ローレル | 日産 - 高性能を「ゆとり」として楽しむセダン・初代ローレル【旧車】

ローレル | 日産 - 高性能を「ゆとり」として楽しむセダン・初代ローレル【旧車】

より大衆向けのセダンであるブルーバード、ショーファードリブンが中心のセドリックの間のユーザー、豊かな個人ドライバーを狙って登場したのが初代ローレル・C30型です。


自分で運転を楽しむハイクラス車、それがハイオーナーカー

ローレル

・モデル名 :ローレル(初代・C30型系)
・メーカー名:日産
・年式   :1970
・撮影場所 :横浜ヒストリックカーデイ2018
・撮影者  :会長

余裕ある性能と乗り味を楽しむのはハイオーナーカーの特権

ローレル

より大衆向けのセダンであるブルーバード、ショーファードリブンが中心のセドリックの間のユーザー、豊かな個人ドライバーを狙って登場したのが初代ローレル・C30型だ。
いわゆる「ハイオーナー」を標榜し、自分で運転を楽しむ大きめの余裕あるクルマを提案したローレルは、そのゆとりがたたずまいにも表れている優美なスタイルを誇る。

どことなく510型ブルーバードやハコスカあたりと似通ったスタリングをしているのは、やはり同時期に開発が進んでいたからだろう。機構面も相通じるものが多い。
おりしもブルーバードとトヨペット・コロナの熾烈な販売競争が激化していた当時、トヨタにはコロナより少し上のクラスのめぼしい車種がなく、その後はマークⅡをライバルとして切磋琢磨しながらアッパーミドルクラスを2車でけん引していった。

空調性能が良くなり三角窓が必要なくなったことや、広い後席にともない拡大されたホイールベースが伸びやかなリアスタイルを実現させたりと、新しい時代のセダンとして魅力的なローレル。
ローレルは「月桂樹」の意味だけど、古代ギリシアでは霊木として葉のついた若枝を編んで「月桂冠」とし、勝利と栄光のシンボルとして勝者や優秀な者達、そして大詩人の頭に被せたりした。
スタイリッシュで力強く、そしてハイクラス感のある、まさにハイオーナーカーにピッタリの名前だと感心させられてしまう。

ローレル
ローレル

関連する投稿


デ・トマソ・パンテーラ - アメリカンマッスルなテイストのスーパーカー

デ・トマソ・パンテーラ - アメリカンマッスルなテイストのスーパーカー

パンテーラはイタリアのデ・トマソ製のボディとアメリカ・フォードのエンジンを組み合わせて作られた、アメリカンマッスルなテイストを持ったスーパーカーだ。


スカイライン | プリンス - スポーティーに進化する小型ファミリーセダン

スカイライン | プリンス - スポーティーに進化する小型ファミリーセダン

2代目スカイラインは「プリンス・スカイライン」としてデビューしたんだけど、1966年にプリンスが日産に吸収合併されたので、67年型以降は「日産・プリンス・スカイライン」となったんだ。


コンテッサ | 日野 - 伯爵夫人の名にふさわしくとても快適なサルーン

コンテッサ | 日野 - 伯爵夫人の名にふさわしくとても快適なサルーン

クラシックカーイベントの常連、日野コンテッサは旧車好きに大人気の車種だね。


ダットサン・ブルーバード | 日産 - イタリアのカロッツェリア、ピニンファリーナがデザイン

ダットサン・ブルーバード | 日産 - イタリアのカロッツェリア、ピニンファリーナがデザイン

2代目ブルーバードは、なんとフェラーリなどを手掛けることで有名なイタリアのカロッツェリア、ピニンファリーナがデザインしたんだ。


スポーツ800 | トヨタ - パブリカをベースのスポーティカー

スポーツ800 | トヨタ - パブリカをベースのスポーティカー

トヨタのパブリカをベースに作られたスポーティカー、スポーツ800!通称「ヨタハチ」は旧車ファンの間ではトップクラスの人気を誇る名車だね。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】341本目

【クルマニアックイズ】341本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


デ・トマソ・パンテーラ - アメリカンマッスルなテイストのスーパーカー

デ・トマソ・パンテーラ - アメリカンマッスルなテイストのスーパーカー

パンテーラはイタリアのデ・トマソ製のボディとアメリカ・フォードのエンジンを組み合わせて作られた、アメリカンマッスルなテイストを持ったスーパーカーだ。


【クルマニアックイズ】340本目

【クルマニアックイズ】340本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】339本目

【クルマニアックイズ】339本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


スカイライン | プリンス - スポーティーに進化する小型ファミリーセダン

スカイライン | プリンス - スポーティーに進化する小型ファミリーセダン

2代目スカイラインは「プリンス・スカイライン」としてデビューしたんだけど、1966年にプリンスが日産に吸収合併されたので、67年型以降は「日産・プリンス・スカイライン」となったんだ。