昭和 死語の世界 ~アベック~

昭和 死語の世界 ~アベック~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。 今回ご紹介する死語は「アベック」。よく田舎のばあさんに冷やかされたなぁ……。


アベック

死語解説:アベック[名詞]

アベックはフランス語で、前置詞のavec=「~と一緒の」。
というわけで「男女の二人連れ」でもなければ、「恋人」でもなんでもない。いわば和製フランス語。
ちなみに英語の「カップル」も「一対の存在」という意味だから「恋人同士」のことではない。

■時代背景

「アベック」の起源については、フランス語なのだからフランス生まれで間違いない。
だがしかし、それが日本にどのように伝わり、広まっていったかについては定かではない。一説には大正末期にはすでに日本に入り、モボ・モガの間で「男女の二人組」という意味で使われていたそうな。

昭和の時代に流行ったのはおよそ1960年代のこと。
だが、1960年代というとビートルズが来日したり、ツイッギーが来日したりとどちらかというとイギリス文化がもてはやされた時代。
なぜ「アベック」が流行したのかは謎である。

そして、当時の「アベック」がこぞって挑戦したのが、「ペアルック」である。
そんな「ペアルック」ももはや死語。「ペアルック」は今、「ニコイチコーデ」などへと進化した。
しかも同じデザインの服を着るくらいで、あくまでファッションを邪魔しないおとなしいもの。

当時の「アベック」の「ペアルック」と言ったら、お互いのイニシャルを入れ合ったり、2つでひとつのデザインになる服などであったりと、あからさまに恋人同士、カップル感を表に出してくるスタイルのものが多かった。
今考えればかなり痛々しい…。
それも青春の1ページであったことは否定できないのである。

※本記事は、イラスト・文を再編集して公開しています

関連する投稿


昭和の銭湯建築 東京・月島湯

昭和の銭湯建築 東京・月島湯

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はもんじゃの街として有名な東京は月島にあった銭湯、月島湯をご紹介!


クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

あるときは食べ物を食べる道具として、またあるときは歯に挟まったのを取るのに重宝する楊枝。甘味処や和菓子に用いるときはその名を変える。庶民文化研究の大家 町田忍さんにそのあたりの話を聞いた。今回も庶民文化研究所収蔵のコレクションとともに。


昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和を代表するアイドル系死語。その中でも異彩を放つのりピー語の世界をご紹介しよう。


キングオブ昭和の死語 ~冗談はよしこちゃん~

キングオブ昭和の死語 ~冗談はよしこちゃん~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回はついつい口ずさみたくなる語感のよさと、シンプルなダジャレがたまらないキングオブ死語「冗談はよしこちゃん」をご紹介。


ジープ

ジープ

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。おそらく米軍も使用していたであろう初代ジープの姿をご紹介。


最新の投稿


スカイラインHT2000GT │ 日産 - ケンメリと呼ばれた大人気車

スカイラインHT2000GT │ 日産 - ケンメリと呼ばれた大人気車

日産スカイラインの4代目、スカイラインHT2000GT C110型です。最上位車種のケンメリGT-Rにモディファイされがちな車種ながら、今回の1台はきれいな素のままの姿!在りし日の大人気車の姿が伺えます。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


【クルマニアックイズ】247本目

【クルマニアックイズ】247本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


昭和の銭湯建築 東京・月島湯

昭和の銭湯建築 東京・月島湯

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はもんじゃの街として有名な東京は月島にあった銭湯、月島湯をご紹介!


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

あるときは食べ物を食べる道具として、またあるときは歯に挟まったのを取るのに重宝する楊枝。甘味処や和菓子に用いるときはその名を変える。庶民文化研究の大家 町田忍さんにそのあたりの話を聞いた。今回も庶民文化研究所収蔵のコレクションとともに。