トライモービル | ダイハツ - なんとアメリカでも活躍していた軽オート3輪【旧車】

トライモービル | ダイハツ - なんとアメリカでも活躍していた軽オート3輪【旧車】

昭和30年代から40年代の日本のミニマム・トランスポーターとして大活躍していたオート3輪の代表、ダイハツ・ミゼット。 実は左ハンドルモデルがつくられて、返還前の沖縄や東南アジアでも元気に走り回っていました。


ロッキード社の構内で働いていた!?ミゼットの輸出版

トライモービル

・モデル名 :トライモービル(LMP5V型)
・メーカー名:ダイハツ
・年式   :1969
・撮影場所 :クラシックカーフェスティバルinところざわ 2017
・撮影者  :ミノ

黄色いボディカラーは、危険な場所でも目立つための専用色

トライモービル

昭和30年代から40年代の日本のミニマム・トランスポーターとして大活躍していたオート3輪の代表、ダイハツ・ミゼット。
実は左ハンドルモデルがつくられて、返還前の沖縄や東南アジアでも元気に走り回っていたんだ。
東南アジア向けの半数ほどはタイに輸出され、現地でトゥクトゥクとして働いていたのは想像がつくだろう。

実は少数ではあるのだけど、アメリカにも「トライモービル」の名で輸出されていたんだ。
この目を引く黄色いボディは、なんと飛行機メーカー・ロッキード社の構内で働いていたトライモービルの専用色だ。
危険回避のための黄色を全身にまとい、小回りの利くトライモービルはちょこちょことよく働いていたことだろうね。


約12馬力ととても非力だし、アクセルべた踏みしたってほとんど加速しないけど、工場の構内ではそんなことは関係ない。
広ーい飛行機工場の中では、文字通りゲタ替わり(アメリカだからサンダルだろうか?)にチョイ乗りして、ちょっと荷物を運んでくるっとUターンして戻ってくる・・・なんていう使い方をする便利で手軽な乗り物は、絶対に必要だ。
そんなニーズに応えるのに、ミゼットほどぴったりな存在はなかなかないだろうね。
ミゼットの最小回転半径は約2.7メートル、ほとんどフォークリフトみたいな小回りだ。しかもこう見えて350キロもの荷物を積むことができるんだもの。

知る人ぞ知る、といった印象のトライモービルだけど、実はミニカーブランドの「エブロ」から1/43モデルがリリースされたりしている。しかもこの、ロッキード仕様の黄色バージョンだ。
国内で「町のヘリコプター」のキャッチコピーで販売されていたミゼットが、海を渡って飛行機会社でクルクルと働いていただなんて、なんだかちょっと痛快だし夢のある話だね。

トライモービル

関連する投稿


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

トヨタの1600GT、RT55型です。地味な見た目ですが、日産GT-Rと覇を競った実力派レースカー!とはいえ、それが原因で悲劇にも見舞われるわけですが…。越後丘陵公園クラシックカー展2017にて撮影。


スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインはやっぱり最強のスポーツカーでなきゃいけない

スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインはやっぱり最強のスポーツカーでなきゃいけない

久しぶりのDOHCエンジン復活で、スカイライン覇権の夢を再び!


ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

ヒルマンミンクス │ いすゞ - 商用車メーカーを乗用車メーカーに変えた車

いすゞのヒルマンミンクスPH100型です。英国車であるヒルマンミンクスを、いすゞが完全ノックダウン方式で作った車。この1台でいすゞは乗用車の技術を学び、以後名車を作り出していくことになります。クラシックカーフェスティバル in 所沢2017にて撮影。


スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

スプリンタークーペ・トレノ1600GT │ トヨタ - 排ガス規制を乗り越えた二代目トレノのスペシャルエディション!

トヨタ・スプリンタートレノの2代目、中期型に当たるTE61型です。写真の車は限定カラーのブラックトレノ。排ガス規制に揺れ、いったん消え、また復活するという不思議な運命をたどった車です。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


最新の投稿


昭和の銭湯建築 東京・月島湯

昭和の銭湯建築 東京・月島湯

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はもんじゃの街として有名な東京は月島にあった銭湯、月島湯をご紹介!


クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

クラウン 2ドアHT 2000スーパーサルーン │ トヨタ - クラウンロイヤル始まりの1台

トヨタ・クラウンの5代目、S8#/9#/10#型です。4代目の前衛的なクジラクラウンから、ユーザーが求める重厚感をより強調する形に戻した、その後のクラウンの路線を方向づけた1台。サクラオートヒストリーフォーラム2018にて撮影。


クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

クロモジの黒文字!?楊枝の話です。

あるときは食べ物を食べる道具として、またあるときは歯に挟まったのを取るのに重宝する楊枝。甘味処や和菓子に用いるときはその名を変える。庶民文化研究の大家 町田忍さんにそのあたりの話を聞いた。今回も庶民文化研究所収蔵のコレクションとともに。


昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

昭和に散ったアイドル系死語 ~のりピー語大辞典~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回は昭和を代表するアイドル系死語。その中でも異彩を放つのりピー語の世界をご紹介しよう。


1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

1600GT │ トヨタ - 名車2000GTの弟分

トヨタの1600GT、RT55型です。地味な見た目ですが、日産GT-Rと覇を競った実力派レースカー!とはいえ、それが原因で悲劇にも見舞われるわけですが…。越後丘陵公園クラシックカー展2017にて撮影。