ダットサン240Z | 日産 - 世界中が日本のスポーツカーに飛びついた【旧車】

ダットサン240Z | 日産 - 世界中が日本のスポーツカーに飛びついた【旧車】

1967年に発売されたトヨタ2000GTは、日本発のスーパースポーツとして注目され、大変な話題になりました。2000GTのロングノーズショーとデッキのプロポーションは大変美しいし、魅力的です。


日本のスポーツカーのイメージを一変させたZは北米でも大ヒットした

ダットサン240Z

・モデル名 :ダットサン240Z(北米仕様)
・メーカー名:日産
・年式   :1972
・撮影場所 :サクラオートヒストリーフォーラム2018
・撮影者  :会長

いよいよ日本にも本格的なスポーツカーの時代が到来!

ダットサン240Z

1967年に発売されたトヨタ2000GTは、日本発のスーパースポーツとして注目され、大変な話題になった。同年公開の「007は二度死ぬ」でボンドカーとして登場するプロモーションが仕掛けられるなど、世界から注目されるデビューだったのは間違いない。

2000GTのロングノーズショーとデッキのプロポーションは大変美しいし、魅力的だ。だが、誰もが手に入れることを夢想できるかというと、正直そういうレベルのクルマではなかった。今の物価水準で考えたら、軽く4桁万円を超えるレベルの超高額車だったのだから。

その2000GTのデビューから2年後、1969年に日産が発表した初代フェアレディZは、大変な驚きと歓迎を持って世界中の自動車好きたちから迎えられた。
それまで日本車では見たことがないような、低いノーズに長いボンネット。まるで後軸の上に座るかのようなロングノーズショートデッキスタイル。スポーツ感あふれるなだらかなルーフとリアゲート。美麗なスポーツカーの代表格、ジャガーEタイプを連想させるフロントマスク。
まるで夢にまで見たスーパーカーのような出で立ちに、日本中が、いや世界中が心躍らされたのだ。

しかも、頑張れば俺でも買えるかもしれない、と思わせる現実的なプライスタグがついていた。
まるでその3倍や4倍の値段がしてもおかしくないと思ってしまうようなグッドルッキングなスポーツカーは、日本だけでなく世界中で熱狂的なファンを生み、特に北米ダットサンブランドを広める立役者となり、「Zカー(ズィーカー)」の愛称で長く親しまれた。

Zがそのスタイルに比べ安価だったのは、世界の他のスーパースポーツのようにとんでもない巨大なエンジンを積んだり、特別豪奢な内外装をまとったりしなかったからというのもある。
同時期のセダンやトラック等にも普通に積まれていたL型エンジンに少しスポーティなチューンを施し、補器類のセットアップなどでスポーティな走りを実現させるようにしていた。

どこにでもあるような実用エンジンを積んでいるがゆえに、ユーザーが自分で手を入れたりメンテナンスを楽しんだり、チューニングのノウハウが蓄積されていったり・・・という、いまでいうアフターマーケットが育ちやすい土壌があったというのも、広く長く愛された理由のひとつだろう。

先に述べたジャガーもスペシャルなスポーツカーメーカーとして最初に人気が出たのは、実用車のオースチン・セブンの小さなエンジンを特別にデザインした超ロングノーズ・ショートデッキボディに積み、SS1として売り出したことがキッカケだった。

性能はソコソコだけど流麗なスタイルと後軸の上に座るようなレイアウトで新鮮なドライブフィールを提供したSS1は、本格的な自動車ファンやジャーナリズムからは「見かけだおし」と酷評されたけど、一般の自動車ファンからは絶大な支持を受け、発売元のSSカーズはジャガーと社名変更しスポーツカーメーカーとして注目されるようになった。
この時「ジャガー」という名前は、辞書から足の速そうな動物の名前を書きだし、創業者ウィリアム・ライオンズがそこから選んだという。
ライオンズは、今でも語り継がれる20世紀の自動車界の立役者のひとりだ。

ダットサンZが大人気となり、ダットサンブランドが世界中に知られるようになった経緯、そしてZという車名もアルファベットの最後で「究極」の意味だとか、「Z旗」になぞらえたとか、字引きからジャガーという単語を選んだ話に通じるところがある。
当時、北米日産の社長を務めていた片山豊氏は、Zカー育ての親、「ミスターK」としてファンから長く愛されていた。ダットサンブランドを広めた大立者でもある。
なんだかこういうエピソードひとつひとつをとっても、Zが長く愛され続けるスポーツカーになるべくしてなったという気がしてならない。

ダットサン240Z
ダットサン240Z
ダットサン240Z
ダットサン240Z
ダットサン240Z

関連する投稿


スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

いつの時代も、スカイラインはクルマ好き憧れの1台でした。 歴代のモデルに自然発生的なニックネームがつけられ、誰もがそれを知っているようなクルマがほかにありません。


シティ | ホンダ - シティはニュースであふれてる!大ブームになった初代【旧車】

シティ | ホンダ - シティはニュースであふれてる!大ブームになった初代【旧車】

80年代の省エネカーの決定版を作る、というコンセプトのもと、平均年齢27歳の若手メンバーたちが作り出したという初代シティ。 世の中がどんどん豊かになっていった当時、クルマはより速く、大きく、豪華で力強くなっていきました。


プレリュード | ホンダ - 「女子大生ホイホイ」とまで呼ばれたデートカーの雄【旧車】

プレリュード | ホンダ - 「女子大生ホイホイ」とまで呼ばれたデートカーの雄【旧車】

NSXが登場するまで、ホンダのスポーティカーでは最上位クラスに位置付けられていたのがプレリュードです。セリカなどと並んでスペシャリティクーペ市場に火をつけた、若者に大人気の車種の代表格でした。


【クルマニアックイズ】154本目

【クルマニアックイズ】154本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


バモス | ホンダ - ホンダ以外には作れない!?フルオープン軽トラ【旧車】

バモス | ホンダ - ホンダ以外には作れない!?フルオープン軽トラ【旧車】

乗り方はオーナー次第で無限大に広がる、ある意味究極のマルチパーパスカーがこのバモスホンダです。建築現場だとか農作業、牧場などでのタフな作業車としてのニーズや、観光地などでの送迎や遊覧、アウトドア遊びのレジャーカーとしての利用が想定されていました。


最新の投稿


象印スコップ・ショベル(かんばん) - 象は象でも「金象印」!

象印スコップ・ショベル(かんばん) - 象は象でも「金象印」!

「象印」で思いつくのは魔法瓶や電気炊飯器でおなじみのあのメーカーですよね。ではこの象印は?魔法瓶とスコップ、はたして同じメーカーが作っていたのでしょうか?


子どものギャンブル?カプセルトイ

子どものギャンブル?カプセルトイ

今回は、子どもの射幸心を煽ってやまなかった魅惑のおもちゃ・カプセルトイをご紹介。出てくるまで中身がわからない、ほしいものを手に入れたいという気持ちが刺激され、お小遣いを吸い取られた人も多いハズ。庶民文化研究所の町田忍所長もそんなひとり。町田少年の思い出とともにカプセルトイの懐かしい話を。


【クルマニアックイズ】157本目

【クルマニアックイズ】157本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

いつの時代も、スカイラインはクルマ好き憧れの1台でした。 歴代のモデルに自然発生的なニックネームがつけられ、誰もがそれを知っているようなクルマがほかにありません。


【クルマニアックイズ】156本目

【クルマニアックイズ】156本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!