スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

いつの時代も、スカイラインはクルマ好き憧れの1台でした。 歴代のモデルに自然発生的なニックネームがつけられ、誰もがそれを知っているようなクルマがほかにありません。


久しぶりのDOHCエンジン復活で、スカイライン覇権の夢をふたたび

スカイライン2000RS

・モデル名 :スカイライン2000RS(DR30型)
・メーカー名:日産
・年式   :1983
・撮影場所 :サクラオートヒストリーフォーラム2018
・撮影者  :会長

パワーアップに次ぐパワーアップを繰り返した6代目

スカイライン2000RS

いつの時代も、スカイラインはクルマ好き憧れの1台だった。
歴代のモデルに自然発生的なニックネームがつけられ、誰もがそれを知っているようなクルマがほかにあるだろうか。

先代の5代目、C210型・通称「ジャパン」まで搭載されていた日産伝統のL型から新開発のFJ20E型エンジンに換装された、6代目。
73年に先々代となるケンメリGT-Rがたった197台の製造をもって生産中止になると、その後は日産のラインナップからDOHCエンジン車は姿を消してしまっていた。
その後オイルショックや幾度もの厳しい排ガス規制を乗り越えたあとも、ジャパンやセドリックにターボ車が登場したが、DOHCエンジンが復活することはなかった。

積年のライバルたるトヨタは様々なスポーティカーに「トヨタ・ツインカム」と称して2バルブDOHCを投入し、その胸のすくようなフケ上がりや加速感をウリにして猛威を振るっていた。
その様子を見て、長らく日産派は悔し涙にぬれていたことだろう。
いつかは、いつかはとDOHCエンジンのスポーツカーを待ちに待っていた。

そんな日産ファンたちに福音となったのが、6代目ニューマン・スカイラインに投入された新開発FJ20Eエンジンの「RS」だ。
2リットル直列4気筒エンジンに、1気筒あたり2本ずつの吸気バルブと排気バルブを持つ、4バルブDOHC。
吸気排気とも効率に優れ、より素早いフケ上がりとパワーを誇るスポーツエンジンは、トヨタの2バルブDOHCに比べて大きなアドバンテージとなった。

直4ゆえに栄光の「GT-R」の名前は冠されなかったが、新しい時代の「俺たちのスカイライン」が、新しい伝説を作り始めた瞬間だった。

これだけの期待を背負って登場した6代目だけに、RSはパワーアップにパワーアップを重ねて「最強」の地位を守り続けることが宿命だった。
ターボが追加され、インタークーラーも追加され、武装に武装を重ねパワーを絞り出していくスカイライン。
ボディサイドのステッカーが、「4VALVE DOHC-RS」から「4VALVE DOHC RS-TURBO」に、そしてさらにその下に「INTERCOOLER」と追加されていったのを覚えている人もいるだろう。
日本初、世界初といった新しい技術やギミックが次々投入され、ライバルたちを圧倒し続けた。
マイナーチェンジでは、フラッシュサーフェイス化を突き詰めた「鉄仮面」になった。

最強であるためにありとあらゆる努力を惜しまない、それがスカイラインの矜持だったのだ。

スカイライン2000RS
スカイライン2000RS
スカイライン2000RS

関連する投稿


トヨペットクラウン 廃車の美学

トヨペットクラウン 廃車の美学

昭和レトロな旧車や建物、懐かしい家電など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯のイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは往年の名車・トヨペットクラウン!蔦が絡まる廃車感がまたなんとも味わい深い作品です。


カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

昭和58年(1983年)、カローラも5代目にモデルチェンジに際してついにFF化されることになりました。ところが、やはりトヨタというのは手堅い会社なのか、カローラシリーズのなかでスポーティなイメージのクーペやノッチバック、3ドアハッチのモデルはFRのままに。それが、レビン/トレノのAE86型というわけです。


ADバン(VB11型) | 日産 - タフで軽くて意外なほどスポーティ【旧車】

ADバン(VB11型) | 日産 - タフで軽くて意外なほどスポーティ【旧車】

ニッポンの誇るビジネスマンズ・エクスプレス、それが小型セダンをベースに荷室を拡大した、4ナンバーのバンです。5代目・B11型系サニーをベースにしたバンモデルはサニーから独立し、ADバンとなりました。B11サニーと同じ、旧来のA型ではなくE13型やE15型のSOHCエンジンを積んでいます。


サバンナRX-7(2代目・FC型) | マツダ - 運転していつでも楽しいのがスポーツカー【旧車】

サバンナRX-7(2代目・FC型) | マツダ - 運転していつでも楽しいのがスポーツカー【旧車】

ロータリーエンジンを世界で唯一、量産車用に搭載することを成功させたのはマツダだけです。さらに言えば、ロータリーエンジンを積んだスポーツカーを作ることに成功したのもマツダが世界で唯一の存在で、RX-7は完全にオンリーワンのスポーツカーと言えます。


マークⅡバン2000GL | トヨタ - サーファー御用達で人気になった、スタイルワゴンの先駆け【旧車】

マークⅡバン2000GL | トヨタ - サーファー御用達で人気になった、スタイルワゴンの先駆け【旧車】

大ヒットしたマークⅡがベースなだけに乗り心地や動力性能が良く、長いボディを活かした広大な荷室は何でも詰めてどこにでも行けてしまう包容力を持っています。ドレスアップしが姿が良くみられますが、本来は実にいたってまじめな実用性の高いクルマなのは間違いありません。


最新の投稿


トヨペットクラウン 廃車の美学

トヨペットクラウン 廃車の美学

昭和レトロな旧車や建物、懐かしい家電など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯のイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは往年の名車・トヨペットクラウン!蔦が絡まる廃車感がまたなんとも味わい深い作品です。


カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

昭和58年(1983年)、カローラも5代目にモデルチェンジに際してついにFF化されることになりました。ところが、やはりトヨタというのは手堅い会社なのか、カローラシリーズのなかでスポーティなイメージのクーペやノッチバック、3ドアハッチのモデルはFRのままに。それが、レビン/トレノのAE86型というわけです。


【クルマニアックイズ】186本目

【クルマニアックイズ】186本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】185本目

【クルマニアックイズ】185本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ADバン(VB11型) | 日産 - タフで軽くて意外なほどスポーティ【旧車】

ADバン(VB11型) | 日産 - タフで軽くて意外なほどスポーティ【旧車】

ニッポンの誇るビジネスマンズ・エクスプレス、それが小型セダンをベースに荷室を拡大した、4ナンバーのバンです。5代目・B11型系サニーをベースにしたバンモデルはサニーから独立し、ADバンとなりました。B11サニーと同じ、旧来のA型ではなくE13型やE15型のSOHCエンジンを積んでいます。