バモス | ホンダ - ホンダ以外には作れない!?フルオープン軽トラ【旧車】

バモス | ホンダ - ホンダ以外には作れない!?フルオープン軽トラ【旧車】

乗り方はオーナー次第で無限大に広がる、ある意味究極のマルチパーパスカーがこのバモスホンダです。建築現場だとか農作業、牧場などでのタフな作業車としてのニーズや、観光地などでの送迎や遊覧、アウトドア遊びのレジャーカーとしての利用が想定されていました。


車種名がメーカー名の前に来るのが正しい名前

バモス

・モデル名 :バモス ホンダ(TN360型)
・メーカー名:ホンダ
・年式   :1972
・撮影場所 :サクラオートヒストリーフォーラム2018
・撮影者  :会長

ホンダらしさ炸裂、乗り方はオーナー次第で無限大

バモス

思いついても誰も実際にやろうとしなかったであろう、フルオープンの軽トラ。唯一無二の珍車は、やはりホンダ以外に作れるメーカーはなかっただろう。
・・・というか、ホンダ以外はやろうとしないんじゃないだろうか。
乗り方はオーナー次第で無限大に広がる、ある意味究極のマルチパーパスカーがこのバモスホンダだ。いかにもホンダが好きそうなコンセプトだね。

ホンダの車種のなかで、唯一「車名がメーカー名の前に来る」このクルマは、レジャーカーブームを見据えて割と大マジで作られたとされている。
建築現場だとか農作業、牧場などでのタフな作業車としてのニーズや、観光地などでの送迎や遊覧、アウトドア遊びのレジャーカーなどが想定されていたという。
そうやって使われていたケースもあるようだし、たしかにこういう成り立ちのクルマだったらこれらの現場で重宝しそうだ。

ぱっと見がコアラの顔のような愛嬌あるフェイスは、レジャーの場にあったらすごく楽しい気分になりそうだね。
ちなみにコアラの鼻にあたるフロントのスペアタイヤは、衝突時の衝撃吸収を考慮して設置されているらしい。無いよりマシという感じだけども。

発売前、ホンダは月産2,000台程度を見込んで生産計画を立てていたのだそうだ。
ところがいざフタを開けてみると、人気は高いし話題にはなるものの売れ行きはサッパリ。
いーねーこれ!とみんな口では言っても、なかなか手がでないクルマだったということなのだろう。
結果的に、生産台数はわずか2,500台ほど。計画でいったら1か月ぶんとちょっとというところだ。それでも1970年に発売されてから、3年ほど細々と売られていたらしい。安かったのでもっと売れてもよかったと思うんだけどね・・・。


オフロードカーをイメージさせる佇まいだけど、実際にはサブロク時代の軽に多かった合わせタイプの簡易なホイールを装着していたためタフなタイヤは履けないし、四駆の設定もない。
形式番号からもわかるように、中身はホンダ初の軽トラT360の後継車「TN360」そのもので、本気でタフな使い方をするには物足りなかったのだろう。

その代わりと言ってはナンだけど、円谷プロの特撮「ジャンボーグA」に「バモスⅠ世・Ⅱ世」として登場したり、「ウルトラマンタロウ」の特殊部隊ZAT極東支部の小型特装車「ラビットパンダ」として活躍するなど、記憶に残る名車(珍車?)となっている。

まあ、そういうのもいいじゃないか。ホンダらしくて。
そんなふうに思わせてしまうのも、バモスホンダの魅力の表れなんだろう。

バモス

関連する投稿


スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

いつの時代も、スカイラインはクルマ好き憧れの1台でした。 歴代のモデルに自然発生的なニックネームがつけられ、誰もがそれを知っているようなクルマがほかにありません。


シティ | ホンダ - シティはニュースであふれてる!大ブームになった初代【旧車】

シティ | ホンダ - シティはニュースであふれてる!大ブームになった初代【旧車】

80年代の省エネカーの決定版を作る、というコンセプトのもと、平均年齢27歳の若手メンバーたちが作り出したという初代シティ。 世の中がどんどん豊かになっていった当時、クルマはより速く、大きく、豪華で力強くなっていきました。


プレリュード | ホンダ - 「女子大生ホイホイ」とまで呼ばれたデートカーの雄【旧車】

プレリュード | ホンダ - 「女子大生ホイホイ」とまで呼ばれたデートカーの雄【旧車】

NSXが登場するまで、ホンダのスポーティカーでは最上位クラスに位置付けられていたのがプレリュードです。セリカなどと並んでスペシャリティクーペ市場に火をつけた、若者に大人気の車種の代表格でした。


ダットサン240Z | 日産 - 世界中が日本のスポーツカーに飛びついた【旧車】

ダットサン240Z | 日産 - 世界中が日本のスポーツカーに飛びついた【旧車】

1967年に発売されたトヨタ2000GTは、日本発のスーパースポーツとして注目され、大変な話題になりました。2000GTのロングノーズショーとデッキのプロポーションは大変美しいし、魅力的です。


ゴルフカブリオレ | VW - 世界一質実剛健なオープンカー!? | 今日の懐カー【旧車】

ゴルフカブリオレ | VW - 世界一質実剛健なオープンカー!? | 今日の懐カー【旧車】

いつの時代もコンパクトカーのベンチマークにされ続けるクルマ、それがフォルクスワーゲン・ゴルフです。 現行型はだいぶ大きなフォルムで高級車然としてきてしまったけれど、シリーズ初期の世代、特にゴルフⅠ(初代)などはかなりコンパクトでギュっとした塊感の強いフォルムをしています。


最新の投稿


象印スコップ・ショベル(かんばん) - 象は象でも「金象印」!

象印スコップ・ショベル(かんばん) - 象は象でも「金象印」!

「象印」で思いつくのは魔法瓶や電気炊飯器でおなじみのあのメーカーですよね。ではこの象印は?魔法瓶とスコップ、はたして同じメーカーが作っていたのでしょうか?


子どものギャンブル?カプセルトイ

子どものギャンブル?カプセルトイ

今回は、子どもの射幸心を煽ってやまなかった魅惑のおもちゃ・カプセルトイをご紹介。出てくるまで中身がわからない、ほしいものを手に入れたいという気持ちが刺激され、お小遣いを吸い取られた人も多いハズ。庶民文化研究所の町田忍所長もそんなひとり。町田少年の思い出とともにカプセルトイの懐かしい話を。


【クルマニアックイズ】157本目

【クルマニアックイズ】157本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

いつの時代も、スカイラインはクルマ好き憧れの1台でした。 歴代のモデルに自然発生的なニックネームがつけられ、誰もがそれを知っているようなクルマがほかにありません。


【クルマニアックイズ】156本目

【クルマニアックイズ】156本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!