スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイラインといえばGT、「スカG」と略して呼ばれるのが常です。その中でも、ケンメリは合計67万台も製造されていた、歴代スカイライントップのヒット作でした。


素のケンメリ2HTは今となっては貴重かもしれない

スカイライン2000GT

・モデル名 :スカイライン2000GT(4代目・C110型)
・メーカー名:日産
・年式   :1975
・撮影場所 :サクラオートヒストリーフォーラム2018
・撮影者  :会長

ケンメリGT-Rがあまりに有名すぎるので

スカイライン2000GT

スカイラインといえばGT、「スカG」と略して呼ばれるのが常だ。
GTのほかに言わずもがなの「GT-R」という最上位グレードがあって、ハコスカから始まってケンメリ、32以降の新世代GT-Rどれもがクルマ好きあこがれのブランドであることは間違いない。

なかでもケンメリのGT-Rはよく言われることだが197台しか製造されなかったこともあって、「GT-R化モディファイ」がよく行われている。
他の車種でやるとやれニセモノだ、なんちゃってルックだといろいろ言われがちだが、元の車種がほんの少ししかない場合はあんまりそういうことを言っていられないかもしれないね。

ケンメリスカイラインの2ドアHT車は、どうしたってGT-R化というかRふうモディファイが施されがち。もちろんそれもファンにとってはアリな楽しみ方だし、どこまでやるかが腕の見せ所とさえいえるだろう。
ただ、あまりにそれが流行ってしまったためか、素のケンメリ2ドアHTというのはなかなか見かけなくなってしまった。

旧車イベントにでかけても、やはりケンメリGT-Rは花形車種だし、苦労して旧車を維持するなら素のものより役物ふうモディファイに行きたい、というのは人情というものだろう。
たまにこうして素のケンメリに出会えると、なんだか妙になつかしくて、ほっとしたような気持ちになってしまう。
それは、今はなかなか見かけなくなってしまったけど、当時ケンメリは大ヒット車種でほんとにどこでもよく見かけたからじゃないだろうか。

今となっては信じがたい数字だけども、ケンメリは合計67万台も製造されていた、歴代スカイライントップのヒット作だったんだ。

スカイライン2000GT
スカイライン2000GT
スカイライン2000GT

関連する投稿


トヨペットクラウン 廃車の美学

トヨペットクラウン 廃車の美学

昭和レトロな旧車や建物、懐かしい家電など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯のイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは往年の名車・トヨペットクラウン!蔦が絡まる廃車感がまたなんとも味わい深い作品です。


カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

昭和58年(1983年)、カローラも5代目にモデルチェンジに際してついにFF化されることになりました。ところが、やはりトヨタというのは手堅い会社なのか、カローラシリーズのなかでスポーティなイメージのクーペやノッチバック、3ドアハッチのモデルはFRのままに。それが、レビン/トレノのAE86型というわけです。


ADバン(VB11型) | 日産 - タフで軽くて意外なほどスポーティ【旧車】

ADバン(VB11型) | 日産 - タフで軽くて意外なほどスポーティ【旧車】

ニッポンの誇るビジネスマンズ・エクスプレス、それが小型セダンをベースに荷室を拡大した、4ナンバーのバンです。5代目・B11型系サニーをベースにしたバンモデルはサニーから独立し、ADバンとなりました。B11サニーと同じ、旧来のA型ではなくE13型やE15型のSOHCエンジンを積んでいます。


サバンナRX-7(2代目・FC型) | マツダ - 運転していつでも楽しいのがスポーツカー【旧車】

サバンナRX-7(2代目・FC型) | マツダ - 運転していつでも楽しいのがスポーツカー【旧車】

ロータリーエンジンを世界で唯一、量産車用に搭載することを成功させたのはマツダだけです。さらに言えば、ロータリーエンジンを積んだスポーツカーを作ることに成功したのもマツダが世界で唯一の存在で、RX-7は完全にオンリーワンのスポーツカーと言えます。


マークⅡバン2000GL | トヨタ - サーファー御用達で人気になった、スタイルワゴンの先駆け【旧車】

マークⅡバン2000GL | トヨタ - サーファー御用達で人気になった、スタイルワゴンの先駆け【旧車】

大ヒットしたマークⅡがベースなだけに乗り心地や動力性能が良く、長いボディを活かした広大な荷室は何でも詰めてどこにでも行けてしまう包容力を持っています。ドレスアップしが姿が良くみられますが、本来は実にいたってまじめな実用性の高いクルマなのは間違いありません。


最新の投稿


トヨペットクラウン 廃車の美学

トヨペットクラウン 廃車の美学

昭和レトロな旧車や建物、懐かしい家電など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯のイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは往年の名車・トヨペットクラウン!蔦が絡まる廃車感がまたなんとも味わい深い作品です。


カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

昭和58年(1983年)、カローラも5代目にモデルチェンジに際してついにFF化されることになりました。ところが、やはりトヨタというのは手堅い会社なのか、カローラシリーズのなかでスポーティなイメージのクーペやノッチバック、3ドアハッチのモデルはFRのままに。それが、レビン/トレノのAE86型というわけです。


【クルマニアックイズ】186本目

【クルマニアックイズ】186本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】185本目

【クルマニアックイズ】185本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ADバン(VB11型) | 日産 - タフで軽くて意外なほどスポーティ【旧車】

ADバン(VB11型) | 日産 - タフで軽くて意外なほどスポーティ【旧車】

ニッポンの誇るビジネスマンズ・エクスプレス、それが小型セダンをベースに荷室を拡大した、4ナンバーのバンです。5代目・B11型系サニーをベースにしたバンモデルはサニーから独立し、ADバンとなりました。B11サニーと同じ、旧来のA型ではなくE13型やE15型のSOHCエンジンを積んでいます。