昭和に散ったバブル系死語の世界 ~ヤンエグ~

昭和に散ったバブル系死語の世界 ~ヤンエグ~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回ご紹介する死語は「ヤンエグ」。バブル期に流行した言葉であり、そのイケイケ感も含めて今となっては死語である。


ヤンエグ

死語解説:ヤンエグ[名詞(略語)]

ヤングエグゼクティブを略した言葉。ヤングエグゼクティブとは直訳すると「若い管理職」。その他、青年実業家や起業家などを意味する場合もある。すなわち将来有望ないい男のことで、バブル期の女性の憧れである。このヤンエグを捕まえる機会が企業のイベントコンパニオンに比較的多かったことから、女性にとってコンパニオンは当時花形職種であった。

■時代背景

この言葉が流行したのは、いわゆるバブル期。
老いも若きも好景気という波に乗り、日本中が浮かれていた時代のことである。
ヤンエグ、つまりヤングエグゼクティブとは「若い管理職」。その他、青年実業家・起業家といった意味もある。広い意味で言えば若い成功者というのが最も近いだろう。
ただ、時はバブルである。一部の本物を除けば、その実情は「接待費でなんでも落とせるイケイケな人」という意味合いのほうが近かったのではないだろうか。
真偽の程はさておき、接待費が月に200万なんていう馬鹿げた話もあったそうだ。

余談だが、ヤンエグとセットで覚えておきたいのがイベコンことイベントコンパニオンである。
ヤンエグあるところイベコンあり、イベコンあるところにヤンエグあり。

関連する投稿


昭和 死語の世界 ~ダビング~

昭和 死語の世界 ~ダビング~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は好きな音楽や映画が見たいと、誰もが躍起になった行為、「ダビング」をご紹介しよう。


昭和 死語の世界 ~社会の窓~

昭和 死語の世界 ~社会の窓~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回はかつて男性の社会的死にもつながるハプニングを表した言葉「社会の窓」をご紹介。社会の窓からコンニチハ~


昭和 死語の世界 ~インド人もびっくり~

昭和 死語の世界 ~インド人もびっくり~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は今なお残るカレー=インド人の固定概念を植え付けた伝説の死語「インド人もびっくり」についてご紹介!


昭和 死語の世界 ~バッチグー~

昭和 死語の世界 ~バッチグー~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は比較的新しい平成の死語。でも、言葉の響きは昭和を引きずっている感じが満々の「バッチグー」についてご紹介!


ダジャレ系死語の世界 まとめ

ダジャレ系死語の世界 まとめ

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は古来、日本人が好んでやまないダジャレ系死語をまとめてご紹介!オシャレなシャレはやめなシャレ~


最新の投稿


500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

500 | アバルト - トレードマークのサソリがアツい走りをイメージさせる

イタリアの国民車フィアット500をカリカリにチューニングして人気を博していたのが、カルロ・アバルト率いるアバルト社だ。


昭和 死語の世界 ~ダビング~

昭和 死語の世界 ~ダビング~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は好きな音楽や映画が見たいと、誰もが躍起になった行為、「ダビング」をご紹介しよう。


シボレーインパラ 1959

シボレーインパラ 1959

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は古き良きアメ車の雰囲気を色濃く感じるシボレー・インパラをご紹介。


【クルマニアックイズ】281本目

【クルマニアックイズ】281本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】280本目

【クルマニアックイズ】280本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!