セドリックスペシャル2800 | 日産 - 国産初の3ナンバーセダン【旧車】

セドリックスペシャル2800 | 日産 - 国産初の3ナンバーセダン【旧車】

セドリックスペシャル2800は、初代セドリックの後期型に追加されたハイエンドモデルで、それまでの上級車種だった「カスタム」の全長とホイールベースをストレッチした国産初の3ナンバー車です。


日産のフラグシップ・プレジデントにつながる3ナンバーセダン

セドリックスペシャル2800

・モデル名 :セドリック スペシャル2800(30型)
・メーカー名:日産
・年式   :1965
・撮影場所 :越後丘陵公園クラシックカー展2017
・撮影者  :会長

シングルナンバーの「富3」が誇らしい、由緒正しいセダン

セドリック スペシャル

国産自動車産業の黎明期、ライセンス生産ではなく純国産の中型セダンとして世に出た初代セドリック。
サイドに回り込む局面的な「ラップラウンドウインドウ」と呼ばれるフロントスクリーンや、根元が後ろに下がり前傾姿勢に見えるAピラー、テールフィン形状のリヤエンドとテールランプなど、当時のアメリカ車セダンを模倣しつつ、和風テイストも取り入れた豪華なセダンだ。

初代セドリックは、前期型は「タテグロ」にも通じる縦目4灯ライト、後期型はスタンダードな横2灯×2とフェイスが大きく異なるが、全体的な印象はやはり「昔の豪華なセダン」というイメージであることは共通している。

当たり前といえば当たり前なのだけど、1960年代に中型~大型のセダンを購入するというのは相当なことで、舶来の輸入車がお手本なのは当然だし、白手袋の運転手がドアを開けてくれるような使い方が一般的なことだった。

このセドリックスペシャル2800は、初代セドリックの後期型に追加されたハイエンドモデルで、それまでの上級車種だった「カスタム」の全長とホイールベースをストレッチした国産初の3ナンバー車だ。
さらにいえば、後に日産のフラグシップとして長く君臨するプレジデントに発展していったモデルでもあるので、この威風堂々とした出で立ちもまた当然のこと。

「富3」のナンバーが、おそらく富山の上流階級の方々を乗せて走っていたであろう、誇らしい過去を感じさせる。
それがまた実によく似合う風格を備えているのが、初代セドリックだともいえる。

セドリック スペシャル
セドリックスペシャル
セドリックスペシャル

関連する投稿


Y30セドリック | 日産 - 日本初のV6エンジンを積んだ、VIPセダン【旧車】

Y30セドリック | 日産 - 日本初のV6エンジンを積んだ、VIPセダン【旧車】

日本の景気がどんどん上向いていって、まさにこれからイケイケドンドンになっていくバブル前夜、1983年にデビューしたのが6代目Y30型系セドリックです。 それまで長年にわたって日産車に積まれてきた直6のL型エンジンと決別し、新設計の日本初V6エンジンであるVG型を搭載しました。


サバンナRX-7 | マツダ - 唯一無二、ロータリーエンジンのスポーツカー【旧車】

サバンナRX-7 | マツダ - 唯一無二、ロータリーエンジンのスポーツカー【旧車】

1985年にデビューした2代目FC型のRX-7は、初代のイメージを踏襲しつつもデザインやパッケージングを突き詰め、よりスポーティでかつスタイリッシュになりました。スポーツカーの文法をしっかりと踏まえた、王道をゆくスポーツクーペです。


シティカブリオレ | ホンダ - まるでカスタムカーのような小型オープンカー【旧車】

シティカブリオレ | ホンダ - まるでカスタムカーのような小型オープンカー【旧車】

マッドネスのムカデダンスと「In the CITY」の歌が印象的なCMでデビューした初代シティは、トールボーイスタイルの斬新なデザインや軽量で快活な走り、意外と広い室内などで大人気となりました。


ビートルタイプⅠカブリオレ | VW - 世界でもっとも愛されたオープンカー【旧車】

ビートルタイプⅠカブリオレ | VW - 世界でもっとも愛されたオープンカー【旧車】

世界でもっとも多くの台数が製造された車種のうちのひとつが、フォルクスワーゲン・タイプⅠです。 ビートルの愛称で広くしられる、オールドファンから最新のモードを反映したカスタムマニアまで幅広いファンを持つ趣味車の代表格になります。


全国カーイベント情報

全国カーイベント情報

全国各地で開催される旧車イベントやクラシックカーフェスティバルなど、クルマ関連の各種イベントをご紹介します。


最新の投稿


Y30セドリック | 日産 - 日本初のV6エンジンを積んだ、VIPセダン【旧車】

Y30セドリック | 日産 - 日本初のV6エンジンを積んだ、VIPセダン【旧車】

日本の景気がどんどん上向いていって、まさにこれからイケイケドンドンになっていくバブル前夜、1983年にデビューしたのが6代目Y30型系セドリックです。 それまで長年にわたって日産車に積まれてきた直6のL型エンジンと決別し、新設計の日本初V6エンジンであるVG型を搭載しました。


【クルマニアックイズ】145本目

【クルマニアックイズ】145本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ELO[Electric Light Orchestra]-Can't Get it Out Of My Head -1974年

ELO[Electric Light Orchestra]-Can't Get it Out Of My Head -1974年

初の全米To10入りを果たした出世作。 ELOはジェフ・リン(Vo,G)を中心とするロック・バンド。バイオリンやチェロの演奏者がバンドに在籍し、後にはオーケストラも参加する、ストリングスを駆使したサウンドで人気を獲得。70年代後半からはストリングスをシンセサイザーに切り替えて、さらにポップな作風に変わりました。86年を最後に活動を停止しましたが、2013年頃から復活。17年にロックの殿堂入り。


遊びながら戦略を学べ!軍人将棋の思い出

遊びながら戦略を学べ!軍人将棋の思い出

今回は、ちょっと頭を使う昭和のボードゲーム。「軍人将棋」をピックアップ。大将・中将・ヒコーキなどなど、男の子の大好きな戦いが堪能できる「軍人将棋」。庶民文化研究所町田忍所長が収蔵する「軍人将棋」から当時を振り返ってみよう!


ガイコツ貯金箱 - ガイコツを供養してお金を貯めよう!

ガイコツ貯金箱 - ガイコツを供養してお金を貯めよう!

お金をためるモチベーションアップのため、工夫をこらしたさまざまなギミックがありました。これなんかは最たるもの。ガイコツがコインをかっさらっていくアクションは、ホラーというよりはコミックでしたが。