サバンナRX-7 | マツダ - 唯一無二、ロータリーエンジンのスポーツカー【旧車】

サバンナRX-7 | マツダ - 唯一無二、ロータリーエンジンのスポーツカー【旧車】

1985年にデビューした2代目FC型のRX-7は、初代のイメージを踏襲しつつもデザインやパッケージングを突き詰め、よりスポーティでかつスタイリッシュになりました。スポーツカーの文法をしっかりと踏まえた、王道をゆくスポーツクーペです。


2ローターをフロントミッドに積むピュアスポーツ

サバンナRX-7

・モデル名 :サバンナRX-7(2代目・FC型)
・メーカー名:マツダ
・年式   :1987
・撮影場所 :サクラオートヒストリーフォーラム2018
・撮影者  :会長

ロータリーエンジンを真に生かせるのは、やはりスポーツカー

サバンナRX-7
サバンナRX-7

ドイツで生まれたロータリーエンジンを実際に生産車に載せることに成功した唯一の自動車メーカー、それはいわずと知れたマツダだ。
レシプロエンジンのように往復運動を回転運動に変換する必要がなく、燃焼エネルギーをそのまま回転運動として取り出すことのできるロータリーエンジンは、理想のエンジンと言われていたこともあった。

技術的に越えなければならないハードルはいくつもあったにもかかわらず、ひとつひとつクリア様々な乗用車にロータリーエンジンを積んできたマツダ。
でもその真骨頂は、やはりスポーツカーであると信じていたのだろう、サバンナRX-7はその最適解の一つとして、長く熟成を続けて来られた。

1985年にデビューした2代目FC型のRX-7は、初代のイメージを踏襲しつつもデザインやパッケージングを突き詰め、よりスポーティでかつスタイリッシュになった。
ブリスター風にボリュームアップされたフェンダーやなだらかな傾斜が強調されたウインドウグラフィック、ほとばしるパワーを想起させるボンネットのパワーバルジとエアインテーク・・・スポーツカーの文法をしっかりと踏まえた、王道をゆくスポーツクーペだ。

スポーツカーの文法にのっとったことで、やはり理論的なスポーツカーの代表格であるポルシェの944に似通ったイメージになってしまったのは認めざるを得ないところだろう。
でも、別にそれだっていいじゃないか。
「プアマンズポルシェ」なんて呼ばれ方もしていたが、言ってしまえばいわゆるスーパーカーを除いてポルシェは量産スポーツカーの頂点である。それになぞらえられるということは、むしろ光栄なことと言っていいはずだ。
それと比肩するようなスポーツカーが安く買えるということは、それだけバリューフォーマネーが高いということだってできる。

こと日本でいえば、そんな素晴らしいスポーツカーが比較的手軽に手に入れられて、自分好みに仕立てるパーツやノウハウが豊富にあって、仲間がたくさんいるなんていう素晴らしい状況だったのだ。若いころにFCでウデを磨いた人も多いことだろう。
紆余曲折あってマツダのロータリースポーツはいったん一時停止しているけれど、またいつか復活して胸のすくような走りを楽しませてくれる日が来ると信じたい。

サバンナRX-7
サバンナRX-7
サバンナRX-7

関連する投稿


スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

いつの時代も、スカイラインはクルマ好き憧れの1台でした。 歴代のモデルに自然発生的なニックネームがつけられ、誰もがそれを知っているようなクルマがほかにありません。


シティ | ホンダ - シティはニュースであふれてる!大ブームになった初代【旧車】

シティ | ホンダ - シティはニュースであふれてる!大ブームになった初代【旧車】

80年代の省エネカーの決定版を作る、というコンセプトのもと、平均年齢27歳の若手メンバーたちが作り出したという初代シティ。 世の中がどんどん豊かになっていった当時、クルマはより速く、大きく、豪華で力強くなっていきました。


プレリュード | ホンダ - 「女子大生ホイホイ」とまで呼ばれたデートカーの雄【旧車】

プレリュード | ホンダ - 「女子大生ホイホイ」とまで呼ばれたデートカーの雄【旧車】

NSXが登場するまで、ホンダのスポーティカーでは最上位クラスに位置付けられていたのがプレリュードです。セリカなどと並んでスペシャリティクーペ市場に火をつけた、若者に大人気の車種の代表格でした。


バモス | ホンダ - ホンダ以外には作れない!?フルオープン軽トラ【旧車】

バモス | ホンダ - ホンダ以外には作れない!?フルオープン軽トラ【旧車】

乗り方はオーナー次第で無限大に広がる、ある意味究極のマルチパーパスカーがこのバモスホンダです。建築現場だとか農作業、牧場などでのタフな作業車としてのニーズや、観光地などでの送迎や遊覧、アウトドア遊びのレジャーカーとしての利用が想定されていました。


ダットサン240Z | 日産 - 世界中が日本のスポーツカーに飛びついた【旧車】

ダットサン240Z | 日産 - 世界中が日本のスポーツカーに飛びついた【旧車】

1967年に発売されたトヨタ2000GTは、日本発のスーパースポーツとして注目され、大変な話題になりました。2000GTのロングノーズショーとデッキのプロポーションは大変美しいし、魅力的です。


最新の投稿


象印スコップ・ショベル(かんばん) - 象は象でも「金象印」!

象印スコップ・ショベル(かんばん) - 象は象でも「金象印」!

「象印」で思いつくのは魔法瓶や電気炊飯器でおなじみのあのメーカーですよね。ではこの象印は?魔法瓶とスコップ、はたして同じメーカーが作っていたのでしょうか?


子どものギャンブル?カプセルトイ

子どものギャンブル?カプセルトイ

今回は、子どもの射幸心を煽ってやまなかった魅惑のおもちゃ・カプセルトイをご紹介。出てくるまで中身がわからない、ほしいものを手に入れたいという気持ちが刺激され、お小遣いを吸い取られた人も多いハズ。庶民文化研究所の町田忍所長もそんなひとり。町田少年の思い出とともにカプセルトイの懐かしい話を。


【クルマニアックイズ】157本目

【クルマニアックイズ】157本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

いつの時代も、スカイラインはクルマ好き憧れの1台でした。 歴代のモデルに自然発生的なニックネームがつけられ、誰もがそれを知っているようなクルマがほかにありません。


【クルマニアックイズ】156本目

【クルマニアックイズ】156本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!