117クーペ | いすゞ - 国産車離れした美しいスタイル【旧車】

117クーペ | いすゞ - 国産車離れした美しいスタイル【旧車】

今やトラックを生産するメーカーとして盤石の地位を固めたいすゞも、昔はいくつもの個性的な乗用車を世に出していました。 そんな中でも1968年のデビューから1981年までの長きに渡って製造され、かつ非常に魅力的なスタイルを誇りいすゞの代名詞でもあったのが、この117クーペです。


角目4灯化でイメージを変えた後期型

117クーペ

・モデル名 :117クーペ
・メーカー名:いすゞ
・年式   :1978
・撮影場所 :サクラオートヒストリーフォーラム2018
・撮影者  :会長

長く生産されいすゞの代名詞となったスタイリッシュクーペ

117クーペ

今やトラックを生産するメーカーとして盤石の地位を固めたいすゞも、昔はいくつもの個性的な乗用車を世に出していた。
そのどれもが特徴的なデザインや機構を誇る、車趣味人にはたまらない1台ばかり。
そんな中でも1968年のデビューから1981年までの長きに渡って製造され、かつ非常に魅力的なスタイルを誇りいすゞの代名詞でもあったのが、この117クーペだ。

60年代後半デビューの日本車とは思えない流麗なスタイルは、よく知られるように工業デザイン界の巨匠、ジョルジェット・ジウジアーロのデザインによるもの。
このスタイリッシュなボディに見合う性能を持たせるため、ベレットやフローリアンに搭載されたOHVエンジンをベースにDOHC化を施した高性能エンジンが奢られた。
空力性能の恩恵もあり、初期型(よくいわれるハンドメイドモデル)でも200km/hの巡行が可能だったという。

あまりに流麗なボディラインすぎて機械によるプレスだけでは製造できなかった言われ、職人の手によってボディパネル同士が繋ぎあわす工程が必要だったそうだ。
後にGMからプレス技術を導入し量産化が達成され、77年には排ガス規制への対応を機に丸目4灯から角目4灯にシフトするなどイメージチェンジを伴うマイチェンが行われた。
初期のハンドメイドモデルはその希少性からかなりのレア車とされるが、丸目・角目それぞれ印象が異なりつつもどちらも魅力的なスタイルを誇る。
今このスタイルで再販売してくれたら・・・なんて思わずにはいられない、旧車ならではの魅力にあふれる1台だ。

117クーペ
117クーペ
117クーペ
117クーペ

関連する投稿


スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

トヨタ・スプリンタートレノの2代目、中期型に当たるTE61型です。写真の車は限定カラーのブラックトレノ。排ガス規制に揺れ、いったん消え、また復活するという不思議な運命をたどった車です。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


セリカLB2000GT | トヨタ - 日本初のスペシャリティカー

セリカLB2000GT | トヨタ - 日本初のスペシャリティカー

トヨタの初代セリカ、A20/30型です。写真は後期モデルのテールゲート付きリフトバックモデル。2017トヨタ博物館クラシックカーフェスティバルin神宮外苑にて撮影。


ダットサン・フェアレディ2000 | 日産 - 国産初のオーバー200km/hカー

ダットサン・フェアレディ2000 | 日産 - 国産初のオーバー200km/hカー

日産のダットサン・フェアレディ2000、SRL311型です。フェアレディZの源流となるオープンボディのスポーツカーで、フェアレディの完成形と称される高性能ロードスター。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


サバンナRX-7 | マツダ - 運転に「心地よい緊張感」をもたらすスポーツカー

サバンナRX-7 | マツダ - 運転に「心地よい緊張感」をもたらすスポーツカー

マツダ・サバンナ RX-7の2代目、FC3型系です。ロータリーエンジンのマツダが真のスポーツカー像を追求し、7年を掛けて作り上げた珠玉のスポーツカー。プアマンズポルシェ?なにそれ?石和温泉郷クラシックカーフェスティバル2018にて撮影。


コロナマークⅡHT2600グランデ | トヨタ - アメ車の雰囲気ただようラグジュアリークーペ

コロナマークⅡHT2600グランデ | トヨタ - アメ車の雰囲気ただようラグジュアリークーペ

トヨタ・コロナマークⅡの3代目、X40型です。通称『ブタ目』と呼ばれる単眼2灯式のフロントマスクが特徴的な1台。開発コンセプトはなんと「堅気になろう、3代目」…。石和温泉郷クラシックカーフェスティバル2018にて撮影。


最新の投稿


スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

トヨタ・スプリンタートレノの2代目、中期型に当たるTE61型です。写真の車は限定カラーのブラックトレノ。排ガス規制に揺れ、いったん消え、また復活するという不思議な運命をたどった車です。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


セリカLB2000GT | トヨタ - 日本初のスペシャリティカー

セリカLB2000GT | トヨタ - 日本初のスペシャリティカー

トヨタの初代セリカ、A20/30型です。写真は後期モデルのテールゲート付きリフトバックモデル。2017トヨタ博物館クラシックカーフェスティバルin神宮外苑にて撮影。


銭湯に、歴史あり。自由が丘に、通いたくなる銭湯あり。~目黒区・みどり湯さん~(前編)

銭湯に、歴史あり。自由が丘に、通いたくなる銭湯あり。~目黒区・みどり湯さん~(前編)

仕事中も銭湯に行くことを常に考えてしまう自由業者の、ご縁があった銭湯さんのお話を書かせていただいているこの連載。 今回は“これを読んで入りに行ったらジンワリ度が上がるかもしれないシリーズ”第1回です。


キングオブ昭和の死語 ~冗談はよしこちゃん~

キングオブ昭和の死語 ~冗談はよしこちゃん~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回はついつい口ずさみたくなる語感のよさと、シンプルなダジャレがたまらないキングオブ死語「冗談はよしこちゃん」をご紹介。


ジープ

ジープ

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。おそらく米軍も使用していたであろう初代ジープの姿をご紹介。