フロンテクーペGX | スズキ - 2人乗りのスペシャリティクーペ【旧車】

フロンテクーペGX | スズキ - 2人乗りのスペシャリティクーペ【旧車】

各社がサブロク軽にスペシャリティ感のあるクーペを投入していく中、このカテゴリーに他社から少し遅れて満を持して登場したのがフロンテクーペです。 とにかく低くなだらかでスタイリッシュなボディラインと、他車に比べて高性能だったフロンテクーペは発売当初2シーターでデビューしました。


世界一コンパクトなスポーツクーペ!?

フロンテクーペGX

・モデル名 :フロンテクーペGX
・メーカー名:スズキ
・年式   :1972
・撮影場所 :お台場旧車天国2018
・撮影者  :会長

ジウジアーロのデザインをベースに誕生した美しいクーペ

フロンテクーペGX

各社がサブロク軽にスペシャリティ感のあるクーペを投入していく中、このカテゴリーに他社から少し遅れて満を持して登場したのがフロンテクーペだ。
とにかく低くなだらかでスタイリッシュなボディラインと、他車に比べて高性能だったフロンテクーペは発売当初2シーターでデビューしたんだ。

伝統的なRRの2ドアクーペスタイルで、スタイリングはかのジョルジェット・ジウジアーロがデザインしたモックアップを国内でアレンジしたものと言われている。
もともとのジウジアーロデザインは、フロンテクーペよりだいぶハイトの高いデザインで居住性もある程度重視したものだったが、どういうわけかだいぶルーフをチョップしてしまい、2シーターという割り切ったレイアウトになった。

著名なカーデザイナーのスケッチを国内でアレンジ・・・なんていうと、出してみたものの売れなかったのでどんどん和風なテイストに改造してしまうケース(これってすごい思い当たる車種がいくつかあるよね)を想像してしまいがち。
だけどなぜかフロンテクーペに限っては、後にも先にもないほどスタイリッシュで完成度の高いデザインになってしまったんだ。
いうなればそう・・・明太子パスタなどの和風パスタみたいなものか。魔改造もいいところだけど、なぜかとてもおいしいという。

フロンテクーペは先に述べたように、当初は2シーターだった。シート後方の空間はラゲッジスペースとされ、「ふたりだけのクーペ」というスポーツカーらしさ満点のキャッチコピーが充てられたりしていた。

なんだかんだ言っても自動車というのは高価な買い物で、良いと思っていてもアソビクルマ感が強くなってしまう2シーターというのは、いざ買いたいと思ってもつい二の足を踏んでしまうものだ。
やはりそこはお客様の声なのか営業サイドの意見なのかわからないけど、「(めちゃくちゃ狭くても)いざとなればうしろに2人乗れる」という言い訳は、購入の後押しになる。
デビューから半年後に、リアにエマージェンシーシートを足した2+2モデルが投入されるやいなや、人気が集中したんだ。

ともあれ、マイクロスポーツクーペたるフロンテクーペは、スタイリッシュで走りも快活で大人気となった。
結構速いからか、フロンテクーペや後継のセルボのミニパトを見かけることがあった。
かわいい婦警さんが乗ってたりすると、結構絵になっていてよかった記憶があるな。あまりお世話にはなりたくなかったけどね。

フロンテクーペGX

関連する投稿


ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

2代目となったミラでは、ライバルのアルト(アルトワークス)に先駆けて、専用エアロパーツで武装し専用チューンを施した高性能バージョン『TR-XX』を発売。ハイパフォーマンス軽という新ジャンルを生み出した。


サニー1000デラックス(初代・B10型) | 日産 - 約800万通から名前を決めた【旧車】

サニー1000デラックス(初代・B10型) | 日産 - 約800万通から名前を決めた【旧車】

各社が700~1000ccクラスの小型ベーシックカーの開発を急ピッチで進めるなか、日産社内でもダットサンやブルーバードに続く小型モデルが求められていた。そこで新たに誕生したのが、そののち長く小排気量クラスを担う主力車種、サニーだった。


カローラレビン1600GT(2代目後期・TE55型) | トヨタ - 規制に翻弄されたレビン【旧車】

カローラレビン1600GT(2代目後期・TE55型) | トヨタ - 規制に翻弄されたレビン【旧車】

2代目レビンは昭和50年排出ガス規制をクリアすることができず、デビューの翌年にわずか256台をもって製造中止となってしまった。そして2年の月日が流れ去り、昭和52年(1977年)1月、レビンがモデルチェンジしたという体で、トレノとともに復活。それが、2代目後期型・TE55型カローラレビンだ。


コンテッサ900(初代・PC10型) | 日野 - 日野ルノーの製造を経て作ったオリジナル【旧車】

コンテッサ900(初代・PC10型) | 日野 - 日野ルノーの製造を経て作ったオリジナル【旧車】

旧車イベントに出かけるとかなりの確率で出会うことができる、日野コンテッサ。日野が乗用車を作っていたことを知っているとなると、やはり一定の年齢以上の世代になってしまうでしょう。日野自動車といえば、バスやトラックなどの商用車メーカーというイメージが強くあります。


911カレラ(2代目・930型) | ポルシェ - 今なお現役であり続ける空冷モデル【旧車】

911カレラ(2代目・930型) | ポルシェ - 今なお現役であり続ける空冷モデル【旧車】

クルマ好きならば一度は憧れたことがある人も多いだろう、スポーツカーの雄・ポルシェ911。なかでも2代目となる「930型」は、昔ながらのカエル顔のイメージが強く、ポルシェといえばコレ!という人も少なくありません。


最新の投稿


ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

2代目となったミラでは、ライバルのアルト(アルトワークス)に先駆けて、専用エアロパーツで武装し専用チューンを施した高性能バージョン『TR-XX』を発売。ハイパフォーマンス軽という新ジャンルを生み出した。


消防車

消防車

昭和の生活を庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストで振り返る「昭和レトロ画帖」。今回のコレクションは昭和に活躍したSUV型消防車!日産パトロールがベースの消防車だ。


【クルマニアックイズ】213本目

【クルマニアックイズ】213本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】212本目

【クルマニアックイズ】212本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


サニー1000デラックス(初代・B10型) | 日産 - 約800万通から名前を決めた【旧車】

サニー1000デラックス(初代・B10型) | 日産 - 約800万通から名前を決めた【旧車】

各社が700~1000ccクラスの小型ベーシックカーの開発を急ピッチで進めるなか、日産社内でもダットサンやブルーバードに続く小型モデルが求められていた。そこで新たに誕生したのが、そののち長く小排気量クラスを担う主力車種、サニーだった。