽トラックではいち早くキャブオーバー型を採用した、小さいながらも抜群の積載性を誇る優等生だ。
キャブオーバーはボンネットがない分、正面からの衝突安全性が不安視されがちだが、当時逆に「前が良く見えるので事故率が低くなる」という研究結果もあったそうだ。
スバルはそれをふまえて、積載性を確保するためキャブオーバー型の採用に踏み切ったともいわれている。

RRレイアウトのシャシーとキャブオーバーの組み合わせにより、荷台は最大限に広げられ思惑通り積載性は良好。
しかもベースがスバル360ということもあり、足回りの性能がよく乗り心地に優れていたのでデリケートな品物を運ぶことも多い個人商店などに好まれたそうだ。

昭和41年に登場した2代目サンバーは「ニューサンバー」の愛称で呼ばれ、初代よりもすっきりし洗練されたフェイス回りとなった。
燃料タンクが大きくなって、満タンで約500キロ走れるようになったのも、ビジネスユーザーに歓迎された。
初代から継承された乗り心地のよさと荷台の広さは、住宅地の配送が多く、さらに荷物が大きい個人事業主にとても好まれたという。例を挙げると、畳屋さんやガラス屋さんなどがそうだ。とくにガラス屋さんには、「ガラスが割れない」と歓迎されたと聞く。
後の世代では、小口輸送の「赤帽」の車もサンバーだね。

乗り心地の良さという点では、積んだ農作物が揺れて痛むのが少ないので、農家にも重宝されたそうだ。それにリアエンジンのため空荷状態でもリアの駆動輪にトラクションが十分かかり、荒れた農道でも縦横に走り回ることができた。
キャブオーバーなので見切りもよく、田んぼのあぜ道や狭い農道だってすいすいと行ける。
そんなこともあって、同じRRレイアウトの名車になぞらえて「農道のポルシェ」なんていうニックネームがついたようだね。

サンバー(2代目)
サンバー(2代目)

関連する投稿


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

トヨタの1600GT、RT55型です。地味な見た目ですが、日産GT-Rと覇を競った実力派レースカー!とはいえ、それが原因で悲劇にも見舞われるわけですが…。越後丘陵公園クラシックカー展2017にて撮影。


スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインはやっぱり最強のスポーツカーでなきゃいけない

スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインはやっぱり最強のスポーツカーでなきゃいけない

久しぶりのDOHCエンジン復活で、スカイライン覇権の夢を再び!


【クルマニアックイズ】243本目

【クルマニアックイズ】243本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

いすゞのヒルマンミンクスPH100型です。英国車であるヒルマンミンクスを、いすゞが完全ノックダウン方式で作った車。この1台でいすゞは乗用車の技術を学び、以後名車を作り出していくことになります。クラシックカーフェスティバル in 所沢2017にて撮影。


最新の投稿


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

あるときは食べ物を食べる道具として、またあるときは歯に挟まったのを取るのに重宝する楊枝。甘味処や和菓子に用いるときはその名を変える。庶民文化研究の大家 町田忍さんにそのあたりの話を聞いた。今回も庶民文化研究所収蔵のコレクションとともに。


昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和を代表するアイドル系死語。その中でも異彩を放つのりピー語の世界をご紹介しよう。


1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

トヨタの1600GT、RT55型です。地味な見た目ですが、日産GT-Rと覇を競った実力派レースカー!とはいえ、それが原因で悲劇にも見舞われるわけですが…。越後丘陵公園クラシックカー展2017にて撮影。


【クルマニアックイズ】246本目

【クルマニアックイズ】246本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!