911ターボ(930型) | ポルシェ - 緑のなかを走り抜けていくのは真っ赤なポルシェ【旧車】

911ターボ(930型) | ポルシェ - 緑のなかを走り抜けていくのは真っ赤なポルシェ【旧車】

イタリアの手工業でつくられたようなエキゾチックカーと比べ、あくまで理詰めで「質と性能を突き詰めた」感の強いポルシェは、ドイツの誇るクラフトマンシップの塊のようなクルマでした。


9月11日はポルシェ「911」の日。

ポルシェ911

・モデル名 :911ターボ(930型)
・メーカー名:ポルシェ(西独)
・年式   :1984
・撮影場所 :サクラ・オートヒストリーフォーラム2018
・撮影者  :会長

スーパーカーブームの雄、ポルシェ・ターボ

ポルシェ911

70年代のスーパーカーブームといえば、ランボルギーニ・カウンタックとフェラーリ512BBが2大勢力というか両巨頭というぐらいに頭抜けて大人気だった。
ただどちらもあまりにも雲の上過ぎて、手に入れて日ごろ乗り回すには現実味に欠けるというか、憧れは憧れでとっておきたいもの、という感じではなかったろうか。

当時、2大勢力の人気には少しだけ後塵を拝していたものの、それらに対抗できるスーパースポーツとして渋めの人気を誇っていたのが「ポルシェ・ターボ」だった。
イタリアの手工業でつくられたようなエキゾチックカーと比べ、あくまで理詰めで「質と性能を突き詰めた」感の強いポルシェは、ドイツの誇るクラフトマンシップの塊のようなクルマで、そこがまた玄人好みの人気の源でもあった。

まるで精密機械のように回る空冷フラット6のエンジンにターボで過給してパワーとトルクを紡ぎだす走りは、イタリアのV12が咆哮とともに暴力的なパワーで加速するのとはまったく違う乗り味だという。
よく、イタリアのスーパーカーは「(アクセルを)もっと踏め、もっと踏め!アツくなれ!」と官能的に訴えかけてくるといい、対するポルシェは努めて冷静に「大丈夫だ、俺を信じて踏め。」とクールに呼びかけてくるという。
さすがに乗り比べたことはないからそこまでは分からないけど、なんだか分かるような気がする話だ。
まあ、ちょっとロマンチックというか、感傷的に過ぎてちょっと恥ずかしいけど。

ポルシェは工業製品としての信頼度が高く、ボディも錆びないしエンジンもきちんと手入れしていればいくらでも走り続けられるという。
ちょうどいいサイズ感のボディや、+2とはいえリアシートもあって実用性もあり、意外と普段使いもいけてしまう。それゆえ、「あのころポルシェに憧れた」ファンが実際に今になって購入することも多いようだ。

ひところよりはだいぶ落ち着いたが、ここ数年の空冷ポルシェの異常ともいえる価格高騰は、ほんとに欲しかった人たちが最後のチャンスとばかりに押し寄せたことによるものだろう。
たしかに、大事にガレージにしまっておいて眺めるのもいいけど、昔憧れたスーパーカーに気軽に乗れるならそれも良いものね。

ポルシェ911
ポルシェ911
ポルシェ911

関連する投稿


500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

イタリアの国民車フィアット500をカリカリにチューニングして人気を博していたのが、カルロ・アバルト率いるアバルト社だ。


500 | フィアット - ルパン三世の愛車というイメージが強い

500 | フィアット - ルパン三世の愛車というイメージが強い

イタリアの国民車、フィアット500のタイプFだ。レモンイエローの500というと、やはりルパン三世の愛車というイメージが強いね。「カリオストロの城」で乗っていたのがこれだ。


サニー | 日産 - 後期型の最強モデル、1200GX-5

サニー | 日産 - 後期型の最強モデル、1200GX-5

小型軽量でスポーティなので今でも人気が高い、B110型2代目サニー。これは後期型の最強モデル、1200GX-5。5MTは「直結」と呼ばれるタイプのミッションだ。


グロリア | 日産 - タテグロの愛称で呼ばれる3代目

グロリア | 日産 - タテグロの愛称で呼ばれる3代目

縦目グロリア、タテグロなどの愛称で呼ばれる3代目グロリア。


コロナ | トヨタ - アローラインと呼ばれる傾斜したフロントノーズが特徴的

コロナ | トヨタ - アローラインと呼ばれる傾斜したフロントノーズが特徴的

アローラインと呼ばれる、傾斜したフロントノーズが特徴的な3代目コロナだ。


最新の投稿


500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

イタリアの国民車フィアット500をカリカリにチューニングして人気を博していたのが、カルロ・アバルト率いるアバルト社だ。


昭和 死語の世界 ~ダビング~

昭和 死語の世界 ~ダビング~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は好きな音楽や映画が見たいと、誰もが躍起になった行為、「ダビング」をご紹介しよう。


シボレーインパラ 1959

シボレーインパラ 1959

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は古き良きアメ車の雰囲気を色濃く感じるシボレー・インパラをご紹介。


【クルマニアックイズ】281本目

【クルマニアックイズ】281本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】280本目

【クルマニアックイズ】280本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!