グランドシビック | ホンダ - 国内ツーリングカーレースでも大活躍!4代目EF型【旧車】

グランドシビック | ホンダ - 国内ツーリングカーレースでも大活躍!4代目EF型【旧車】

空前の大ヒットとなった先代「ワンダーシビック」から1987年にモデルチェンジしたのが、4代目EF型です。通称「グランドシビック」と呼ばれています。 先代より薄く低い印象になったボディは、「ヒラメ」をモチーフにしたデザインだそうです。


ヒラメをモチーフにしたというとおり、ヒラヒラ走るホットハッチ

グランドシビック

・モデル名 :シビック1.6Si(4代目・EF型)
・メーカー名:ホンダ
・年式   :1987
・撮影場所 :サクラオートヒストリーフォーラム2018
・撮影者  :会長

ワンダーより広く豪華で高性能になった「グランドシビック」

グランドシビック

空前の大ヒットとなった先代「ワンダーシビック」から1987年にモデルチェンジした、4代目EF型。通称「グランドシビック」だ。
先代より薄く低い印象になったボディは、「ヒラメ」をモチーフにしたデザインだという。
言われてみれば、路面に張り付くようにひらりひらりとコーナーをクリアしていく様子は、ヒラメに通じるものがある。

「1.6Si」はラインナップの中でスポーツモデルという位置づけで、130馬力を発揮するDOHCエンジンは高回転までよどみなく回り、胸のすくような加速をみせてくれる。
国内ツーリングカーレースが人気となり各社がしのぎを削るようになると、参戦しているモデルの市販車もパワー競争が激化していき、後期モデルではVTECエンジンも投入されるようになった。

スポーツイメージが強いこともあって、先代のワンダーシビック、次世代のスポーツシビックともども北米でも大人気となった。現地では若者たちが「スポコン(スポーツコンパクト)」と呼ばれるモディファイを施し、その過激なチューンとアツい走りから「ライス・ロケット」の代表格となっていったんだ。
人気カーアクション映画「ワイルド・スピード」シリーズの世界だね。

コンパクトな3ドアのスポーツハッチにも関わらず、後席が異例なほど広いのも特徴のひとつだ。ルーフが長いこともあって後席のヘッドクリアランスは上々で、狭い空間に無理やり入り込むという感じではない。
乗り込みやすいように、左右のドアがちょっと長いのはご愛敬だ。

グランドシビック
グランドシビック

関連する投稿


コンテッサ | 日野 – リアエンジンならではグリルレスなフロント

コンテッサ | 日野 – リアエンジンならではグリルレスなフロント

コンテッサはリアに搭載したエンジンで後輪を駆動するリアエンジン・リアドライブレイアウトを採用していた。


【クルマニアックイズ】400本目

【クルマニアックイズ】400本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ライフ | ホンダ - エンジンを水冷化して登場

ライフ | ホンダ - エンジンを水冷化して登場

N360~NⅢのヒットをうけ、エンジンを水冷化して登場したのが初代ライフ。


ブルーバード | 日産 - 国産車では数少ないピニンファリーナデザイン

ブルーバード | 日産 - 国産車では数少ないピニンファリーナデザイン

イタリアのスーパーカーなどのデザインで良く知られる「ピニンファリーナ」がスタリングを手掛けた数少ない国産車として知られる、2代目410系のブルーバードだ。


【クルマニアックイズ】397本目

【クルマニアックイズ】397本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


最新の投稿


コンテッサ | 日野 – リアエンジンならではグリルレスなフロント

コンテッサ | 日野 – リアエンジンならではグリルレスなフロント

コンテッサはリアに搭載したエンジンで後輪を駆動するリアエンジン・リアドライブレイアウトを採用していた。


【クルマニアックイズ】402本目

【クルマニアックイズ】402本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】401本目

【クルマニアックイズ】401本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


砲弾型手押しポンプ

砲弾型手押しポンプ

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は水道の発達以降、見かけることが少なくなった井戸の手押しポンプをご紹介。


【クルマニアックイズ】400本目

【クルマニアックイズ】400本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!