ローレル | 日産 - 豊かなカーライフを予感させるハイオーナーカーとして作られた初代【旧車】

ローレル | 日産 - 豊かなカーライフを予感させるハイオーナーカーとして作られた初代【旧車】

1968年、3代目ブルーバード510型より上のグレードで、法人や公用車のニーズも多い2代目セドリック(130型)とは異なり豊かな個人ユーザーをターゲットにした「ハイオーナーカー」として世に出た初代ローレルです。


流れるウィンカーに釘付けにされるバックシャン

ローレル

・モデル名 :ローレルHT 2000GX(初代・C30型)
・メーカー名:日産
・年式   :1970
・撮影場所 :横浜ヒストリックカーデイ2018
・撮影者  :会長

ハイオーナーカーにはファントムトップがよく似合う

ローレル

1968年、3代目ブルーバード510型より上のグレードで、法人や公用車のニーズも多い2代目セドリック(130型)とは異なり豊かな個人ユーザーをターゲットにした「ハイオーナーカー」として世に出た初代ローレル。
いわゆる「マイカー」もファミリーユースを中心としていたが、それとは違いパーソナル感を打ち出して従来とは異なるオーナーカー像を提案し、それが広まるキッカケになったんだ。

デビューから2年後の1970年に追加された2ドアハードトップは、日産初のピラーレスハードトップ車だ。さらにオプションで設定された、ルーフを皮革風の素材で覆った「ファントムトップ」はハイオーナーカーならではの装備で、さらに1段上のハイクラスなカーライフを予感させる。
よくアメリカ車のフルサイズ2ドアクーペなどに見られたドレスアップ手法で、金属ルーフ(ハードトップ)をソフトトップ風に見せるカスタムと言える。

これは特に欧州車の高級ブランドで、セダンよりカブリオレのほうが上級とされていたことをオマージュするものと言われている。
もっといえば、貴族が馬車に乗っていたような時代、後ろのオーナーが座る席の部分だけがソフトトップが掛かるようになっていた(もちろん馭者はフルオープン)ことに倣っているものだ。

アメリカ車といえば、初代ローレルの特徴のひとつがリアのウィンカー一体式コンビネーションランプだ。
赤一色で3つ並ぶランプは、アメ車によくみられるウィンカー使用時にランプまるごと点滅するタイプだ。つまりブレーキランプとウィンカーが共用になっていて、右左折時にブレーキを踏むとウィンカーが優先される。

しかもこれ、3連シーケンシャルランプといわれる、早い話が「流れるウィンカー」になっているんだ。そういえば最近、前後にLEDの流れるウィンカーを装備している新型車がいくつか見られるね。
共用タイプは、現在の法規では新しく作ったりカスタムで装備することはNGのようだ。

給油口がナンバープレートの後ろに隠されているのも特徴のひとつだね。
ボディラインに余計なフタをつけるのなんか、ハイオーナーカーには無粋ということだろうか。

ローレル
ローレル

関連する投稿


T360 | ホンダ - ホンダ初の4輪車は日本発のDOHCエンジンでもあった【旧車】

T360 | ホンダ - ホンダ初の4輪車は日本発のDOHCエンジンでもあった【旧車】

昭和38年(1963年)、まだオートバイの販売網しかもっていなかったホンダが、本格的に4輪自動車に参入するにあたり最優先して開発し市場に投入したのは、軽トラのT360でした。そんなホンダ初の4輪車・軽トラのT360は、開発に創業者・本田宗一郎がまるまる1台関わっている唯一の車種です。


サニートラック(R-GB122型) | 日産 - レトロチックで様々な楽しみ方があるサニトラ

サニートラック(R-GB122型) | 日産 - レトロチックで様々な楽しみ方があるサニトラ

2代目ダットサン・サニーのB110型をベースにピックアップ化された、サニトラ2代目にあたるB120型。本家のB110サニーが1973年に次のB210型にモデルチェンジしてからも、なんと1994年まで作り続けられました。


トヨペットクラウン 廃車の美学

トヨペットクラウン 廃車の美学

昭和レトロな旧車や建物、懐かしい家電など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯のイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは往年の名車・トヨペットクラウン!蔦が絡まる廃車感がまたなんとも味わい深い作品です。


カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

昭和58年(1983年)、カローラも5代目にモデルチェンジに際してついにFF化されることになりました。ところが、やはりトヨタというのは手堅い会社なのか、カローラシリーズのなかでスポーティなイメージのクーペやノッチバック、3ドアハッチのモデルはFRのままに。それが、レビン/トレノのAE86型というわけです。


ADバン(VB11型) | 日産 - タフで軽くて意外なほどスポーティ【旧車】

ADバン(VB11型) | 日産 - タフで軽くて意外なほどスポーティ【旧車】

ニッポンの誇るビジネスマンズ・エクスプレス、それが小型セダンをベースに荷室を拡大した、4ナンバーのバンです。5代目・B11型系サニーをベースにしたバンモデルはサニーから独立し、ADバンとなりました。B11サニーと同じ、旧来のA型ではなくE13型やE15型のSOHCエンジンを積んでいます。


最新の投稿


T360 | ホンダ - ホンダ初の4輪車は日本発のDOHCエンジンでもあった【旧車】

T360 | ホンダ - ホンダ初の4輪車は日本発のDOHCエンジンでもあった【旧車】

昭和38年(1963年)、まだオートバイの販売網しかもっていなかったホンダが、本格的に4輪自動車に参入するにあたり最優先して開発し市場に投入したのは、軽トラのT360でした。そんなホンダ初の4輪車・軽トラのT360は、開発に創業者・本田宗一郎がまるまる1台関わっている唯一の車種です。


昭和に散った死語の世界 ~バイナラ~

昭和に散った死語の世界 ~バイナラ~

昭和に散った死語にあらためて令和の光をあてる「死語の世界」。今回は一斉を風靡した別れの言葉「バイナラ」をご紹介。欽ちゃんファミリーである斎藤清六発祥の死語について光をあててみよう。


サニートラック(R-GB122型) | 日産 - レトロチックで様々な楽しみ方があるサニトラ

サニートラック(R-GB122型) | 日産 - レトロチックで様々な楽しみ方があるサニトラ

2代目ダットサン・サニーのB110型をベースにピックアップ化された、サニトラ2代目にあたるB120型。本家のB110サニーが1973年に次のB210型にモデルチェンジしてからも、なんと1994年まで作り続けられました。


【クルマニアックイズ】188本目

【クルマニアックイズ】188本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ホーロー看板でも「かげろうお銀」はやっぱり最高!由美かおるが美しすぎるアース渦巻のホーロー看板

ホーロー看板でも「かげろうお銀」はやっぱり最高!由美かおるが美しすぎるアース渦巻のホーロー看板

オロナミンCの大村崑さんに、ボンカレーの松山容子さん。ホーロー看板の中でも屈指の知名度を誇る二人だが、この人も負けてない!今回紹介するのは、アース渦巻のホーロー看板。モデルはあのかげろうお銀で有名な大女優・由美かおる様!