ローレル | 日産 - 豊かなカーライフを予感させるハイオーナーカーとして作られた初代【旧車】

ローレル | 日産 - 豊かなカーライフを予感させるハイオーナーカーとして作られた初代【旧車】

1968年、3代目ブルーバード510型より上のグレードで、法人や公用車のニーズも多い2代目セドリック(130型)とは異なり豊かな個人ユーザーをターゲットにした「ハイオーナーカー」として世に出た初代ローレルです。


流れるウィンカーに釘付けにされるバックシャン

ローレル

・モデル名 :ローレルHT 2000GX(初代・C30型)
・メーカー名:日産
・年式   :1970
・撮影場所 :横浜ヒストリックカーデイ2018
・撮影者  :会長

ハイオーナーカーにはファントムトップがよく似合う

ローレル

1968年、3代目ブルーバード510型より上のグレードで、法人や公用車のニーズも多い2代目セドリック(130型)とは異なり豊かな個人ユーザーをターゲットにした「ハイオーナーカー」として世に出た初代ローレル。
いわゆる「マイカー」もファミリーユースを中心としていたが、それとは違いパーソナル感を打ち出して従来とは異なるオーナーカー像を提案し、それが広まるキッカケになったんだ。

デビューから2年後の1970年に追加された2ドアハードトップは、日産初のピラーレスハードトップ車だ。さらにオプションで設定された、ルーフを皮革風の素材で覆った「ファントムトップ」はハイオーナーカーならではの装備で、さらに1段上のハイクラスなカーライフを予感させる。
よくアメリカ車のフルサイズ2ドアクーペなどに見られたドレスアップ手法で、金属ルーフ(ハードトップ)をソフトトップ風に見せるカスタムと言える。

これは特に欧州車の高級ブランドで、セダンよりカブリオレのほうが上級とされていたことをオマージュするものと言われている。
もっといえば、貴族が馬車に乗っていたような時代、後ろのオーナーが座る席の部分だけがソフトトップが掛かるようになっていた(もちろん馭者はフルオープン)ことに倣っているものだ。

アメリカ車といえば、初代ローレルの特徴のひとつがリアのウィンカー一体式コンビネーションランプだ。
赤一色で3つ並ぶランプは、アメ車によくみられるウィンカー使用時にランプまるごと点滅するタイプだ。つまりブレーキランプとウィンカーが共用になっていて、右左折時にブレーキを踏むとウィンカーが優先される。

しかもこれ、3連シーケンシャルランプといわれる、早い話が「流れるウィンカー」になっているんだ。そういえば最近、前後にLEDの流れるウィンカーを装備している新型車がいくつか見られるね。
共用タイプは、現在の法規では新しく作ったりカスタムで装備することはNGのようだ。

給油口がナンバープレートの後ろに隠されているのも特徴のひとつだね。
ボディラインに余計なフタをつけるのなんか、ハイオーナーカーには無粋ということだろうか。

ローレル
ローレル

関連する投稿


セリカ | トヨタ - 385台しか作られなかった、憧れの限定車「ブラックセリカ」【旧車】

セリカ | トヨタ - 385台しか作られなかった、憧れの限定車「ブラックセリカ」【旧車】

初代セリカ・リフトバックの2000GTをベースにした、あまりにも有名な限定車「ブラックセリカ」。 国内登録累計38.5万台を記念して、1977年に385台だけ作られたファン垂涎のレアモデルです。


ローレル | 日産 - 高性能を「ゆとり」として楽しむセダン・初代ローレル【旧車】

ローレル | 日産 - 高性能を「ゆとり」として楽しむセダン・初代ローレル【旧車】

より大衆向けのセダンであるブルーバード、ショーファードリブンが中心のセドリックの間のユーザー、豊かな個人ドライバーを狙って登場したのが初代ローレル・C30型です。


グロリア | 日産 - 「ショッカーの車」としても知られていた3代目【旧車】

グロリア | 日産 - 「ショッカーの車」としても知られていた3代目【旧車】

1959年に旧プリンス自動車の旗艦車種として初代がデビューしたグロリア。日産と合併後は、2代目グロリアが「日産 プリンス・グロリア」として販売され、合併後のモデル「日産グロリア」として改めて登場したのがこの3代目グロリアです。


ブルーバード | 日産 - 北米市場で初めてヒットした日本車 510型ブルーバード【旧車】

ブルーバード | 日産 - 北米市場で初めてヒットした日本車 510型ブルーバード【旧車】

510型ブルーバードは、のちの世代の910型とともに歴代の中でもっとも成功したうちのひとつとして、「ゴーイチマル」の愛称で呼ばれ、デビューから50年以上たった今でもファンが多いです。


サニー | 日産 - 名機と呼ばれたA型エンジンはサニーのために開発された【旧車】

サニー | 日産 - 名機と呼ばれたA型エンジンはサニーのために開発された【旧車】

初代サニーは1966年に発売され、名機と呼ばれたA型エンジンが有名です。


最新の投稿


トト/TOTO - I'll Be Over You(LIVE) - 1986年

トト/TOTO - I'll Be Over You(LIVE) - 1986年

ギターのルカサーがボーカルもつとめたヒット曲。 TOTOはジェフ(Ds)、スティーヴ(Key,Vo)、マイク(B)のポーカロ三兄弟やスティーヴ・ルカサー(G,Vo)、デヴィッド・ペイチ(P)らによるアメリカのロック・バンド。1978年にデビューし、ロックにR&Bの要素をうまく融合させたAORサウンドで人気を集め、自作のヒットやマイケル・ジャクソン『スリラー』の裏方をつとめるなど一世を風靡しました。


セリカ | トヨタ - 385台しか作られなかった、憧れの限定車「ブラックセリカ」【旧車】

セリカ | トヨタ - 385台しか作られなかった、憧れの限定車「ブラックセリカ」【旧車】

初代セリカ・リフトバックの2000GTをベースにした、あまりにも有名な限定車「ブラックセリカ」。 国内登録累計38.5万台を記念して、1977年に385台だけ作られたファン垂涎のレアモデルです。


ダイアナ・ロス/Diana Ross - Upside Down - 1980年

ダイアナ・ロス/Diana Ross - Upside Down - 1980年

ダイアナ・ロスはアメリカで最も成功した黒人女性歌手の一人。1961年にザ・スプリームスとしてモータウンからデビューし、リード・ヴォーカルとして計12作の全米No.1ヒットを生み出しました。70年のソロ転向後も「マホガニーのテーマ」やライオネル・リッチーとのデュエット「エンドレス・ラブ」など多くのヒット作を出し、ジャズシンガー、ビリー・ホリデイの伝記映画「Lady Sings the Blues」で主演を務めるなど女優としても活躍しました。


ウルトラマン - 初代はやっぱり偉大なのだ!

ウルトラマン - 初代はやっぱり偉大なのだ!

特撮もの巨大ヒーローといえばいの一番にうかぶのが「ウルトラマンシリーズ」ではないでしょうか?世代を超えて語り継がれる我らがヒーローの誕生!


ジャネット・ジャクソン/Janet Jackson - Miss You Much - 1989年

ジャネット・ジャクソン/Janet Jackson - Miss You Much - 1989年

4週連続全米1位の大ヒット作。 ジャネット・ジャクソンはアメリカのR&Bシンガー、ソングライターでジャクソン一家の末娘。1982年に16歳でデビューしましたが、86年に家族から離れて“自立”し、ジャム&ルイスをプロデューサーに迎えた『コントロール』で大ブレイク。その後も多くの作品でジャム&ルイスとコンビを組み、ダンス・ポップと融合した現代的なR&Bを確立して、1億枚以上を売り上げました。なお、兄マイケルとは仲良しだったのだとか。