ブルーバード | 日産 - 時代の先を行き過ぎてちょっと戻ってきた二代目【旧車】

ブルーバード | 日産 - 時代の先を行き過ぎてちょっと戻ってきた二代目【旧車】

かなり力の入った先鋭的なデザインで、当時の自動車雑誌等ではそのレベルの高さが絶賛されていました。


欧州車ふうのデザインに和風テイストを加えてアレンジした後期型

ブルーバード

・モデル名 :ダットサンブルーバード エステートワゴン(2代目・410後期型)
・メーカー名:日産
・年式   :1966
・撮影場所 :横浜ヒストリックカーデイ2018
・撮影者  :会長

ピニンファリーナのデザインは最先端過ぎたようで・・・

ブルーバード

1959年に登場した初代ブルーバードは非常に好調な販売を続け、のちに永遠のライバルされるトヨペット・コロナが追っかけデビューしたあとも人気を保ちつづけていた。
だが、さすがにもの凄い勢いで国産車が進化していった60年代初頭にあって、50年代末期のデザインであった初代ブルーバードはいかにも時代遅れな感が強くなってしまっていた。

そこでわずか4年後、1963年に2代目ブルーバード・410型系が発表されることになるのだが、デザインを重視した日産が起用したのは、フェラーリ等のデザインで有名な「ピニンファリーナ」だった。
ピニンファリーナも意気に感じてくれたのか、かなり力の入った先鋭的なデザインで、当時の自動車雑誌等ではそのレベルの高さが絶賛されていた。
当時の国内ではどうやってもできないような流麗なボディラインやディテールの凝り方は、嘆息ものだった。

ところが実際に発売されてしばらくたってみると、特に特徴的だった「尻下がり」のラインが一般顧客には不評だったようで、販売に苦戦してしまった。
尻下がりのラインは、低重心を感じさせるスポーティなものであったのだが。

さらに翌年発表されたライバルの3代目コロナは、疾走感あふれる「アローライン」を採用し、またたくまにブルーバードの販売数を抜き去ってしまった。
このあたりは旧車ファンならば、聞いたことがある人も多いだろう。

そうなるといかに著名なデザイナーの手によるものだろうと、どれほど優れたデザインであろうともマイナーチェンジの手が入るのは致し方のないこと。
度重なる小変更のすえ、1966年にはビッグマイナーチェンジが行われた。
キャラクターラインは持ち上げられ、特にリア回りは大きく改変された。特徴的な「鍵穴テール」も一般的な長楕円形になり、すこしオーソドックスな印象に変わった。
これにともなって、エステートワゴンも同様の改変を受けた。
これにより車格がすこし上がったようにも見え、販売もすこし上向いたようだった。

ヨーロッパ風のデザインを意識したとき、尻下がりのラインが採用されることはその後もなんどかありいくつかの車種が世に出たが、残念なことにどれも意欲的なわりに人気が出なかったようだ。どうも日本では、尻下がりはいまいち受けないようだ。
なんだか尻すぼみで縁起がよくない・・・とかもあるのかな。

ブルーバード

関連する投稿


クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?クラウン6代目後期型「オニクラ」【旧車】

クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?クラウン6代目後期型「オニクラ」【旧車】

純和風セダンの雄、トヨタ・クラウン。 歴代のキャッチコピーにもジャポネスクな香りが漂うものが多く、6代目も前期型は「日本の薫り」を掲げていました。


スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイラインといえばGT、「スカG」と略して呼ばれるのが常です。その中でも、ケンメリは合計67万台も製造されていた、歴代スカイライントップのヒット作でした。


フェアレディZ C-S31 | 日産 - 熟成が進んだ初代Z後期型【旧車】

フェアレディZ C-S31 | 日産 - 熟成が進んだ初代Z後期型【旧車】

高性能でカッコいいけど、頑張れば手に届くスポーツカー。それが「Z」がヒットした、最大の理由といえます。シンプルでタフな伝統の日産L型エンジンは、自分の手を汚して弄る楽しみにあふれており、それを許容する度量の深さも備えていました。


コスモスポーツ | マツダ - 社運をかけて送り出した世界初の量産ロータリー【旧車】

コスモスポーツ | マツダ - 社運をかけて送り出した世界初の量産ロータリー【旧車】

ドイツで生まれ、日本で育ち、そして大人になっていったロータリーエンジン、 その第1歩がこのコスモスポーツです。当時の東洋工業社長の松田氏がそのプロトタイプに乗って登場したシーンは、たいへんな驚きと歓迎をもって繰り返し報道され話題となりました。


スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

いつの時代も、スカイラインはクルマ好き憧れの1台でした。 歴代のモデルに自然発生的なニックネームがつけられ、誰もがそれを知っているようなクルマがほかにありません。


最新の投稿


クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?クラウン6代目後期型「オニクラ」【旧車】

クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?クラウン6代目後期型「オニクラ」【旧車】

純和風セダンの雄、トヨタ・クラウン。 歴代のキャッチコピーにもジャポネスクな香りが漂うものが多く、6代目も前期型は「日本の薫り」を掲げていました。


【クルマニアックイズ】161本目

【クルマニアックイズ】161本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイラインといえばGT、「スカG」と略して呼ばれるのが常です。その中でも、ケンメリは合計67万台も製造されていた、歴代スカイライントップのヒット作でした。


仮面ライダーは永遠のヒーロー!進化する仮面ライダーの愛機たち

仮面ライダーは永遠のヒーロー!進化する仮面ライダーの愛機たち

Dr.近藤のコレクションから昔懐かしい特撮・アニメのヒーローたちを紹介する『特撮・アニメヒーロー図鑑』。今回の特集も仮面ライダー×バイク!今回は昭和末期から平成初頭にかけてのライダーとその愛機を紹介しよう!


昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~お呼びでない?~

昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~お呼びでない?~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は番外編。昭和に散った「ギャグ系死語」。初回は「お呼びでない?」。日本のサラリーマンの権化とも言える植木等を代表するギャグである。