トヨエース | トヨタ - 名前通り今も昔もトヨタ小型トラックのエース【旧車】

トヨエース | トヨタ - 名前通り今も昔もトヨタ小型トラックのエース【旧車】

1954年にトヨペット・ライトトラックSKB型として登場したトヨエース。 実はトヨエースも、パブリカ等と同様に公募で名前が決まった車種なんです。


実はランドクルーザーやクラウンに並ぶもっとも長寿な車種のひとつでもある

トヨエース

・モデル名 :トヨエース(2代目・PK20型)
・メーカー名:トヨタ
・年式   :1966
・撮影場所 :横浜ヒストリックカーデイ2018
・撮影者  :会長

トヨエースの大ヒットで、エースとつく働き者が次々作られた

トヨエース

1954年にトヨペット・ライトトラックSKB型として登場したトヨエース。
実はトヨエースも、パブリカ等と同様に公募で名前が決まった車種なんだ(命名されたのは1956年)。

小型トラックの発売に際して名前公募キャンペーン?と訝しく思う向きもあるかもしれない。
だが当時は一般家庭で乗用車を気軽に購入するような時代ではなく、商店や工場などの小規模事業でオート三輪トラックを購入するほうが身近だったのだ。
そしてそのオート三輪トラックにとって代わる存在としてトヨタが投入した小型トラックなのだから、一気に耳目を集めようと車名公募キャンペーンをこなったのもごく自然な流れだったといえる。

戦後しばらくは街中の小口輸送などの小貨物運送の需要の主流は、オート三輪トラックだったのは言うまでもない。
簡便で比較的安価で取り回しも良かったオート三輪はよく売れていたが、それでもやはりバイクに風防がついた程度のキャビンや操縦安定性、快適性などの面で厳しいものがあったのも事実。
徐々にではあるが、ちゃんと運転台のある4輪トラックが要望されるようになっていった。

そんな中に投入された初代トヨエースは、当初やはりオート三輪よりもどうしても高価になってしまい、価格に厳しいビジネスユーザーたちからはあまり歓迎されなかったようだ。
だがそこは天下のトヨタのこと、お得意のカイゼンで品質を落とさずに価格は抑え、一方で地方の農村部まで回って試乗会を行うような営業活動を続け、いつしか市場はオート三輪と逆転した。

オート三輪はその簡便性ゆえ、転落事故なども少なくなかったという。そうなると、ドアを備えたキャビンをしつらえたり、快適性に難があるのであればと装備を拡充したりしてオート三輪の価格が上がってしまった。
こうなると価格的な優位性がなくなっていまい、トヨエースともそれほど値段が変わらなくなってしまう。
ならばトヨエースのほうが・・・となるのは必然。トヨタはお得意の量産効果も発揮しさらに値下げ・・・と、トヨタの必勝パターンになったわけだ。

2代目トヨエースは初代から低床式のラダーフレーム構造を引き継ぎつつ、エンジン位置を座席下に移動してキャブオーバー型にすることで荷台を稼いだ。
さらにコラムシフトを採用することで3人掛けベンチシートを実現し、利便性をアップ。
広い荷台はバンモデルや架装車などにも向き、初代に続き大ヒットのロングセラーモデルとなったんだ。

あまりにヒットしたことから「乗用車の日産、トラックのトヨタ」とまで言われ、トヨエースはトヨタの基幹車種となる。荷車系の車種に〇〇エースという名前がたくさんつけられたのは、トヨエースのヒットあってのことだろう。

トヨエース
トヨエース

関連する投稿


トヨペットクラウン 廃車の美学

トヨペットクラウン 廃車の美学

昭和レトロな旧車や建物、懐かしい家電など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯のイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは往年の名車・トヨペットクラウン!蔦が絡まる廃車感がまたなんとも味わい深い作品です。


カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

昭和58年(1983年)、カローラも5代目にモデルチェンジに際してついにFF化されることになりました。ところが、やはりトヨタというのは手堅い会社なのか、カローラシリーズのなかでスポーティなイメージのクーペやノッチバック、3ドアハッチのモデルはFRのままに。それが、レビン/トレノのAE86型というわけです。


ADバン(VB11型) | 日産 - タフで軽くて意外なほどスポーティ【旧車】

ADバン(VB11型) | 日産 - タフで軽くて意外なほどスポーティ【旧車】

ニッポンの誇るビジネスマンズ・エクスプレス、それが小型セダンをベースに荷室を拡大した、4ナンバーのバンです。5代目・B11型系サニーをベースにしたバンモデルはサニーから独立し、ADバンとなりました。B11サニーと同じ、旧来のA型ではなくE13型やE15型のSOHCエンジンを積んでいます。


【クルマニアックイズ】184本目

【クルマニアックイズ】184本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


サバンナRX-7(2代目・FC型) | マツダ - 運転していつでも楽しいのがスポーツカー【旧車】

サバンナRX-7(2代目・FC型) | マツダ - 運転していつでも楽しいのがスポーツカー【旧車】

ロータリーエンジンを世界で唯一、量産車用に搭載することを成功させたのはマツダだけです。さらに言えば、ロータリーエンジンを積んだスポーツカーを作ることに成功したのもマツダが世界で唯一の存在で、RX-7は完全にオンリーワンのスポーツカーと言えます。


最新の投稿


ホーロー看板でも「かげろうお銀」はやっぱり最高!由美かおるが美しすぎるアース渦巻のホーロー看板

ホーロー看板でも「かげろうお銀」はやっぱり最高!由美かおるが美しすぎるアース渦巻のホーロー看板

オロナミンCの大村崑さんに、ボンカレーの松山容子さん。ホーロー看板の中でも屈指の知名度を誇る二人だが、この人も負けてない!今回紹介するのは、アース渦巻のホーロー看板。モデルはあのかげろうお銀で有名な大女優・由美かおる様!


【クルマニアックイズ】187本目

【クルマニアックイズ】187本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


トヨペットクラウン 廃車の美学

トヨペットクラウン 廃車の美学

昭和レトロな旧車や建物、懐かしい家電など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯のイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のイラストは往年の名車・トヨペットクラウン!蔦が絡まる廃車感がまたなんとも味わい深い作品です。


カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

カローラレビンGTV(AE86) | トヨタ - 入門しやすく奥が深いスポーツカー【旧車】

昭和58年(1983年)、カローラも5代目にモデルチェンジに際してついにFF化されることになりました。ところが、やはりトヨタというのは手堅い会社なのか、カローラシリーズのなかでスポーティなイメージのクーペやノッチバック、3ドアハッチのモデルはFRのままに。それが、レビン/トレノのAE86型というわけです。


【クルマニアックイズ】186本目

【クルマニアックイズ】186本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!