昭和 死語の世界 ~ワケワカメ~

昭和 死語の世界 ~ワケワカメ~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。 今回ご紹介する死語は「ワケワカメ」。この言葉が死語っていうことがもうすでにワケワカメだよね。


ワケワカメ

死語解説:ワケワカメ[状態動詞]

「訳がわからない」ということをもじった若者言葉。
「わからない」と「わか」の部分と「ワカメ」を掛けた造語である。要はダジャレ。
なにを言っているのか理解できない、行動が理解できないなどのときに使用する。

地方によっては「ワケワカメ」の続き文句として「~意味とろろ」「~意味こんぶ」などが足される場合もある。
「意味不明」を意味するのだろうが、真相のほどはワケワカメ。

時代背景

この言葉がいつ流行したのか、実はその発端は定かではない。
有力だとされているのは1982年におむすび山から登場した「鮭わかめ」という味説。「鮭わかめ」の語呂だか、リズムがなにかの拍子に変化したのではないかと思われる。だが、その真偽はワケワカメである。
「鮭わかめ」と「ワケワカメ」。うん似てる。
当時のナウなヤングは「鮭わかめ」味で言葉遊びを楽しんだのかもしれない。言葉遊びで新たな意味が生まれることは往々にしてあることだ。

流行すると起こるのが派生語の存在。
ワケワカメも地方によっては続き言葉が発明された。
「~意味こんぶ」や「~意味とろろ」などに加え、中には頭に「さっぱりピーマン~」と付ける地域もあるそうだ。もはや海藻も関係なくなっている………。

実はワケワカメという言葉。
完全に死語と思いきや、2011年に一瞬だけ復活した。
女子中高生ケータイ流行語大賞にもランクインしたのである。
仮死状態だった「ワケワカメ」も現代のナウなヤングの感性で面白がられたのかもしれない。
もちろん今じゃすっかり死語と化した。
ワケワカメ以外にも仮死状態のまま、復活する日を待っている死語がいるのかもしれない。
そう考えると我々がしつこく死語を使い続けることにも意味があるのかもしれない。………ないか?

関連する投稿


昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和を代表するアイドル系死語。その中でも異彩を放つのりピー語の世界をご紹介しよう。


キングオブ昭和の死語 ~冗談はよしこちゃん~

キングオブ昭和の死語 ~冗談はよしこちゃん~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回はついつい口ずさみたくなる語感のよさと、シンプルなダジャレがたまらないキングオブ死語「冗談はよしこちゃん」をご紹介。


キングオブ昭和の死語 ~よっこいしょういち~

キングオブ昭和の死語 ~よっこいしょういち~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は語感も使い勝手のよさも、ベタっぷりも高水準で、キングオブ死語ともいうべき死語「よっこいしょういち」をご紹介。横井庄一さんの思い出とともにどうぞ。


ビジネス系死語の世界 ~ワープロ~

ビジネス系死語の世界 ~ワープロ~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回はパソコンの普及とともに消えていった切ない機械、ワープロについてご紹介。今じゃトホホなツールだが、実はその誕生には意外と深い理由があったようだ。


昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~次、いってみよー!~

昭和に散ったギャグ系死語の世界 ~次、いってみよー!~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和に散った「ギャグ系死語」シリーズ。今回はザ・ドリフターズのリーダー、今は亡き長さんの名フレーズ「次、いってみよー」を振り返る。


最新の投稿


スカイラインHT2000GT │ 日産 - ケンメリと呼ばれた大人気車

スカイラインHT2000GT │ 日産 - ケンメリと呼ばれた大人気車

日産スカイラインの4代目、スカイラインHT2000GT C110型です。最上位車種のケンメリGT-Rにモディファイされがちな車種ながら、今回の1台はきれいな素のままの姿!在りし日の大人気車の姿が伺えます。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


【クルマニアックイズ】247本目

【クルマニアックイズ】247本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


昭和の銭湯建築 東京・月島湯

昭和の銭湯建築 東京・月島湯

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はもんじゃの街として有名な東京は月島にあった銭湯、月島湯をご紹介!


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

あるときは食べ物を食べる道具として、またあるときは歯に挟まったのを取るのに重宝する楊枝。甘味処や和菓子に用いるときはその名を変える。庶民文化研究の大家 町田忍さんにそのあたりの話を聞いた。今回も庶民文化研究所収蔵のコレクションとともに。