オート三輪

オート三輪

昭和のレトロな旧車や、家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和の記憶に、庶民文化研究所所長・町田忍画伯のイラストで振り返るこのコーナー。今回は戦後復興を支えた元祖・働くクルマ「オート三輪」をご紹介!


戦後の混乱期にはこの車がピッタリなのだ!

オート三輪

昭和を描いた映画では必ずといっていいほど登場するオート三輪。
あの「always 三丁目の夕日」でもダイハツミゼットが大活躍していた。
実際、あの時代とオート三輪とは切っても切れない関係がある。

オート三輪とは分類としては三輪トラックのことであり、シンプルな構造から戦後復興期に隆盛を迎えたと言われている。
悪路や強く、積載に優れ、しかも小回りが効くとくれば、戦後の荒れ果てた土地を走り回るには最適だろう。
オート三輪は、構造がシンプルであったため生産しやすいという利点があった。まさに、時代を反映した車だ。
中でもオート三輪界を席巻していたブランドといえば、先ほどあげたミゼットを生み出したダイハツを筆頭に、マツダ、くろがねが三大ブランドとして知られている。
ちなみに町田画伯が描いたのは、昭和38年製造型のダイハツのオート三輪だそう。
そんな昭和を代表する働く車であるオート三輪だが、四輪トラックが安価・高性能になったことから、徐々にその数を減らしていくことになる。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


昭和の銭湯建築 東京・月島湯

昭和の銭湯建築 東京・月島湯

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はもんじゃの街として有名な東京は月島にあった銭湯、月島湯をご紹介!


クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

あるときは食べ物を食べる道具として、またあるときは歯に挟まったのを取るのに重宝する楊枝。甘味処や和菓子に用いるときはその名を変える。庶民文化研究の大家 町田忍さんにそのあたりの話を聞いた。今回も庶民文化研究所収蔵のコレクションとともに。


ジープ

ジープ

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。おそらく米軍も使用していたであろう初代ジープの姿をご紹介。


炭酸飲料の王道・ファンタ

炭酸飲料の王道・ファンタ

コカ・コーラにペプシコーラ…炭酸飲料と言えばコーラがあまりにも有名だが、コーラ以外の有名な炭酸飲料もたくさんあるもの。今回はその中でも抜群の知名度を誇るファンタをご紹介。庶民文化研究所秘蔵の空き缶コレクションをご覧あれ!


サバンナRX-7 | マツダ - 運転に「心地よい緊張感」をもたらすスポーツカー

サバンナRX-7 | マツダ - 運転に「心地よい緊張感」をもたらすスポーツカー

マツダ・サバンナ RX-7の2代目、FC3型系です。ロータリーエンジンのマツダが真のスポーツカー像を追求し、7年を掛けて作り上げた珠玉のスポーツカー。プアマンズポルシェ?なにそれ?石和温泉郷クラシックカーフェスティバル2018にて撮影。


最新の投稿


スカイラインHT2000GT │ 日産 - ケンメリと呼ばれた大人気車

スカイラインHT2000GT │ 日産 - ケンメリと呼ばれた大人気車

日産スカイラインの4代目、スカイラインHT2000GT C110型です。最上位車種のケンメリGT-Rにモディファイされがちな車種ながら、今回の1台はきれいな素のままの姿!在りし日の大人気車の姿が伺えます。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


【クルマニアックイズ】247本目

【クルマニアックイズ】247本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


昭和の銭湯建築 東京・月島湯

昭和の銭湯建築 東京・月島湯

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はもんじゃの街として有名な東京は月島にあった銭湯、月島湯をご紹介!


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

あるときは食べ物を食べる道具として、またあるときは歯に挟まったのを取るのに重宝する楊枝。甘味処や和菓子に用いるときはその名を変える。庶民文化研究の大家 町田忍さんにそのあたりの話を聞いた。今回も庶民文化研究所収蔵のコレクションとともに。