クリッパー | 日産 - いざという時は本当に頼りになる積載車【旧車】

クリッパー | 日産 - いざという時は本当に頼りになる積載車【旧車】

旧プリンス自動車時代にデビューし、合併後も日産の小~中型トラックの主力として活躍してきたクリッパーです。


ある意味、旧車とは切っても切り離せない存在・・・

クリッパー

・モデル名 :クリッパー 積載車仕様(3代目・C340型)
・メーカー名:日産
・年式   :1979
・撮影場所 :横浜ヒストリックカーデイ2018
・撮影者  :会長

ホントはお世話になりたくないんだけど・・・

クリッパー

旧プリンス自動車時代にデビューし、合併後も日産の小~中型トラックの主力として活躍してきたクリッパー。
2代目までは「プリンス・クリッパー」と名乗っていたが、3代目では「クリッパー」となった。
2代目の特徴だった、ライト×2+グリル×2の楕円4つが並んだフェイスの「十字グリル」を踏襲し、グリルに十字のルーバーが残されているところにクリッパーらしさが感じられる。

3代目・C340型が登場したのは1976年。日産・キャブオールと姉妹車となって再出発となったんだ。
キャブオールも1957年デビューの歴史ある小中型トラックだが、日産とプリンスの合併後にクリッパーに合流した形だ。

2代目クリッパーまでは円形基調のデザインでどことなく愛嬌があったのだけど、3代目では四角四面な堅物路線になったようだ。
クリッパー、キャブオールとも日産トラックの中核として、70年代の日本の物流を支える存在だった。さまざまな「はたらくクルマ」がつくられたのでいろいろなタイプを街中で見かけたね。

なかでもクリッパーの積載車は、自動車販売店や整備工場などで長く活躍していたね。
ロードサービスを頼んだときに、クリッパーが来たこともあるんじゃないだろうか。
もっとも、そういう時って動揺しているから、積載車が何かだったなんてあまり覚えていないものだけれども・・・。

クリッパーとキャブオールは、1981年に日産アトラスの登場を以て生産終了となったのだけど、実はその後、2003年に軽自動車として突如復活する。
復活後の初代NT100クリッパー(軽トラ版)/NV100クリッパー(バン)は三菱から、2代目はスズキからのOEM車で、三菱・ミニキャブ、マツダ・スクラム、スズキ・エブリィと兄弟になるんだ。

高度成長期を支えたトラックの名門が、今もこうして形を変えて走り回っていると思うと少し嬉しくなってしまう。
それにしても、旧車イベントに旧車の積載車が展示されているだなんて、なんだかちょっと意味深で面白いね。

クリッパー

関連する投稿


クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?クラウン6代目後期型「オニクラ」【旧車】

クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?クラウン6代目後期型「オニクラ」【旧車】

純和風セダンの雄、トヨタ・クラウン。 歴代のキャッチコピーにもジャポネスクな香りが漂うものが多く、6代目も前期型は「日本の薫り」を掲げていました。


スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイラインといえばGT、「スカG」と略して呼ばれるのが常です。その中でも、ケンメリは合計67万台も製造されていた、歴代スカイライントップのヒット作でした。


フェアレディZ C-S31 | 日産 - 熟成が進んだ初代Z後期型【旧車】

フェアレディZ C-S31 | 日産 - 熟成が進んだ初代Z後期型【旧車】

高性能でカッコいいけど、頑張れば手に届くスポーツカー。それが「Z」がヒットした、最大の理由といえます。シンプルでタフな伝統の日産L型エンジンは、自分の手を汚して弄る楽しみにあふれており、それを許容する度量の深さも備えていました。


コスモスポーツ | マツダ - 社運をかけて送り出した世界初の量産ロータリー【旧車】

コスモスポーツ | マツダ - 社運をかけて送り出した世界初の量産ロータリー【旧車】

ドイツで生まれ、日本で育ち、そして大人になっていったロータリーエンジン、 その第1歩がこのコスモスポーツです。当時の東洋工業社長の松田氏がそのプロトタイプに乗って登場したシーンは、たいへんな驚きと歓迎をもって繰り返し報道され話題となりました。


スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

いつの時代も、スカイラインはクルマ好き憧れの1台でした。 歴代のモデルに自然発生的なニックネームがつけられ、誰もがそれを知っているようなクルマがほかにありません。


最新の投稿


クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?クラウン6代目後期型「オニクラ」【旧車】

クラウン | トヨタ - ちょい悪セダンは鬼の形相!?クラウン6代目後期型「オニクラ」【旧車】

純和風セダンの雄、トヨタ・クラウン。 歴代のキャッチコピーにもジャポネスクな香りが漂うものが多く、6代目も前期型は「日本の薫り」を掲げていました。


【クルマニアックイズ】161本目

【クルマニアックイズ】161本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイライン2000GT | 日産 - 伝統の丸テールはケンメリから【旧車】

スカイラインといえばGT、「スカG」と略して呼ばれるのが常です。その中でも、ケンメリは合計67万台も製造されていた、歴代スカイライントップのヒット作でした。


仮面ライダーは永遠のヒーロー!進化する仮面ライダーの愛機たち

仮面ライダーは永遠のヒーロー!進化する仮面ライダーの愛機たち

Dr.近藤のコレクションから昔懐かしい特撮・アニメのヒーローたちを紹介する『特撮・アニメヒーロー図鑑』。今回の特集も仮面ライダー×バイク!今回は昭和末期から平成初頭にかけてのライダーとその愛機を紹介しよう!


昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~お呼びでない?~

昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~お呼びでない?~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は番外編。昭和に散った「ギャグ系死語」。初回は「お呼びでない?」。日本のサラリーマンの権化とも言える植木等を代表するギャグである。