ピアッツァ ターボXE | いすゞ - まるでショーカーそのままのスタイル【旧車】

ピアッツァ ターボXE | いすゞ - まるでショーカーそのままのスタイル【旧車】

名車の誉れ高く、今なおファンも多いいすゞの名車・117クーペの後継車として、同じくジウジアーロが手掛けた初代ピアッツァです。


名車117クーペの後継として、同じくジウジアーロがデザインしたスペシャルクーペ

ピアッツァ ターボXE

・モデル名 :ピアッツァ 2000ターボXE
・メーカー名:いすゞ
・年式   :1984
・撮影場所 :横浜ヒストリックカーデイ2018
・撮影者  :会長

日本一美しいクーペとも称されたスタイルはいまも鮮やか

ピアッツァ ターボXE

名車の誉れ高く、今なおファンも多いいすゞの名車・117クーペの後継車として、同じくジウジアーロが手掛けた初代ピアッツァ。
1979年のジュネーブ・ショーに「アッソ・デ・フィオーリ(クラブのエースの意)」として発表されたショーモデルを限りなく生産型に落とし込んだ、まさにショーカー然とした美しいクーペだ。

もちろん法規の問題や生産上の都合などもあってそのままの形ではないが、フロントウィンドウの角度を除きかなり忠実に再現されていると言われている。
もっとも、当時の日本の法規ではフェンダーミラーにせざるを得なかったため、そこはかのジウジアーロもかなり残念がっていた(というより、激怒したらしい)という。
後のマイナーチェンジでドアミラーが実現され、それを見て納得の表情を示したという話も聞くが、これだけのデザインを作り上げた本人からしたらそれも当然だろう。

ピアッツァのドライブトレーンは、同時代のジェミニや旧型の117クーペのものを流用することで価格も抑えられ、発表からわずか2年での発売にこぎつけたという。
だがそれは、スタイルは先進的でも中身は旧態ということでもある。
たとえばXEは車重が1190kgほどなのだが、これを150psのエンジンで引っ張ろうとすると結構厳しい。キビキビ走るという感じではないのが正直なところだろう。
それに、あまり官能的なフィールのエンジンではなかったのも残念なところだ。

こんなすごいスタイルのクルマが、速くてファン・トゥ・ドライブなフィールを持っていたら・・・例えば気持ちのいい音を聴かせてくれるエンジンだったら・・・。
もちろんピアッツァが名車であることには変わりないのだけど、もっともっとスゴイことになっていたんじゃないだろうかと妄想してしまう。

今になってもそんなことを考えさせてしまう、そんなところがこのピアッツァというスペシャリティカーの持つ魔力なのかもしれない。
もしかしたら伝説になるために、ジウジアーロといすゞがそこまで考えていたなんて・・・ことはないだろうか。

ピアッツァ ターボXE
ピアッツァ ターボXE

関連する投稿


ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

2代目となったミラでは、ライバルのアルト(アルトワークス)に先駆けて、専用エアロパーツで武装し専用チューンを施した高性能バージョン『TR-XX』を発売。ハイパフォーマンス軽という新ジャンルを生み出した。


サニー1000デラックス(初代・B10型) | 日産 - 約800万通から名前を決めた【旧車】

サニー1000デラックス(初代・B10型) | 日産 - 約800万通から名前を決めた【旧車】

各社が700~1000ccクラスの小型ベーシックカーの開発を急ピッチで進めるなか、日産社内でもダットサンやブルーバードに続く小型モデルが求められていた。そこで新たに誕生したのが、そののち長く小排気量クラスを担う主力車種、サニーだった。


カローラレビン1600GT(2代目後期・TE55型) | トヨタ - 規制に翻弄されたレビン【旧車】

カローラレビン1600GT(2代目後期・TE55型) | トヨタ - 規制に翻弄されたレビン【旧車】

2代目レビンは昭和50年排出ガス規制をクリアすることができず、デビューの翌年にわずか256台をもって製造中止となってしまった。そして2年の月日が流れ去り、昭和52年(1977年)1月、レビンがモデルチェンジしたという体で、トレノとともに復活。それが、2代目後期型・TE55型カローラレビンだ。


コンテッサ900(初代・PC10型) | 日野 - 日野ルノーの製造を経て作ったオリジナル【旧車】

コンテッサ900(初代・PC10型) | 日野 - 日野ルノーの製造を経て作ったオリジナル【旧車】

旧車イベントに出かけるとかなりの確率で出会うことができる、日野コンテッサ。日野が乗用車を作っていたことを知っているとなると、やはり一定の年齢以上の世代になってしまうでしょう。日野自動車といえば、バスやトラックなどの商用車メーカーというイメージが強くあります。


911カレラ(2代目・930型) | ポルシェ - 今なお現役であり続ける空冷モデル【旧車】

911カレラ(2代目・930型) | ポルシェ - 今なお現役であり続ける空冷モデル【旧車】

クルマ好きならば一度は憧れたことがある人も多いだろう、スポーツカーの雄・ポルシェ911。なかでも2代目となる「930型」は、昔ながらのカエル顔のイメージが強く、ポルシェといえばコレ!という人も少なくありません。


最新の投稿


ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

2代目となったミラでは、ライバルのアルト(アルトワークス)に先駆けて、専用エアロパーツで武装し専用チューンを施した高性能バージョン『TR-XX』を発売。ハイパフォーマンス軽という新ジャンルを生み出した。


消防車

消防車

昭和の生活を庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストで振り返る「昭和レトロ画帖」。今回のコレクションは昭和に活躍したSUV型消防車!日産パトロールがベースの消防車だ。


【クルマニアックイズ】213本目

【クルマニアックイズ】213本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】212本目

【クルマニアックイズ】212本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


サニー1000デラックス(初代・B10型) | 日産 - 約800万通から名前を決めた【旧車】

サニー1000デラックス(初代・B10型) | 日産 - 約800万通から名前を決めた【旧車】

各社が700~1000ccクラスの小型ベーシックカーの開発を急ピッチで進めるなか、日産社内でもダットサンやブルーバードに続く小型モデルが求められていた。そこで新たに誕生したのが、そののち長く小排気量クラスを担う主力車種、サニーだった。