ギャランFTO | 三菱 - 理想のプロポーション、黄金比を持つスポーツクーペ【旧車】

ギャランFTO | 三菱 - 理想のプロポーション、黄金比を持つスポーツクーペ【旧車】

GTOの弟分としてデビューした、コンパクトで低く構えたスタイルなのだけど、どことなく幅広くてどっしりとしたイメージを持つ、ギャランクーペFTOです。


理想的なトレッドとホイールベースを持つクーペ

ギャラン クーペ FTO SL5

・モデル名 :ギャラン クーペ FTO SL5
・メーカー名:三菱
・年式   :1974
・撮影場所 :越後丘陵公園クラシックカー展2017
・撮影者  :会長

コルトギャランGTOの弟分として快活な走りを見せた

ギャラン クーペ FTO SL5

コンパクトで低く構えたスタイルなのだけど、どことなく幅広くてどっしりとしたイメージを持つ、ギャランクーペFTO。
GTOの弟分としてデビューしたのだけど、どうも妙に落ち着きのあるスタイルをしている。
それがまた、スポーツカーらしくて実にいい。

それもそのはず、実はFTOはそのトレッドとホイールベースの比率が「黄金比率」。
つまり、快活なハンドリングと運動性能を最大限に発揮できるレイアウトを作るのに大事なのがトレッドとホイールベースの比率なんだけど、それが理想の数値になっているというんだ。
あのころはその「黄金比率」というのをよく自動車メディアや広告で取り上げていたね。

具体的には、トレッドとホイールベースが0.618:1になっているのが理想的とされている。
ではFTOはどうなのかというと、トレッドが1,335ミリ、ホイールベースは2,300ミリ。
割ると約0.58ってことで、結構いいセンを行っている数字がでた。
なるほど、ワイドトレッドにショートホイールベースなこのスタイルは、かっこいいデザインにすることではなくて、ちゃんと運動性能のためのものなのだ。
それはやはり、スポーティな出で立ちに説得力が増すというものだ。

シャシーレイアウトにこだわったFTOだけども、装備やメカに関していえばコルトギャランからそのまま受け継いだ内容。最初はOHV1400のネプチューンエンジン、マイチェン後は1400と1600OHCのサターンエンジンを搭載していたよ。
またこのころの三菱車のお約束で、外装パーツはコルトやギャランの名前がつく兄弟たちから流用されたものが多い。

いうなれば賄いメシ的な成り立ちではあるのだけど、それでも魅力的で運転して楽しい車ができたのだからいいじゃないか。
それに、アリものでいい車を作るなんて、センスがいい証拠だともいえるよね。

ギャラン クーペ FTO SL5
ギャラン クーペ FTO SL5

関連する投稿


シビック | ホンダ - ホンダらしさがギュッとつまった初代【旧車】

シビック | ホンダ - ホンダらしさがギュッとつまった初代【旧車】

そんなホンダにおいて、なかでも「ホンダらしさ」がギュッとここに詰まっているといいたくなるのがこの初代シビックです。 多くのファンに支えられ、もっとも長く同じ名前で販売され続けている車種のうちのひとつです。


全国カーイベント情報

全国カーイベント情報

全国各地で開催される旧車イベントやクラシックカーフェスティバルなど、クルマ関連の各種イベントをご紹介します。


ギャランシグマ スーパーエステート | 三菱 - 三菱自躍進の立役者になった、ギャランの3代目【旧車】

ギャランシグマ スーパーエステート | 三菱 - 三菱自躍進の立役者になった、ギャランの3代目【旧車】

ヨーロッパ車ふうのスタイリッシュなデザインが注目され、実は歴代さまざまなギャランシリーズのなかで一番多い販売台数を誇ります。


グロリア | 日産 - 小さなため息が生まれる・・・大きなグロリア(4代目・230型)【旧車】

グロリア | 日産 - 小さなため息が生まれる・・・大きなグロリア(4代目・230型)【旧車】

「セド・グロ」と称され、兄弟車の代名詞のように言われる日産セドリックとグロリア。 本来、合併前の旧日産系のセドリックと、旧プリンス系のグロリアは全く別の車種でしたが、ターゲットやコンセプトも似通っていることからこの4代目から基本構造を統一し、兄弟車となりました。


フロンテ360DX | スズキ - スズキの軽自動車の礎となった名車【旧車】

フロンテ360DX | スズキ - スズキの軽自動車の礎となった名車【旧車】

2代目フロンテではRRの2スト3気筒が採用され、フロアシフトになったり「コークボトルライン」と呼ばれる抑揚の利いた最新のデザインが導入されるなど、「新しい軽」のイメージをアピールされました。


最新の投稿


ツイステッド・シスターズ/Twisted Sister - Oh Come All Ye Faithful - 2006年

ツイステッド・シスターズ/Twisted Sister - Oh Come All Ye Faithful - 2006年

奇抜なメイクのヘヴィメタ・バンドによる賑やかなクリスマス・ソング。 結成は1972年と古く88年に解散。この曲は再結成後、2006年にリリースされました。


ピョンちゃん(エスエス製薬)

ピョンちゃん(エスエス製薬)

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロなイラストで蘇らせるこのコーナー。今回は薬局の前でよく見かけた懐かしのキャラクター・ピョンちゃんをご紹介。


ポール・マッカートニー/Paul McCartney - My Brave Face - 1989年

ポール・マッカートニー/Paul McCartney - My Brave Face - 1989年

言わずと知れたビートルズのメンバー。ビートルズ解散後はバンド Wingsを率いて、またソロとしても活躍。


キーンと冷たい夏の風物詩・かき氷

キーンと冷たい夏の風物詩・かき氷

今回は、庶民文化研究所収蔵のかき氷の旗やかき氷機など、かき氷グッズをご紹介。あの旗、あのかき氷機。あの懐かしい夏の日。昭和レトロな夏のかき氷アイテムをご堪能あれ!


【クルマニアックイズ】105本目

【クルマニアックイズ】105本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


最近話題のキーワード

ゴールデン横丁で話題のキーワード


エンタメ 懐かしの洋楽 1970年代の洋楽 1980年代の洋楽 1990年代の洋楽