わっしょいわっしょい!祭りを盛り上げる御神輿の思い出

わっしょいわっしょい!祭りを盛り上げる御神輿の思い出

今回は、威勢のいい掛け声が清々しい、祭りのシンボル「御神輿」についてご紹介しよう。庶民文化研究所所長の町田忍さんは大のお祭り好き!実際に担いだ神輿を含め、様々な神輿の思い出を語ってもらった!


ねじり鉢巻、法被で神輿!いなせだね!

こちらの神輿の前で粋なポーズを決めている江戸っ子は、なにを隠そう庶民文化研究所所長の町田忍さん、その人である。
東京は浅草、三社祭で町田さんが実際に神輿を担いだときの一コマだそうだ。なんでも町田さんは大のお祭り好きらしく、三社祭にはよく参加しているようだ。
今年は様々なイベントが延期になってしまったが、その影響は各地の祭りにも及んでいる。
日本から祭りというものが消えてしまうのは、町田さんのような祭り好きはもちろん、日本人として寂しいものがある。というわけで、今回は御神輿の写真をご紹介することで、あの粋でいなせな祭りの熱気をお届けしたいと思う。
今回紹介するのは、冒頭の三社祭と、町田さんの地元の町会の神輿だ。

三社祭

浅草、そして東京を代表する大規模なお祭りである三社祭。
浅草といえば雷門で有名な浅草寺、ではあるが、実は三社祭は浅草寺境内にある浅草神社の例大祭だ。
浅草寺の本尊となっている観音像を見つけた三人の男性が御祭神となっていて、三社祭では名前の通り、それぞれの御祭神にちなんだ宮神輿が三基、街中を練り歩くのだ。

三社祭

メインとなるのは三基の宮神輿だが、各町会の神輿も見事なもの。
こちらは、町田さんがいつも担ぐ雷門西町会の神輿だが、宮神輿と同じく、浅草の老舗「宮本卯之助商店」で作られた、豪華な彩色の神輿だ。
ちなみに、町田さんによると宮神輿を担ぐには相当な覚悟がいるそうだ。
なにせ、屈強な男たちがみな宮神輿を担ぎたくてウズウズしているのだ。この群衆をくぐり抜けたものだけが宮神輿を担ぐ栄誉に預かれるのだ!

ちなみに、担ぎ棒に立ち上がる姿を目にしたこともあるだろうが、あれはご法度!
けが人や神輿の破損などもあって、厳しく取り締まられている。
それでも上がろうとしちゃうんだけどね………。火事と喧嘩は江戸の華かもしれないけど、守るべきルールは守るべきだろう。

町田さんの地元の町会の神輿

町田さんの地元の町会の神輿

豪華な神輿だが、こちらは町田さんの地元の町会の神輿。
こちらも三社祭の御神輿と同じく「宮本卯之助商店」謹製のものとのこと。
様式は四方唐破風で本漆に金箔使用という超豪華仕様!

特徴は軒を支えている「斗供」(ときょう)という組み物が全て「龍」の顔になっているという特長がある。
さらにその下は干支や神話を題材とした彫刻が施されている。

町田さんの地元の町会の神輿
町田さんの地元の町会の神輿

この精巧な造り。
まさしく動く工芸品という言葉がふさわしい立派な御神輿である。
これだけ豪華な造りなので、その重さもとんでもなく、なんと総重量は300キロ!

これを担ぐためには交代要員も含め、約150名の人力が必要になるという。
残念ながら、この御神輿の出番も今年はお預け。この神輿の担ぎ手となっている町田さんの姿を来年こそはみたいものである。

いまでも神輿を担ぐお祭り自体は伝統的に、様々な地域で行われてはいるものの、年々若い担ぎ手が少なくなってきていると聞く。
我々の時代は、小さな子ども神輿を担ぎながらもいつか、大きな大人の御神輿を担ぎたいと思ったものだが、現代っ子は違うらしい。
時代の流れとはいえ切ない。なんとかして子どもたちにも、あの担ぐ喜びを伝えていきたいものである。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


昭和に散ったファッション系死語の世界 ~とっくり~

昭和に散ったファッション系死語の世界 ~とっくり~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。 今回ご紹介する死語は「とっくり」。徳利ではなく、徳利のようなセーター、そう、タートルネックのことである。


屋台

屋台

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロなイラストで蘇らせるこのコーナー。今回はかつて、多く見かけた庶民の味。屋台についてご紹介。


昭和に散ったファッション系死語の世界 ~ランニング~

昭和に散ったファッション系死語の世界 ~ランニング~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。 今回ご紹介する死語は「ランニング」。走るほうではない。ファッションである。おそらく着ている人と言われれば、あの人を思い出す。そんなファッション系死語である。


ボンネット型消防車

ボンネット型消防車

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロなイラストで蘇らせるこのコーナー。今回は昭和の時代に市民を火事から守っていたボンネット型消防車をご紹介。


科学は駄菓子屋で学ぶもの「科学おもちゃ」の思い出

科学は駄菓子屋で学ぶもの「科学おもちゃ」の思い出

今回は、科学の力を応用したちょっと不思議な科学おもちゃをご紹介。なぜかいつまでも止まらない「地球ゴマ」や、太陽の力で絵が浮き上がる「日光写真」などなど。庶民文化研究所の町田忍所長が収蔵する科学おもちゃから少年時代の思い出を振り返ろう。


最新の投稿


トト/TOTO - I'll Be Over You(LIVE) - 1986年

トト/TOTO - I'll Be Over You(LIVE) - 1986年

ギターのルカサーがボーカルもつとめたヒット曲。 TOTOはジェフ(Ds)、スティーヴ(Key,Vo)、マイク(B)のポーカロ三兄弟やスティーヴ・ルカサー(G,Vo)、デヴィッド・ペイチ(P)らによるアメリカのロック・バンド。1978年にデビューし、ロックにR&Bの要素をうまく融合させたAORサウンドで人気を集め、自作のヒットやマイケル・ジャクソン『スリラー』の裏方をつとめるなど一世を風靡しました。


セリカ | トヨタ - 385台しか作られなかった、憧れの限定車「ブラックセリカ」【旧車】

セリカ | トヨタ - 385台しか作られなかった、憧れの限定車「ブラックセリカ」【旧車】

初代セリカ・リフトバックの2000GTをベースにした、あまりにも有名な限定車「ブラックセリカ」。 国内登録累計38.5万台を記念して、1977年に385台だけ作られたファン垂涎のレアモデルです。


ダイアナ・ロス/Diana Ross - Upside Down - 1980年

ダイアナ・ロス/Diana Ross - Upside Down - 1980年

ダイアナ・ロスはアメリカで最も成功した黒人女性歌手の一人。1961年にザ・スプリームスとしてモータウンからデビューし、リード・ヴォーカルとして計12作の全米No.1ヒットを生み出しました。70年のソロ転向後も「マホガニーのテーマ」やライオネル・リッチーとのデュエット「エンドレス・ラブ」など多くのヒット作を出し、ジャズシンガー、ビリー・ホリデイの伝記映画「Lady Sings the Blues」で主演を務めるなど女優としても活躍しました。


ウルトラマン - 初代はやっぱり偉大なのだ!

ウルトラマン - 初代はやっぱり偉大なのだ!

特撮もの巨大ヒーローといえばいの一番にうかぶのが「ウルトラマンシリーズ」ではないでしょうか?世代を超えて語り継がれる我らがヒーローの誕生!


ジャネット・ジャクソン/Janet Jackson - Miss You Much - 1989年

ジャネット・ジャクソン/Janet Jackson - Miss You Much - 1989年

4週連続全米1位の大ヒット作。 ジャネット・ジャクソンはアメリカのR&Bシンガー、ソングライターでジャクソン一家の末娘。1982年に16歳でデビューしましたが、86年に家族から離れて“自立”し、ジャム&ルイスをプロデューサーに迎えた『コントロール』で大ブレイク。その後も多くの作品でジャム&ルイスとコンビを組み、ダンス・ポップと融合した現代的なR&Bを確立して、1億枚以上を売り上げました。なお、兄マイケルとは仲良しだったのだとか。