フロンテクーペGX | スズキ - 2人乗りのスペシャリティクーペ【旧車】

フロンテクーペGX | スズキ - 2人乗りのスペシャリティクーペ【旧車】

各社がサブロク軽にスペシャリティ感のあるクーペを投入していく中、このカテゴリーに他社から少し遅れて満を持して登場したのがフロンテクーペです。 とにかく低くなだらかでスタイリッシュなボディラインと、他車に比べて高性能だったフロンテクーペは発売当初2シーターでデビューしました。


世界一コンパクトなスポーツクーペ!?

フロンテクーペGX

・モデル名 :フロンテクーペGX
・メーカー名:スズキ
・年式   :1972
・撮影場所 :お台場旧車天国2018
・撮影者  :会長

ジウジアーロのデザインをベースに誕生した美しいクーペ

フロンテクーペGX

各社がサブロク軽にスペシャリティ感のあるクーペを投入していく中、このカテゴリーに他社から少し遅れて満を持して登場したのがフロンテクーペだ。
とにかく低くなだらかでスタイリッシュなボディラインと、他車に比べて高性能だったフロンテクーペは発売当初2シーターでデビューしたんだ。

伝統的なRRの2ドアクーペスタイルで、スタイリングはかのジョルジェット・ジウジアーロがデザインしたモックアップを国内でアレンジしたものと言われている。
もともとのジウジアーロデザインは、フロンテクーペよりだいぶハイトの高いデザインで居住性もある程度重視したものだったが、どういうわけかだいぶルーフをチョップしてしまい、2シーターという割り切ったレイアウトになった。

著名なカーデザイナーのスケッチを国内でアレンジ・・・なんていうと、出してみたものの売れなかったのでどんどん和風なテイストに改造してしまうケース(これってすごい思い当たる車種がいくつかあるよね)を想像してしまいがち。
だけどなぜかフロンテクーペに限っては、後にも先にもないほどスタイリッシュで完成度の高いデザインになってしまったんだ。
いうなればそう・・・明太子パスタなどの和風パスタみたいなものか。魔改造もいいところだけど、なぜかとてもおいしいという。

フロンテクーペは先に述べたように、当初は2シーターだった。シート後方の空間はラゲッジスペースとされ、「ふたりだけのクーペ」というスポーツカーらしさ満点のキャッチコピーが充てられたりしていた。

なんだかんだ言っても自動車というのは高価な買い物で、良いと思っていてもアソビクルマ感が強くなってしまう2シーターというのは、いざ買いたいと思ってもつい二の足を踏んでしまうものだ。
やはりそこはお客様の声なのか営業サイドの意見なのかわからないけど、「(めちゃくちゃ狭くても)いざとなればうしろに2人乗れる」という言い訳は、購入の後押しになる。
デビューから半年後に、リアにエマージェンシーシートを足した2+2モデルが投入されるやいなや、人気が集中したんだ。

ともあれ、マイクロスポーツクーペたるフロンテクーペは、スタイリッシュで走りも快活で大人気となった。
結構速いからか、フロンテクーペや後継のセルボのミニパトを見かけることがあった。
かわいい婦警さんが乗ってたりすると、結構絵になっていてよかった記憶があるな。あまりお世話にはなりたくなかったけどね。

フロンテクーペGX

関連する投稿


クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?クラウン6代目後期型「オニクラ」【旧車】

クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?クラウン6代目後期型「オニクラ」【旧車】

純和風セダンの雄、トヨタ・クラウン。 歴代のキャッチコピーにもジャポネスクな香りが漂うものが多く、6代目も前期型は「日本の薫り」を掲げていました。


スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイラインといえばGT、「スカG」と略して呼ばれるのが常です。その中でも、ケンメリは合計67万台も製造されていた、歴代スカイライントップのヒット作でした。


フェアレディZ C-S31 | 日産 - 熟成が進んだ初代Z後期型【旧車】

フェアレディZ C-S31 | 日産 - 熟成が進んだ初代Z後期型【旧車】

高性能でカッコいいけど、頑張れば手に届くスポーツカー。それが「Z」がヒットした、最大の理由といえます。シンプルでタフな伝統の日産L型エンジンは、自分の手を汚して弄る楽しみにあふれており、それを許容する度量の深さも備えていました。


【クルマニアックイズ】160本目

【クルマニアックイズ】160本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


コスモスポーツ | マツダ - 社運をかけて送り出した世界初の量産ロータリー【旧車】

コスモスポーツ | マツダ - 社運をかけて送り出した世界初の量産ロータリー【旧車】

ドイツで生まれ、日本で育ち、そして大人になっていったロータリーエンジン、 その第1歩がこのコスモスポーツです。当時の東洋工業社長の松田氏がそのプロトタイプに乗って登場したシーンは、たいへんな驚きと歓迎をもって繰り返し報道され話題となりました。


最新の投稿


クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?クラウン6代目後期型「オニクラ」【旧車】

クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?クラウン6代目後期型「オニクラ」【旧車】

純和風セダンの雄、トヨタ・クラウン。 歴代のキャッチコピーにもジャポネスクな香りが漂うものが多く、6代目も前期型は「日本の薫り」を掲げていました。


【クルマニアックイズ】161本目

【クルマニアックイズ】161本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイラインといえばGT、「スカG」と略して呼ばれるのが常です。その中でも、ケンメリは合計67万台も製造されていた、歴代スカイライントップのヒット作でした。


仮面ライダーは永遠のヒーロー!進化する仮面ライダーの愛機たち

仮面ライダーは永遠のヒーロー!進化する仮面ライダーの愛機たち

Dr.近藤のコレクションから昔懐かしい特撮・アニメのヒーローたちを紹介する『特撮・アニメヒーロー図鑑』。今回の特集も仮面ライダー×バイク!今回は昭和末期から平成初頭にかけてのライダーとその愛機を紹介しよう!


昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~お呼びでない?~

昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~お呼びでない?~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は番外編。昭和に散った「ギャグ系死語」。初回は「お呼びでない?」。日本のサラリーマンの権化とも言える植木等を代表するギャグである。