ファッション系死語の世界 ~ズボン~

ファッション系死語の世界 ~ズボン~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。 今回ご紹介する死語は「ズボン」。間違ってはいない…いないんだけど古い。そんな切ないファッション系死語。


ズボン

死語解説:ズボン[名詞]

衣服の一種で、2本の筒状のものに足をそれぞれ入れて穿く。
パンツ、またはボトムスなどとも呼ばれる。日本語で言えば洋袴がそれにあたる。
また、生地や形によってチノパンツやカーゴパンツなどのような名称もある。
語源は諸説あり、フランス語を語源とする説や、穿く時の擬音から来ているという説もあり、詳細は定かではない。

■時代背景

洋袴とも言われるズボンが日本に普及したのは文明開化の明治のことだと思われる。
だが、ズボンという言葉がいつから広まり、どう普及していったのかは定かではない。
出自ははっきりしないものの、我々が青春、あるいは少年時代を過ごした昭和の時代はズボンという言葉は当たり前のようにそこにあった。
そんなズボンが近年では「パンツ」と呼ばれることが当たり前になりつつあり、ズボンという響きは風前の灯となってしまっている。
パンツという言葉は英語圏でズボンを表す言葉であり、それがいつしか日本でも普及したようだ。やはり、ファッションの本場は英語圏ということか。
ファッション業界では、ズボン→パンツのように、同じものの名称を変更することで、鮮度を保つようなところがあり、ズボン→パンツと同じような現象としてチョッキ→ジレや、ジャンパー→ブルゾンなどの変化も見られる。
定着はしていないようだが、パーカー→フーディーというものあった。
こうした流行を作るための戦略によって、死んでしまう言葉が出てくるのだからなんだか切ないものである。

だが、下着のパンツと混同して紛らわしい、という意見も根強く、ズボンは厳密には死語とは言えないかもしれない。長ズボンはともかく、半ズボンはやっぱり半ズボンだと思う。
断じてハーフパンツではない。のび太くんの服装を見てハーフパンツとは言わないだろう。

関連する投稿


クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

あるときは食べ物を食べる道具として、またあるときは歯に挟まったのを取るのに重宝する楊枝。甘味処や和菓子に用いるときはその名を変える。庶民文化研究の大家 町田忍さんにそのあたりの話を聞いた。今回も庶民文化研究所収蔵のコレクションとともに。


昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和を代表するアイドル系死語。その中でも異彩を放つのりピー語の世界をご紹介しよう。


キングオブ昭和の死語 ~冗談はよしこちゃん~

キングオブ昭和の死語 ~冗談はよしこちゃん~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回はついつい口ずさみたくなる語感のよさと、シンプルなダジャレがたまらないキングオブ死語「冗談はよしこちゃん」をご紹介。


ジープ

ジープ

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。おそらく米軍も使用していたであろう初代ジープの姿をご紹介。


炭酸飲料の王道・ファンタ

炭酸飲料の王道・ファンタ

コカ・コーラにペプシコーラ…炭酸飲料と言えばコーラがあまりにも有名だが、コーラ以外の有名な炭酸飲料もたくさんあるもの。今回はその中でも抜群の知名度を誇るファンタをご紹介。庶民文化研究所秘蔵の空き缶コレクションをご覧あれ!


最新の投稿


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

あるときは食べ物を食べる道具として、またあるときは歯に挟まったのを取るのに重宝する楊枝。甘味処や和菓子に用いるときはその名を変える。庶民文化研究の大家 町田忍さんにそのあたりの話を聞いた。今回も庶民文化研究所収蔵のコレクションとともに。


昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和を代表するアイドル系死語。その中でも異彩を放つのりピー語の世界をご紹介しよう。


1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

トヨタの1600GT、RT55型です。地味な見た目ですが、日産GT-Rと覇を競った実力派レースカー!とはいえ、それが原因で悲劇にも見舞われるわけですが…。越後丘陵公園クラシックカー展2017にて撮影。


【クルマニアックイズ】246本目

【クルマニアックイズ】246本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!