シティカブリオレ | ホンダ - まるでカスタムカーのような小型オープンカー【旧車】

シティカブリオレ | ホンダ - まるでカスタムカーのような小型オープンカー【旧車】

マッドネスのムカデダンスと「In the CITY」の歌が印象的なCMでデビューした初代シティは、トールボーイスタイルの斬新なデザインや軽量で快活な走り、意外と広い室内などで大人気となりました。


ロードスターが登場するまで、国産オープンのトップセラーだった

シティカブリオレ

・モデル名 :シティ カブリオレ
・メーカー名:ホンダ
・年式   :1985
・撮影場所 :サクラオートヒストリーフォーラム2018
・撮影者  :会長

オープン化のリデザインをピニンファリーナが手掛けた

シティカブリオレ

マッドネスのムカデダンスと「In the CITY」の歌が印象的なCMでデビューした初代シティ。
トールボーイスタイルの斬新なデザインや軽量で快活な走り、意外と広い室内などで大人気となった。
どちらかというとファンカー的な位置づけだったが、ターボが出るや走り方面のユーザーにも注目され、さらにハイパフォーマンスカーらしいボディキットをまとい専用チューンも施された「ターボⅡ」もデビューした。

ターボⅡはその低く構えた可愛らしいずんぐりスタイルから「ブルドッグ」の愛称で呼ばれていたけど、ブリスターフェンダーやスポイラー形状のバンパー、その他ディテールアップが施されていて、まるでドレスアップカーのようでもあった。
そのブルドッグのボディパーツを流用しつつ、ピニンファリーナが上屋を切ってリデザインしたのが「カブリオレ」というわけだ。

フォルクスワーゲンのゴルフ・カブリオレやクライスラー・PTクルーザーカブリオレなどと同様に太いロールバーが残るタイプのオープンだ。開口部が大きくなりがちな4人乗りには、このロールバーはボディ剛性や安全性を確保する上でもとても有効だ。
前後のオーバーハングが短いハッチバック車をベースにしているので、このロールバーがなんだか「花かご」の持ち手のように見えて、なんとも愛らしい雰囲気になる。
ゴルフの場合は、この形状を「ストロベリーバスケット」と呼んだりもするね。

もともと走りも楽しく見た目も可愛らしく、といいつつも適度にスポーティな装いをしていたシティがカブリオレになったのだから、こんなクルマ楽しくないワケがない!
4人無理なく乗れ適度に実用性も確保されているオープンカーはなかなか稀有な存在だったので、実はマツダ・ロードスター(NA型)がデビューするまで国産オープンカーではトップクラスの売れ行きを誇ったのだった。

ちなみにターボⅡ(ブルドッグ)とのボディの差異点は分かるかな?
「車名あてクイズ」で出題したことがあるので、ぜひ挑戦してみてほしい。

シティカブリオレ
シティカブリオレ
シティカブリオレ

関連する投稿


ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

2代目となったミラでは、ライバルのアルト(アルトワークス)に先駆けて、専用エアロパーツで武装し専用チューンを施した高性能バージョン『TR-XX』を発売。ハイパフォーマンス軽という新ジャンルを生み出した。


サニー1000デラックス(初代・B10型) | 日産 - 約800万通から名前を決めた【旧車】

サニー1000デラックス(初代・B10型) | 日産 - 約800万通から名前を決めた【旧車】

各社が700~1000ccクラスの小型ベーシックカーの開発を急ピッチで進めるなか、日産社内でもダットサンやブルーバードに続く小型モデルが求められていた。そこで新たに誕生したのが、そののち長く小排気量クラスを担う主力車種、サニーだった。


カローラレビン1600GT(2代目後期・TE55型) | トヨタ - 規制に翻弄されたレビン【旧車】

カローラレビン1600GT(2代目後期・TE55型) | トヨタ - 規制に翻弄されたレビン【旧車】

2代目レビンは昭和50年排出ガス規制をクリアすることができず、デビューの翌年にわずか256台をもって製造中止となってしまった。そして2年の月日が流れ去り、昭和52年(1977年)1月、レビンがモデルチェンジしたという体で、トレノとともに復活。それが、2代目後期型・TE55型カローラレビンだ。


コンテッサ900(初代・PC10型) | 日野 - 日野ルノーの製造を経て作ったオリジナル【旧車】

コンテッサ900(初代・PC10型) | 日野 - 日野ルノーの製造を経て作ったオリジナル【旧車】

旧車イベントに出かけるとかなりの確率で出会うことができる、日野コンテッサ。日野が乗用車を作っていたことを知っているとなると、やはり一定の年齢以上の世代になってしまうでしょう。日野自動車といえば、バスやトラックなどの商用車メーカーというイメージが強くあります。


911カレラ(2代目・930型) | ポルシェ - 今なお現役であり続ける空冷モデル【旧車】

911カレラ(2代目・930型) | ポルシェ - 今なお現役であり続ける空冷モデル【旧車】

クルマ好きならば一度は憧れたことがある人も多いだろう、スポーツカーの雄・ポルシェ911。なかでも2代目となる「930型」は、昔ながらのカエル顔のイメージが強く、ポルシェといえばコレ!という人も少なくありません。


最新の投稿


ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

2代目となったミラでは、ライバルのアルト(アルトワークス)に先駆けて、専用エアロパーツで武装し専用チューンを施した高性能バージョン『TR-XX』を発売。ハイパフォーマンス軽という新ジャンルを生み出した。


消防車

消防車

昭和の生活を庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストで振り返る「昭和レトロ画帖」。今回のコレクションは昭和に活躍したSUV型消防車!日産パトロールがベースの消防車だ。


【クルマニアックイズ】213本目

【クルマニアックイズ】213本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】212本目

【クルマニアックイズ】212本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


サニー1000デラックス(初代・B10型) | 日産 - 約800万通から名前を決めた【旧車】

サニー1000デラックス(初代・B10型) | 日産 - 約800万通から名前を決めた【旧車】

各社が700~1000ccクラスの小型ベーシックカーの開発を急ピッチで進めるなか、日産社内でもダットサンやブルーバードに続く小型モデルが求められていた。そこで新たに誕生したのが、そののち長く小排気量クラスを担う主力車種、サニーだった。