庶民文化研究所厳選「怪しき薬」

庶民文化研究所厳選「怪しき薬」

庶民文化研究所が厳選した「怪しき薬」を紹介したい。お薬系では、これまでにも町田忍所長の収蔵品である昭和の家庭薬のパッケージなどを紹介してきたが今回は、満を持して「怪しき薬」を取り上げる。インパクト濃いめでお送りしたい!


津村順天堂「中将湯温泉」にバスクリンの気概を知る

津村順天堂

一発目は津村順天堂。
そう、バスクリンで有名なツムラの前身。

以前、庶民文化研究所に町田忍所長を訪ねたときから、ゴル横取材班がずっと気になっていたのがこの看板。インパクト濃いめである。

「中将湯温泉」というのは、津村順天堂が初めて売り出したと言われる婦人薬「中将湯」が入った入浴剤。薬の回だと言うのに、いきなり薬じゃないのをピックアップするところがさすが町田さんである。まさに豊富な人生経験。

婦人薬の「中将湯」は、中将姫という能や浄瑠璃で演じられる悲劇の皇女の伝承に由来し、津村順天堂創業者の母の家に伝わる家伝薬がもとなのだとか。

「中将湯温泉」の看板をよく見ると「男女一切の病気に」と書かれており、なんとも全知全能感を与えてくれるが、「身体の冷え」を退治するあたり、今のバスクリンの気概を見た気がする。
余談だがバスクリンは現在、ツムラから独立し、株式会社バスクリンとなっている。入浴剤がひとつの会社になるというのだからすごい!

蛇だ!元気だ!漲るパワー!は気のもの?

蛇

さて、2発目は「蛇」。
薬の回だと言うのに、町田さんたら今度は「素材」でまとめてくれた。

いわゆる漢方などで欠かせないのが蛇をどうにかした素材。
今でもマムシエキスなどがあるように、主に精力剤などで使われることが多い。
当然、昭和の時代も蛇のなにがしかを使った薬がいくつもあった。

そして、そうした薬を取り扱うお店の店頭がこんな感じである。
ひと目見て蛇とわかるショーウインドウ。インパクト濃いめである。
ちなみに、庶民文化研究所の所長、町田さんは実際にコブラの粉末を飲んだことがあるらしい。
強精剤という触れ込みだったが、これといって「元気が出た」ということはなかったらしい…。町田さん曰く「気の問題だろう」とのこと。

蛇つながりだろうか…。ショーウインドウにはこっそりと毒蝮三太夫さんの姿が確認できる。蛇の薬だから毒蝮…。

猿からつくる「猿頭霜(えんとうそう)」

猿頭霜

続きまして「猿」。
猿の頭を黒焼きにして、それを粉末状にして飲むものらしい。
名を「猿頭霜(えんとうそう)」という。
「怪しき薬」シリーズの三発目にしてようやく薬である。

「猿頭霜」の効能は「精神的な病気」全般らしい。

頭の中であれこれ想像して悩むのが人間だから、頭を飲み込んだら精神的に落ち着くこともあるかもしれない。しらんけど。
ちなみに、こちらに対する町田さんの案層は「単純な結びつけだなぁ」だそうだ。さもありなん。

役行者由来の「陀羅尼助(だらにすけ)」は土蔵造りの店舗で売られている

陀羅尼助

「怪しき薬」の回だと言うのに、最後は怪しくない伝統薬「陀羅尼助(だらにすけ)」。胃腸薬だ。

このいかにも歴史ある土蔵造りの店舗。こちらはかつて役行者から伝えられたとされる「陀羅尼助(だらにすけ)」を販売している奈良県吉野のお店。
こうした伝統薬を売る店舗にはしばしばこういった土蔵造りの店舗があるらしい。
1300年の歴史を持ち、かの役行者が伝えた陀羅尼助は胃腸の諸問題全般に効果を発揮するらしいので、二日酔いなどの胃のむかつきに悩まされているオヤジはぜひ飲んでみてほしい。
きっとスッキリ回復する…はずである。

深くて、ちょっぴり面白い薬の奥深い世界。
さらに詳しく知りたい方は、ぜひ庶民文化研究所所長・町田忍著「懐かしの家庭薬大全」という本を読んでもらいたい。

懐かしの家庭薬大全

あ、宣伝です。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


トヨペットクラウン 廃車の美学

トヨペットクラウン 廃車の美学

昭和レトロな旧車や建物、懐かしい家電など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯のイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは往年の名車・トヨペットクラウン!蔦が絡まる廃車感がまたなんとも味わい深い作品です。


大入額

大入額

昭和レトロな建物や旧車、懐かしい家電など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯のイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のイラストはかつての開店祝いの定番「大入額」。商売繁盛を願った昭和の人情を感じる贈り物をご紹介。


うれしいとメガネが落ちるんですよ。オロナミンCのホーロー看板

うれしいとメガネが落ちるんですよ。オロナミンCのホーロー看板

昭和レトロを代表するアイテムといえば、昔懐かしのホーロー看板。ホーロー看板で特に有名なのが、大村崑さんを起用したオロナミンCのホーロー看板だろう。庶民文化研究所収蔵のオロナミンCのホーロー看板には、大村崑さん本人のサイン入り!今回は、昭和を代表するホーロー看板を町田忍さんの解説で紐解く。


知識と笑いと少しのエロと…昭和の名雑誌を振り返る

知識と笑いと少しのエロと…昭和の名雑誌を振り返る

ジャンプ、マガジン、サンデー、チャンピオン…今も子どもをひきつけてやまないマンガ雑誌に、グラビア多めのちょっと大人な情報誌…かつて、目を輝かせて読み込んだ雑誌が誰にでもあるはず。今回は昭和世代の知識の源泉、雑誌について振り返ろうと思う。


理髪店

理髪店

昭和レトロな建物や旧車、懐かしい家電など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯のイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは「床屋」の通称でお馴染みの「理髪店」。昔ながらの佇まいが今に蘇る!


最新の投稿


トヨペットクラウン 廃車の美学

トヨペットクラウン 廃車の美学

昭和レトロな旧車や建物、懐かしい家電など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯のイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは往年の名車・トヨペットクラウン!蔦が絡まる廃車感がまたなんとも味わい深い作品です。


カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

昭和58年(1983年)、カローラも5代目にモデルチェンジに際してついにFF化されることになりました。ところが、やはりトヨタというのは手堅い会社なのか、カローラシリーズのなかでスポーティなイメージのクーペやノッチバック、3ドアハッチのモデルはFRのままに。それが、レビン/トレノのAE86型というわけです。


【クルマニアックイズ】186本目

【クルマニアックイズ】186本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】185本目

【クルマニアックイズ】185本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ADバン(VB11型) | 日産 - タフで軽くて意外なほどスポーティ【旧車】

ADバン(VB11型) | 日産 - タフで軽くて意外なほどスポーティ【旧車】

ニッポンの誇るビジネスマンズ・エクスプレス、それが小型セダンをベースに荷室を拡大した、4ナンバーのバンです。5代目・B11型系サニーをベースにしたバンモデルはサニーから独立し、ADバンとなりました。B11サニーと同じ、旧来のA型ではなくE13型やE15型のSOHCエンジンを積んでいます。