昭和 死語の世界 ~ナウい~

昭和 死語の世界 ~ナウい~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回ご紹介する死語は「ナウい」。ナウなヤングが作り出したイケてる若者言葉だったものである。


ナウい

死語解説:ナウい[形容詞]

英語の「NOW」に、形容詞を表す「―い」をくっつけた造語。英語の「NOW」の「今」「現在」といった意味から、「現代的である」「流行に則った」といった意味で使われる。転じて、「カッコいい」「おしゃれ」「イケてる」といった意味となる。

時代背景

この言葉が生まれた発端は、1970年代、なんとなんとベトナム戦争の最中だと言われている。反戦運動で掲げられていた「フリーダム・ナウ」というスローガンのフリーダムを取って使われるようになったのではないかという説が濃厚だ。
折しも学生運動が盛んだった当時の日本でも、このスローガンが広く社会に浸透したのだろう。

この「ナウ」という言葉を引っ張って、はじめは「ナウなコーディネート」「ナウな若者」などと使われはじめるようになり、1970年代後半、最終的にはナウな若者たちが形容詞化して「ナウい」という言葉が生まれた。
だが、実は80年代に入ると途端に使われなくなっている。おそらくだけど飽きてしまったのだろう。熱しやすく冷めやすく、流行に敏感な若者が作り出す流行語というものは、とかく寿命が短いものなのだ。

それにしても、英語と日本語を混ぜる造語というのは、言葉が変われド定番のようだ。
昔でいえば「おセンチ」もその一つだろう。
今も「エモーショナル」と「―い」をあわせて「エモい」という言葉がある。
言葉としては死んでいても、昭和の若者が作った言葉遊びの文化というものは、今のナウでヤングな若者にも息づいているのかもしれない。

関連する投稿


昭和 死語の世界 ~三高~

昭和 死語の世界 ~三高~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回はかつての女性の憧れの男性像を短く簡潔にまとめたあの言葉「三高」をご紹介。


昭和 死語の世界 ~モーレツ社員~

昭和 死語の世界 ~モーレツ社員~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和の勢いを思わせる「モーレツ社員」をご紹介。


昭和 死語の世界 ~オー、モーレツ!~

昭和 死語の世界 ~オー、モーレツ!~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回はちょっぴり刺激的で、ちょっぴりセクシーな往年の名CMから生まれた死語「オー、モーレツ!」をご紹介!


昭和 ギャグ系死語の世界 ~びっくりしたなぁ、もう!~

昭和 ギャグ系死語の世界 ~びっくりしたなぁ、もう!~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は伊東四朗らとともにてんぷくトリオとして活躍した三波伸介の当たりギャグ「びっくりしたなぁ、もう!」をご紹介しよう。


昭和 死語の世界 ~コウモリ~

昭和 死語の世界 ~コウモリ~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は夜に羽ばたき、生き血をすする…ではなく、雨の日に広げられる「コウモリ」についてご紹介しよう。


最新の投稿


コンテッサ | 日野 – リアエンジンならではグリルレスなフロント

コンテッサ | 日野 – リアエンジンならではグリルレスなフロント

コンテッサはリアに搭載したエンジンで後輪を駆動するリアエンジン・リアドライブレイアウトを採用していた。


【クルマニアックイズ】402本目

【クルマニアックイズ】402本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】401本目

【クルマニアックイズ】401本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


砲弾型手押しポンプ

砲弾型手押しポンプ

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は水道の発達以降、見かけることが少なくなった井戸の手押しポンプをご紹介。


【クルマニアックイズ】400本目

【クルマニアックイズ】400本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!