赤い霊柩車

赤い霊柩車

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロな筆致で蘇らせるこのコーナー。今回のテーマはあの『赤い霊柩車』。そういえば宮造りな霊柩車自体見かけなくなったなぁ…


赤い霊柩車はドラマの中だけじゃない

赤い霊柩車

富山県、新潟県、そして北海道は函館市。これらの街では黒い霊柩車ではなく赤い霊柩車が走っていた。
ではなぜ赤い車体なのかというと、そこには霊柩車の歴史が絡んでくる。なんでも昔は人が亡くなると、装飾を施した輿に乗せて人の手で運んでいた。そのときに輿に赤い着色を施していたそうだ。そうした伝統を、運ぶものが車になってからも反映して、赤い霊柩車が出来上がったのだとか。一節には赤は極楽浄土を表す色とも言われている。

そんな赤い霊柩車だが、我々一般人のイメージからすると、2時間ドラマで有名な「赤い霊柩車シリーズ」だろう。そのドラマで不吉を告げるのはこの「赤い霊柩車」の仕事だ。本来は極楽浄土というありがたいものを表すのに、イメージは不吉の象徴というのは、なんとも不思議な話だ。

とはいえ、いまではそもそも宮型霊柩車自体が数を減らしている。宗教選択の多様化やら、あのいかにもな見た目がイヤとかいろいろな理由はあるけれど、最近の主流は洋型と言われるステーションワゴンなどを改造して作られるシンプルな霊柩車だ。
あまり縁起のいいものではないかもしれないが、霊柩車もまた紛れもない昭和レトロなものになっているのであった。

ゴールデン横丁の仲間たち | 町田 忍(まちだ しのぶ)

https://goldenyokocho.jp/articles/677

ありとあらゆる庶民文化に精通し、膨大なコレクションとエピソードをお持ちの「庶民文化研究所」所長、町田忍さん。 昭和レトロそのもののような町田さんの研究所にお邪魔し、膨大なコレクションから懐かしいアイテムをピックアップ。懐かしいエピソードや知られざる裏話、さらに華麗なる交友録までお届けします。

関連する投稿


消防車

消防車

昭和の生活を庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストで振り返る「昭和レトロ画帖」。今回のコレクションは昭和に活躍したSUV型消防車!日産パトロールがベースの消防車だ。


佐藤製薬のオレンジ色の人気者!企業マスコットのサトちゃん

佐藤製薬のオレンジ色の人気者!企業マスコットのサトちゃん

サトちゃんといえば薬局。薬局といえばサトちゃん。企業マスコットの中でも抜群の知名度を誇る人気者、佐藤製薬のサトちゃん。庶民文化研究所の収蔵品の中には、あんなサトちゃんやこんなサトちゃんの姿があった。町田忍所長の解説でお楽しみください。


乳母車

乳母車

昭和を感じる生活用品や、家電、建物など、庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストコレクション「昭和レトロ画帖」。今回のコレクションは昭和の子育てのマストアイテム「乳母車(うばぐるま)」をご紹介。


巨匠・小松崎茂のボックスアートがたまらない!プラモデル箱絵の世界

巨匠・小松崎茂のボックスアートがたまらない!プラモデル箱絵の世界

ボックスアート、またはパッケージアートなどとも呼ばれるプラモデルの箱絵。第一人者として知られる小松崎茂氏が手掛けた作品をはじめ、庶民文化研究所収蔵の魅力的なプラモデルのボックスアートをご紹介しよう。


世界中で愛されるVWの魅力についてまとめてみた

世界中で愛されるVWの魅力についてまとめてみた

累計生産台数が2000万台を超え、世界中で愛されているType1、いわゆるビートルをはじめ、ヒッピー文化のアイコンにもなっているワーゲンバスことType2など、大人気のVW(フォルクスワーゲン)。その魅力に迫る。


最新の投稿


スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

昭和54年(1979年)に4代目スプリンターが登場。「トヨタ・ツインカム」を排ガス規制に対応させつつ磨き上げた、世界に誇るDOHCのハイメカニズムの結晶ともいうべき2T-GEUエンジンを搭載しています。ハイウェイクルーザーとしてその高い性能を遺憾なく発揮しました。


【クルマニアックイズ】214本目

【クルマニアックイズ】214本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

昭和60年(1985年)、B12型・通称「トラッドサニー」の5ドアワゴン版が登場。サニーの乗用ワゴン「カリフォルニア」としては3代目、サニーとしては6代目にあたります。「フォルクスワーゲン・サンタナ」からの影響が色濃く反映された直線基調のデザインと高い品質が支持されていました。


【死語クイズ】意味がわからないときに言いたくなる死語ってなーんだ?

【死語クイズ】意味がわからないときに言いたくなる死語ってなーんだ?

昭和に散った「死語」を再び照らす「死語の世界」。かつて誰もが口にしたフレーズをどれだけ理解しているか問うクイズを出題。正解してもしなくても、人生にまったく影響しないがぜひこの死語を思い出していただきたい。 今回の死語クイズは、意味がわからないことを表す言葉!


ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

2代目となったミラでは、ライバルのアルト(アルトワークス)に先駆けて、専用エアロパーツで武装し専用チューンを施した高性能バージョン『TR-XX』を発売。ハイパフォーマンス軽という新ジャンルを生み出した。