赤い霊柩車

赤い霊柩車

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロな筆致で蘇らせるこのコーナー。今回のテーマはあの『赤い霊柩車』。そういえば宮造りな霊柩車自体見かけなくなったなぁ…


赤い霊柩車はドラマの中だけじゃない

赤い霊柩車

富山県、新潟県、そして北海道は函館市。これらの街では黒い霊柩車ではなく赤い霊柩車が走っていた。
ではなぜ赤い車体なのかというと、そこには霊柩車の歴史が絡んでくる。なんでも昔は人が亡くなると、装飾を施した輿に乗せて人の手で運んでいた。そのときに輿に赤い着色を施していたそうだ。そうした伝統を、運ぶものが車になってからも反映して、赤い霊柩車が出来上がったのだとか。一節には赤は極楽浄土を表す色とも言われている。

そんな赤い霊柩車だが、我々一般人のイメージからすると、2時間ドラマで有名な「赤い霊柩車シリーズ」だろう。そのドラマで不吉を告げるのはこの「赤い霊柩車」の仕事だ。本来は極楽浄土というありがたいものを表すのに、イメージは不吉の象徴というのは、なんとも不思議な話だ。

とはいえ、いまではそもそも宮型霊柩車自体が数を減らしている。宗教選択の多様化やら、あのいかにもな見た目がイヤとかいろいろな理由はあるけれど、最近の主流は洋型と言われるステーションワゴンなどを改造して作られるシンプルな霊柩車だ。
あまり縁起のいいものではないかもしれないが、霊柩車もまた紛れもない昭和レトロなものになっているのであった。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


街頭の灰皿

街頭の灰皿

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回は今ではなかなかお目にかかれない街頭の灰皿をご紹介。


キョロちゃんの歴史

キョロちゃんの歴史

キョロちゃんとは、言わずと知れた森永製菓「チョコボール」のキャラクターだ。キョロちゃんという愛らしいキャラクターのその歴史を庶民文化研究所所長・町田忍さんにまとめてもらった。


女性型アンドロイド(映画「メトロポリス」より)

女性型アンドロイド(映画「メトロポリス」より)

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回はSF映画の金字塔「メトロポリス」に登場する女性型アンドロイドに迫る。


世界最強!?日本のパスポートの進化の歴史

世界最強!?日本のパスポートの進化の歴史

世界最強とも名高い日本が誇るものをご存じだろうか?それは、パスポート、旅券である。今回は世界に誇る日本のパスポートを、庶民文化研究所所長・町田忍さんの歴代パスポートで振り返っていこう。


寺社巡りの思い出づくりが発祥?千社札コレクション

寺社巡りの思い出づくりが発祥?千社札コレクション

神社やお寺の天井や塀などに貼られているシールを見たことはないだろうか?アレの名前は千社札という。もしかしたら粋な人ならば貼ったことがある、という人もいるのでは?今回は江戸時代に起源を持つ、千社札について庶民文化研究所所長・町田忍さんに紹介してもらった。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】535本目

【クルマニアックイズ】535本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】534本目

【クルマニアックイズ】534本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


「国立市最後の銭湯」は若旦那夫婦が守る! 祝・リニューアル2周年『鳩の湯』さん <前編>

「国立市最後の銭湯」は若旦那夫婦が守る! 祝・リニューアル2周年『鳩の湯』さん <前編>

この4/13にめでたくリニューアルオープン2周年を迎えた『鳩の湯』さん。 銭湯もりあげた~い&お湯わいてるぞうとは、いろいろとご縁のある銭湯さんなのです。


【クルマニアックイズ】533本目

【クルマニアックイズ】533本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】532本目

【クルマニアックイズ】532本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!