赤い霊柩車

赤い霊柩車

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロな筆致で蘇らせるこのコーナー。今回のテーマはあの『赤い霊柩車』。そういえば宮造りな霊柩車自体見かけなくなったなぁ…


赤い霊柩車はドラマの中だけじゃない

赤い霊柩車

富山県、新潟県、そして北海道は函館市。これらの街では黒い霊柩車ではなく赤い霊柩車が走っていた。
ではなぜ赤い車体なのかというと、そこには霊柩車の歴史が絡んでくる。なんでも昔は人が亡くなると、装飾を施した輿に乗せて人の手で運んでいた。そのときに輿に赤い着色を施していたそうだ。そうした伝統を、運ぶものが車になってからも反映して、赤い霊柩車が出来上がったのだとか。一節には赤は極楽浄土を表す色とも言われている。

そんな赤い霊柩車だが、我々一般人のイメージからすると、2時間ドラマで有名な「赤い霊柩車シリーズ」だろう。そのドラマで不吉を告げるのはこの「赤い霊柩車」の仕事だ。本来は極楽浄土というありがたいものを表すのに、イメージは不吉の象徴というのは、なんとも不思議な話だ。

とはいえ、いまではそもそも宮型霊柩車自体が数を減らしている。宗教選択の多様化やら、あのいかにもな見た目がイヤとかいろいろな理由はあるけれど、最近の主流は洋型と言われるステーションワゴンなどを改造して作られるシンプルな霊柩車だ。
あまり縁起のいいものではないかもしれないが、霊柩車もまた紛れもない昭和レトロなものになっているのであった。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


昭和 死語の世界 ~ナウい~

昭和 死語の世界 ~ナウい~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回ご紹介する死語は「ナウい」。ナウなヤングが作り出したイケてる若者言葉だったものである。


亀の子たわし(かんばん) - 使われ続けて1世紀以上!

亀の子たわし(かんばん) - 使われ続けて1世紀以上!

今でも家庭でよく見かける掃除道具、「たわし」。素材はスポンジやヘチマなど色々ありますが、昔ながらのヤシの繊維を使ったあの茶色い「亀の子たわし」が、ゴル横世代には一番ピンとくることでしょう。


ピョンちゃん(エスエス製薬)

ピョンちゃん(エスエス製薬)

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロなイラストで蘇らせるこのコーナー。今回は薬局の前でよく見かけた懐かしのキャラクター・ピョンちゃんをご紹介。


キーンと冷たい夏の風物詩・かき氷

キーンと冷たい夏の風物詩・かき氷

今回は、庶民文化研究所収蔵のかき氷の旗やかき氷機など、かき氷グッズをご紹介。あの旗、あのかき氷機。あの懐かしい夏の日。昭和レトロな夏のかき氷アイテムをご堪能あれ!


切符 - コレクターズアイテムでもあった

切符 - コレクターズアイテムでもあった

リズミカルにひびく切符切りの音。そうはもう神業と言いたいくらいのスピードでパチパチやってましたっけ。懐かしいですね~。


最新の投稿


ジャングラー(仮面ライダーアマゾン) - 動力源は古代インカ帝国の秘宝「太陽の石」だ!

ジャングラー(仮面ライダーアマゾン) - 動力源は古代インカ帝国の秘宝「太陽の石」だ!

ジャングルで育った戦士、仮面ライダーアマゾンの愛車「ジャングラー」です。仮面ライダーのよきサポート役である、バイクレーサーの立花 藤兵衛(たちばな とうべえ)の手になるマシンです。


サイモン&ガーファンクル/Simon & Garfunkel -Bridge Over Troubled Water-1970年

サイモン&ガーファンクル/Simon & Garfunkel -Bridge Over Troubled Water-1970年

ポール・サイモンとアート・ガーファンクルによるフォーク・デュオ。1964年にデビューし、70年の解散後も断続的に活動しています。文学的な歌詞と美しいハーモニーで普遍的な人気を誇り、若い世代にも数多くのファンがいるレジェンドです。


ハイゼット | ダイハツ - 言われてみれば似てる?「ドラえもんハイゼット」とも呼ばれる4代目【旧車】

ハイゼット | ダイハツ - 言われてみれば似てる?「ドラえもんハイゼット」とも呼ばれる4代目【旧車】

くりっと丸い2灯ヘッドライトにナンバーやウインカーの位置がまるでドラえもんの鼻とヒゲ!? 「ドラえもんハイゼット」と呼ばれることもある、4代目前期型・S38V型のハイゼットです。


【クルマニアックイズ】108本目

【クルマニアックイズ】108本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


セリーヌ・ディオン/Céline Dion - Ave Maria - 1998年

セリーヌ・ディオン/Céline Dion - Ave Maria - 1998年

セリーヌ・ディオンはカナダ出身の歌手。若くして歌の才能を認められ、1981年にレコード・デビュー。圧倒的な歌唱力を持ち、97年公開の映画「タイタニック」の主題歌になった「My Heart Will Go On」の世界的大ヒットなどで不動の地位を築きました。


最近話題のキーワード

ゴールデン横丁で話題のキーワード


エンタメ 懐かしの洋楽 1970年代の洋楽 1980年代の洋楽 1990年代の洋楽