ゴルフカブリオレ | VW - 世界一質実剛健なオープンカー!? | 今日の懐カー【旧車】

ゴルフカブリオレ | VW - 世界一質実剛健なオープンカー!? | 今日の懐カー【旧車】

いつの時代もコンパクトカーのベンチマークにされ続けるクルマ、それがフォルクスワーゲン・ゴルフです。 現行型はだいぶ大きなフォルムで高級車然としてきてしまったけれど、シリーズ初期の世代、特にゴルフⅠ(初代)などはかなりコンパクトでギュっとした塊感の強いフォルムをしています。


モデルチェンジしてからも初代ベースで作り続けられたカブリオレ

ゴルフカブリオレ

・モデル名 :ゴルフⅠカブリオレ クラシックライン
・メーカー名:フォルクスワーゲン(独)
・年式   :1992
・撮影場所 :サクラオートヒストリーフォーラム2018
・撮影者  :会長

ゴルフ・カブリオレといえば、やっぱりブッ太いロールバー

ゴルフカブリオレ

いつの時代もコンパクトカーのベンチマークにされ続けるクルマ、それがフォルクスワーゲン・ゴルフだ。
現行型はだいぶ大きなフォルムで高級車然としてきてしまったけど、シリーズ初期の世代、特にゴルフⅠ(初代)などはかなりコンパクトでギュっとした塊感の強いフォルムをしているね。

日本とちがい緯度が高くて年間の日照時間があまり長くないヨーロッパ諸国では、日本では想像がつかないぐらいオープンカーに対する熱が高い。
貴重な日光はしっかり浴びてセロトニンを分泌したいと感じるのか、ベーシックカーから超高級車までオープンモデルが用意されているのが常だ。

自動車大国・ドイツの最大手、フォルクスワーゲンもまたその例に漏れない。コンパクトクラスのベストセラー、ゴルフにも初代からカブリオレが設定されている。
実用車のゴルフの屋根をぶった切って、上屋がなくなったことによるボディ剛性低下や横転時の危険性を補うためのブッ太いロールバーを追加。さらに布製とはいえ何層にもキャンバスが重ねられ、ほとんどクローズドルーフと変わらないような対候性と静粛性を備える。
しかも畳んだルーフでトランク容量を圧迫しないように、リアシートの後ろにジャバラ状になってちょこんと乗っかる。リアシートはフル2名乗車OK。
あれもこれもな欲張りなクルマ、それがゴルフカブリオレなのだ。

これ、日本でいえば初代シティに設定された「シティ・カブリオレ」や、2代目マーチのカブリオレとおなじ成り立ちだね。
これらもコンパクトなハッチバックをベースに、ロールバーを追加してルーフをトランク上に積むように畳むカブリオレだ。

この合理的だけどしっかり日光を楽しめ、かつ安全性や快適性も保つ欲張りなクルマは、ゴルフだと7代目まで世代が進むに際して初代と3代目、6代目にしか設定されていない。
現車は初代ゴルフをベースにしたカブリオレだけど、年式的には2代目のゴルフⅡに移行したころ、1992年まで作られている。最終モデルは革製のシートなどで豪華な装備となった「クラシックライン」と呼ばれ、今でも人気が高い。
ゴルフⅣにもカブリオレがあるだろう?と思うかもしれないが、実はアレは中身はゴルフⅢで、外板だけⅣのものを張り替えた作りになっている(インパネなどはⅢのままだ)。

ゴルフⅤをベースにしているリトラクタブルルーフ(スチールルーフを畳んでトランクにしまうタイプ)の「イオス」もあるし、Ⅵのソフトトップ・カブリオレも存在するが、この2車はゴルフカブリオレ最大の特徴であるロールバーがない。
「ゴルフのカブリオレ」といえばやっぱりあのロールバーだし、「ストロベリーバスケット」と呼ばれる可愛らしいボディスタイルが好きという人も多いだろう。
長く作られるモデルには、やはり多くの人に愛される特徴があるというものだ。

ゴルフカブリオレ
ゴルフカブリオレ
ゴルフカブリオレ
ゴルフカブリオレ

関連する投稿


スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

いつの時代も、スカイラインはクルマ好き憧れの1台でした。 歴代のモデルに自然発生的なニックネームがつけられ、誰もがそれを知っているようなクルマがほかにありません。


【クルマニアックイズ】156本目

【クルマニアックイズ】156本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


シティ | ホンダ - シティはニュースであふれてる!大ブームになった初代【旧車】

シティ | ホンダ - シティはニュースであふれてる!大ブームになった初代【旧車】

80年代の省エネカーの決定版を作る、というコンセプトのもと、平均年齢27歳の若手メンバーたちが作り出したという初代シティ。 世の中がどんどん豊かになっていった当時、クルマはより速く、大きく、豪華で力強くなっていきました。


プレリュード | ホンダ - 「女子大生ホイホイ」とまで呼ばれたデートカーの雄【旧車】

プレリュード | ホンダ - 「女子大生ホイホイ」とまで呼ばれたデートカーの雄【旧車】

NSXが登場するまで、ホンダのスポーティカーでは最上位クラスに位置付けられていたのがプレリュードです。セリカなどと並んでスペシャリティクーペ市場に火をつけた、若者に大人気の車種の代表格でした。


バモス | ホンダ - ホンダ以外には作れない!?フルオープン軽トラ【旧車】

バモス | ホンダ - ホンダ以外には作れない!?フルオープン軽トラ【旧車】

乗り方はオーナー次第で無限大に広がる、ある意味究極のマルチパーパスカーがこのバモスホンダです。建築現場だとか農作業、牧場などでのタフな作業車としてのニーズや、観光地などでの送迎や遊覧、アウトドア遊びのレジャーカーとしての利用が想定されていました。


最新の投稿


象印スコップ・ショベル(かんばん) - 象は象でも「金象印」!

象印スコップ・ショベル(かんばん) - 象は象でも「金象印」!

「象印」で思いつくのは魔法瓶や電気炊飯器でおなじみのあのメーカーですよね。ではこの象印は?魔法瓶とスコップ、はたして同じメーカーが作っていたのでしょうか?


子どものギャンブル?カプセルトイ

子どものギャンブル?カプセルトイ

今回は、子どもの射幸心を煽ってやまなかった魅惑のおもちゃ・カプセルトイをご紹介。出てくるまで中身がわからない、ほしいものを手に入れたいという気持ちが刺激され、お小遣いを吸い取られた人も多いハズ。庶民文化研究所の町田忍所長もそんなひとり。町田少年の思い出とともにカプセルトイの懐かしい話を。


【クルマニアックイズ】157本目

【クルマニアックイズ】157本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

いつの時代も、スカイラインはクルマ好き憧れの1台でした。 歴代のモデルに自然発生的なニックネームがつけられ、誰もがそれを知っているようなクルマがほかにありません。


【クルマニアックイズ】156本目

【クルマニアックイズ】156本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!