セドリックスペシャル2800 | 日産 - 国産初の3ナンバーセダン【旧車】

セドリックスペシャル2800 | 日産 - 国産初の3ナンバーセダン【旧車】

セドリックスペシャル2800は、初代セドリックの後期型に追加されたハイエンドモデルで、それまでの上級車種だった「カスタム」の全長とホイールベースをストレッチした国産初の3ナンバー車です。


日産のフラグシップ・プレジデントにつながる3ナンバーセダン

セドリックスペシャル2800

・モデル名 :セドリック スペシャル2800(30型)
・メーカー名:日産
・年式   :1965
・撮影場所 :越後丘陵公園クラシックカー展2017
・撮影者  :会長

シングルナンバーの「富3」が誇らしい、由緒正しいセダン

セドリック スペシャル

国産自動車産業の黎明期、ライセンス生産ではなく純国産の中型セダンとして世に出た初代セドリック。
サイドに回り込む局面的な「ラップラウンドウインドウ」と呼ばれるフロントスクリーンや、根元が後ろに下がり前傾姿勢に見えるAピラー、テールフィン形状のリヤエンドとテールランプなど、当時のアメリカ車セダンを模倣しつつ、和風テイストも取り入れた豪華なセダンだ。

初代セドリックは、前期型は「タテグロ」にも通じる縦目4灯ライト、後期型はスタンダードな横2灯×2とフェイスが大きく異なるが、全体的な印象はやはり「昔の豪華なセダン」というイメージであることは共通している。

当たり前といえば当たり前なのだけど、1960年代に中型~大型のセダンを購入するというのは相当なことで、舶来の輸入車がお手本なのは当然だし、白手袋の運転手がドアを開けてくれるような使い方が一般的なことだった。

このセドリックスペシャル2800は、初代セドリックの後期型に追加されたハイエンドモデルで、それまでの上級車種だった「カスタム」の全長とホイールベースをストレッチした国産初の3ナンバー車だ。
さらにいえば、後に日産のフラグシップとして長く君臨するプレジデントに発展していったモデルでもあるので、この威風堂々とした出で立ちもまた当然のこと。

「富3」のナンバーが、おそらく富山の上流階級の方々を乗せて走っていたであろう、誇らしい過去を感じさせる。
それがまた実によく似合う風格を備えているのが、初代セドリックだともいえる。

セドリック スペシャル
セドリックスペシャル
セドリックスペシャル

関連する投稿


スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

昭和54年(1979年)に4代目スプリンターが登場。「トヨタ・ツインカム」を排ガス規制に対応させつつ磨き上げた、世界に誇るDOHCのハイメカニズムの結晶ともいうべき2T-GEUエンジンを搭載しています。ハイウェイクルーザーとしてその高い性能を遺憾なく発揮しました。


サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

昭和60年(1985年)、B12型・通称「トラッドサニー」の5ドアワゴン版が登場。サニーの乗用ワゴン「カリフォルニア」としては3代目、サニーとしては6代目にあたります。「フォルクスワーゲン・サンタナ」からの影響が色濃く反映された直線基調のデザインと高い品質が支持されていました。


ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

2代目となったミラでは、ライバルのアルト(アルトワークス)に先駆けて、専用エアロパーツで武装し専用チューンを施した高性能バージョン『TR-XX』を発売。ハイパフォーマンス軽という新ジャンルを生み出した。


サニー1000デラックス(初代・B10型) | 日産 - 約800万通から名前を決めた【旧車】

サニー1000デラックス(初代・B10型) | 日産 - 約800万通から名前を決めた【旧車】

各社が700~1000ccクラスの小型ベーシックカーの開発を急ピッチで進めるなか、日産社内でもダットサンやブルーバードに続く小型モデルが求められていた。そこで新たに誕生したのが、そののち長く小排気量クラスを担う主力車種、サニーだった。


カローラレビン1600GT(2代目後期・TE55型) | トヨタ - 規制に翻弄されたレビン【旧車】

カローラレビン1600GT(2代目後期・TE55型) | トヨタ - 規制に翻弄されたレビン【旧車】

2代目レビンは昭和50年排出ガス規制をクリアすることができず、デビューの翌年にわずか256台をもって製造中止となってしまった。そして2年の月日が流れ去り、昭和52年(1977年)1月、レビンがモデルチェンジしたという体で、トレノとともに復活。それが、2代目後期型・TE55型カローラレビンだ。


最新の投稿


スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

スプリンター1600GTリフトバック(4代目・TE71型) | トヨタ - トヨタが誇るハイメカニズム【旧車】

昭和54年(1979年)に4代目スプリンターが登場。「トヨタ・ツインカム」を排ガス規制に対応させつつ磨き上げた、世界に誇るDOHCのハイメカニズムの結晶ともいうべき2T-GEUエンジンを搭載しています。ハイウェイクルーザーとしてその高い性能を遺憾なく発揮しました。


【クルマニアックイズ】214本目

【クルマニアックイズ】214本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

昭和60年(1985年)、B12型・通称「トラッドサニー」の5ドアワゴン版が登場。サニーの乗用ワゴン「カリフォルニア」としては3代目、サニーとしては6代目にあたります。「フォルクスワーゲン・サンタナ」からの影響が色濃く反映された直線基調のデザインと高い品質が支持されていました。


【死語クイズ】意味がわからないときに言いたくなる死語ってなーんだ?

【死語クイズ】意味がわからないときに言いたくなる死語ってなーんだ?

昭和に散った「死語」を再び照らす「死語の世界」。かつて誰もが口にしたフレーズをどれだけ理解しているか問うクイズを出題。正解してもしなくても、人生にまったく影響しないがぜひこの死語を思い出していただきたい。 今回の死語クイズは、意味がわからないことを表す言葉!


ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

2代目となったミラでは、ライバルのアルト(アルトワークス)に先駆けて、専用エアロパーツで武装し専用チューンを施した高性能バージョン『TR-XX』を発売。ハイパフォーマンス軽という新ジャンルを生み出した。